- Doctor blog -眼瞼下垂 モニター症例

年齢を重ねると、上まぶたや下まぶたがたるんでくるのは誰もが知っていますが、まぶた自体も開けにくくなってきます。これは腱膜性眼瞼下垂といって、まぶたを開ける筋肉の動きがうまく伝わらなくなってくるからです。なぜうまく伝わらなくなってくるかといいますと、まぶたを開ける筋肉はまぶたの裏側の瞼板(けんばん)という部分にくっついていて、この接合部分でまぶたに動きを伝えているのですが、この接合部分が年齢とともに緩んでくるためです。ですので、手術的にこの緩みを治してあげるとまぶたはパッチリ開くようになります。

 
エースクリニックのブログ    エースクリニックのブログ
手術前                                                       手術後1ヶ月

上の症例ではまだ上まぶたが腫れぼったく感じますが、数ヶ月もすればある程度すっきりしてきます。

診療ブログトップへ

院長ブログ一覧

院長ブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約