- Doctor blog -ウルセラ (切らないたるみ治療器)

たるみの改善治療において
最近は圧倒的に切らない治療を希望される方が増えてきました。

ダウンタイムなく気軽に施術を受けることができるというのは
大きな魅力です。

弊院ではいくつかのたるみ治療器がありますが、
最も施術を希望される方が多いのが「ウルセラ」です。

ウルセラは「高密度焦点式超音波」というエネルギーを使用しています。
英語ではHigh Intensity Focused Ultrasound
略してHIFUと言います。

医療の分野では、すでに前立腺癌の治療に使用されているものです。

ざっくり説明すると、
レンズを通して太陽の光を一点に集中させるような器械ですが、
光では皮膚や皮下脂肪層を透過しないため、
超音波を使用しているわけです。

超音波を音響レンズというものを使って一点に集中させて、
焦点と重なる部位にピンポイントで
高い熱を入れていくというものです。

具体的には1mmの点で70度まで加熱されますが、
この点は皮膚表面から4.5mm、3mm、1.5mmの深さに
それぞれ調整でき、
数にして数千個の加熱点を
SMAS筋膜上、皮下脂肪層及び真皮内などに形成していきます。

結果的に皮膚表面からは見えない部位に
1mm大の微小な点で
熱によるダメージが数多く加わります。
このとき、見た目には何も変化がないように見えますが、
熱ダメージが治癒していく過程で収縮反応が起きることを利用して
リフトアップを図るというのが治療原理になります。
ですので、治療後だいたい1ヵ月後より効果が現れてきます。

ダウンタイムもなく、
副作用もまずなく、
小一時間程度の治療で
手軽にリフトアップができるので、
非常に人気がありますよ。

切らないたるみ治療「ウルセラ」について詳しく知りたい方はこちら

診療ブログトップへ

院長ブログ一覧

院長ブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約