- Doctor blog -切らないたるみ治療 (1)

たるみの治療を考えたときに、
もちろんメスを使う外科的治療も選択肢の一つですが、
切らない器械系の治療は、心理的ハードルが高くない故に、
希望される方が大変多くなっています。

弊院でもたるみ治療器は複数種類あるのですが、
現在の治療希望者数の多い順番に列挙すると、
(1)ウルセラ
(2)サーマクールCPT
(3)イントラセル
になります。

どれがより効果がありますか?
という質問をよくいただきますが、
これら3つの機器は
使用しているエネルギー媒体やアプローチ法が異なるため、
ターゲットが全然違うので、
どちらがより優れているというものではないのです。

一言で言い表すなら、
ウルセラ=引き上げ
サーマクール、イントラセル=引き締め
と言われています。

引き上げと引き締めはどう違うの?
と、さらに質問されそうですが、
この違いを理解するためには、
顔のたるみ取り手術の代表であるフェイスリフト手術について
簡単に知っていただきたいと思います。

診療ブログトップへ

院長ブログ一覧

院長ブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約