- Doctor blog -経結膜的眼窩脂肪移動術(20代女性の症例)

目の下のクマのお悩みの方が大変多くいらっしゃいます。
弊院でも目の下のクマ治療は精力的に行っています。

最近は、目の下のクマ治療も色々なオプションがあり、
患者様にとっても選択の幅が非常に広がりました。

その中でも、医学的見地からして最も妥当性が高いと考えられる治療が
経結膜的眼窩脂肪移動術(経結膜的ハムラ法)です。

この手術法の利点は一言、眼窩脂肪を切り離さないので、
術後の脂肪の減りなどの後戻りがない点です。
切り話さないため、血行が保たれるためです。

それではモニター写真を掲出します。

経結膜的眼窩脂肪移動術 術前

術前

経結膜的眼窩脂肪移動術 術後1週間

術後1週間

経結膜的眼窩脂肪移動術 術後1ヶ月

術後1ヶ月

経結膜的眼窩脂肪移動術 術後3ヶ月

術後3ヶ月

術前の状態は目の下のクマがはっきりと現れていますが、
このくらいのクマは町行く人を観察していると、
100人中85人くらいはいますね。
このように比較的若年で凹凸によるクマがある人は
経結膜的眼窩脂肪移動術(経結膜的ハムラ法)の良い適応があります。

私は患者様に説明するときは
念のため腫れは1週間~2週間と伝えていますが、
実際は1週間で80~90%引くので、
それ程腫れが長引くわけではありません。
二重の手術(切開法)の方が余程時間がかかります。

術後3ヶ月の状態も良い状態が保たれていますが、
この術式の場合、基本的に後戻りがありません。
脂肪は原則的に減ることもありません。

ここで原則的にと申し上げたのは、
脂肪なので、
(1)痩せた場合は減少する
(2)加齢により脂肪の萎縮が見られる
ということで、
絶対不変ではありませんが、
少なくとも別の部位から切り離して持ってきた脂肪を
注入する方法に比べると、長期間にわたり信頼性の高い手術であるというのは言えます。

もちろん、他部位から採取した脂肪を注入して持ってくる方法にも利点はありますので、
弊院でも多く行っておりますが、
このあたりはまたの機会に。

また、これまで、
モニターを目の下のみ写真を掲載する部分的モニターとして募集していましたが、
最近は目線を入れずに顔全体を掲載する方式で
モニターを集めているところが多いようなので、
弊院もモニター写真の掲載の仕方を今後変更いたします。
その分モニターの方への施術料金はかなりお得に致しますので、
モニターへの応募をお考えの方は
何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。

診療ブログトップへ

院長ブログ一覧

院長ブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約