診療理念2

全ての方にさらに笑顔を届けたい
エースクリニック・第二ステージへ・・・

レーザー治療から手術まで~患者さまとともに築いてきた総合美容クリニック~

レーザー治療から手術まで
~患者さまとともに築いてきた総合美容クリニック~

クリニックをオープンして以来、大変有難いことですが、当院の患者さまの多くがリピートして通い続けてくださり、初めての方も含め年齢、性別を問わず患者数は年々増え続けております。これも当院の診療が多くの方に支持された結果と考え、素直にとても嬉しく思います。
しかし、思い起こせば、開院当初は大変なことは山ほどありました。それは、クリニックの運営には、美容外科医としての知識や経験だけではなく、経営者という全く別の能力や患者さまのニーズにどうアプローチするかなど様々な面で施行錯誤が必要であったからです。また、今確立しているシステムも全て一から作り上げなければなりませんでした。

どのようなジャンルであれ、お店というのはその店主の考えだけが反映されるわけではありません。客層やニーズによって確立される部分が大きいものです。美容クリニックも全く同じで、これまで患者さまの様々なお悩みやニーズに真剣に向き合って来た結果、レーザー治療から手術までの幅広い治療メニューと良い結果を提供することが当院に求められている美容医療なのだと気付かせてもらえました。
まさに患者さまとともに築き上げてきた結果であり、ずっと当院を支えていただいている患者さまに本当に心から感謝しています。そして私たちエースクリニックは、新たな第二ステージへと踏み出しました。

患者さまの思いを大切に、そこから始まる信頼関係

患者さまの思いを大切に、そこから始まる信頼関係

美容医療が身近になったとは言え、美容医療の扉を初めてたたく方はお悩みを持ってから相談に来られるまで平均10年以上をかけているとのデータがあります。その間ずっとお悩みを抱えて来院されるわけですから、まずカウンセリングではその思いを十分に汲み取ることがとても大切です。その上でいくつかの施術方法をご提案し、患者さまのニーズや目的に合った施術を選んでいただけるようにしています。
数ある器械系治療に対しては、まず自分で必ず体験し効果や技術を熟知してからご提案をしています。リスクの少ない治療といっても施術後の経過などに不安を持っていらっしゃる方も多く、どんな事にもきちんとお答えできるよう、常に患者さまの気持ちに寄り添った対応を心掛けています。
美容医療はハードルが高いと思われている方も多いと思います。しかし、悩みが一つ解決すると美容医療に対しての心の中のハードルが下がり、また違う内容のご相談に来て下さる方も多く、そんな時に患者さまとの信頼関係が築けていることを感じ嬉しく思います。

目的やニーズにあわせて、美容医療を活用する

目的やニーズにあわせて、美容医療を活用する

今や美容医療はエイジングケアを柱にとても身近な存在になっていますが、美容医療といえども魔法ではなく、可能なこと不可能なことや効果の個人差、限界などもあります。納得できる結果を出すための条件には様々なものがありますが、患者さまのニーズに寄り添う治療メニューを提供できることが重要であると私は考えています。

ゆくゆくはしっかりと時間を取って治療をしたいと考えているけれども、今は時間が取れないのでダウンタイムのない治療を行いたい。そのようなケースに遭遇することは日常茶飯事です。当院であれば美容外科治療と各種機器での美容皮膚科的治療の両輪で患者さまのお悩みに対応していますので、どちらの場合でも対処が可能です。

また、治療内容によって機器治療が得意な分野もあれば、手術が得意な分野があります。例えば、シミや美肌治療はダウンタイムの少ないレーザー治療が適していますし、反面、目元の形成・たるみ治療などはやはり手術での効果が大きく、いまだ美容皮膚科的治療だけでは限界があります。このような場合でも当院ではその両方での対応が可能です。

また、ある手術を行った後に生じたことに対して注入治療や機器治療を行うこともあります。例えば、当院において「眼瞼下垂手術」は毎日2件以上行っていますが、現在のところ眼瞼下垂の治療は手術以外の方法を取ることは現実的ではありません。眼瞼下垂手術を行うことにより眠そうに下がったまぶたが上がりパッチリと改善しますが、その反作用で眉毛が下がり、まぶたの皮膚のしわやたるみが目立つようになるケースがあります。この場合、しわに対して注入治療や機器治療でアプローチすることもあります。
このように美容外科・美容皮膚科、手術・注入・機器治療を併せた総合的診療を行っていくことで、新たに患者さまのニーズにあった治療メニューや選択肢を提供でき、納得できる結果に繋がっていくと確信しています。

昨日よりも今日、今日よりも明日、ひたすら技術を磨く

昨日よりも今日、今日よりも明日、ひたすら技術を磨く
~さらに第三ステージへ続く道標~

例えば今日の美容医療の中で一番人気と言っても過言ではないのがヒアルロン酸注入です。ダウンタイムがほとんどない上に即時的な効果が期待できる治療ですが、打つ部位や注入のやり方次第で仕上がりに違いが出やすく、ドクターの技術で雲泥の差が出てしまう実は繊細な施術でもあります。

私は、手技が結果を左右する手術や注入治療は、ひたすら症例を積み重ねることによって職人の域に達するという姿勢が大切だと思っています。それは、美容医療は技術あってのものであり、症例を日々積み重ねることによってのみ技術の「守・破・離」を実践できるからだと考えているからです。

例えば、私の場合、ヒアルロン酸注入では毎日5症例以上をこなしていますが、基本はその方の表情全体のバランスを考えながら、これまでの治療経験に基づくオリジナルの注入法などを用い施術をしています。傍から見ていると毎日同じような施術をしているように思われるかもしれませんが、常に工夫し少しずつの手直しを続け技術や感性に磨きをかけているのです。

また、新しい技術や治療法といえども絶えず古くなっていくもので、自分一人で創意工夫したものには限界もあります。定期的に学会のセミナーなどに参加することで、他の美容ドクターとの交流や新しい治療法・機器などの情報を常に積極的に取り入れています。
柔軟な感性で技術の絶え間ないブラッシュアップと正しい美容医療を続けることは、さらに次のステージへ続く道標となり、必ず患者さまに大きな利益をお返しできるものと考えています。

美容医療には人を幸せにできる力がある

美容医療には人を幸せにできる力がある
~これからもエースクリニックは患者さまとともに…~

形態的な美の観点から見た場合「老いる」ということは美の客観的な基準から離れていくこととされています。しかし、私たちが「あの人はとても美しい年の取り方をしているね」と言葉にする時、その人の雰囲気や醸し出すオーラも含めて感覚的に判断しているのではないでしょうか。年齢を重ねていくほどに、若々しく活動的で自信に満ちている方というのはとても魅力的に映ります。

私がエイジングケアを考えるとき、その方が持っているポテンシャルをどのように引き出すかを第一に考えています。人は少し若くなった、少しきれいになったというだけでも自信がつくことでより魅力的に見えるものです。そのお手伝いをさせていただくのが美容外科は幸福医療と言われています。それは正しく使えば人を幸せにする力を持っているかれです。「全ての方に笑顔を届ける」ことができる総合美容クリニックでありたい。これが当院の美容医療を追求していく原点だと思っています。
これからもエースクリニックは「全ての方に笑顔を届ける」ために、患者さまとともに歩んで行きたいと思っています。