- Doctor blog -マイクロシェーバー法(わきが手術) (3)

フォーミュラシェーバーシステムを使ったわきが手術を
弊院ではマイクロシェーバー法と呼んでいます。

マイクロ=傷跡が小さい
シェーバー=アポクリン腺を特殊カッターで削り取る
という意味です。

フォーミュラシェーバーシステム

弊院のわきが手術のうち約70%くらいの方が
この治療法を選択されています。

この手術法は自費治療となりますので、
健康保険が使える反転剪除法と比べると、
治療費用は高額になります。

高額である以上、何らかのメリットがなければ
やる意味がないわけですが、
マイクロシェーバー法には実に多くのメリットがあります。

この手術法のメリットを列挙すると、
(1)傷跡がごく小さい。
(2)反転剪除法と比べても遜色のない治療効果
(3)術後の圧迫期間が短く楽
(4)術後の回復が早い
などです。

上記のうち、特に(1)は女性にとっては大きなメリットです。
また、(3)(4)は長く仕事を休みにくい働いている方にとっても
メリットが大きいと思います。

上記のように非常に利点のある手術方法ですが、
この方法を採用している施設はそれ程多くはありません。

この理由はいくつかあると思いますが、その一つは、
フォーミュラシェービングシステムの機械代が高額であることがあります。

反転剪除法は一般的な外科手術道具(はさみやメスなど)があれば足りるのに対して、
特殊な高額な機械を使用する点がまだそれ程は普及していない
最大の理由だと思います。

とは言え、マイクロシェーバー法は非常に優れた方法なのは間違いありません。

自費治療なので手術費用が高くなってしまう点がデメリットですが、
経済的に余裕がある方はぜひ考慮していただきたい方法です。

診療ブログトップへ

院長ブログ一覧

院長ブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約