- Body design -豊胸・バスト・乳頭・乳輪

─ バストアップ・美しいバストのために ─豊胸・バスト・乳頭・乳輪

– Doctor message –ドクターメッセージ

doctor

バストのお悩みって実はとても多いんです。
バストの整形と言うと豊胸を思い浮かべる方が多いと思いますが、最近では胸を大きくしたいというご要望だけではなく、「乳頭を形良く小さくしたい」、「色をきれいにしたい」といった、ちょっとしたお悩みの方をむしろ良くお聞きします。授乳を終えて垂れてきてしまったので引き締めてバストアップしたいといったことにも対応できます。
エースクリニックではそういったちょっとしたバストのお悩みにも親身になって対応致します。

豊胸術の施術紹介

コンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪細胞注入)

コンデンスリッチ豊胸(濃縮脂肪細胞注入)

純度の高い脂肪細胞を濃縮させてコンデンスリッチファット(CRF)とし、これをバストに注入するコンデンスリッチ豊胸は注入脂肪の極めて高い定着量で、大変満足度の高い治療です。

詳しくはこちら

バッグ豊胸術(バッグプロテーゼ挿入)

バッグ豊胸術(バッグプロテーゼ挿入)

脇の下から人工の豊胸用バッグプロテーゼ(シリコンジェルバッグ)を挿入する豊胸術です。バッグの大きさには様々なバリエーションがあり、好みの大きさのバッグを選択することができます。

詳しくはこちら

ヒアルロン酸豊胸術(プチ豊胸)

ヒアルロン酸豊胸術(プチ豊胸)

豊胸用のヒアルロン酸製剤をバストに注入する施術で、比較的お手軽に胸を大きくすることができる人気の施術です。ダウンタイムはほとんどありませんが、効果の持続は1~2年といわれています。

詳しくはこちら

乳頭・乳輪の施術紹介

乳首・乳頭縮小

乳首・乳頭縮小

授乳後に乳首が変形したり大きくなってしまった方や、乳首の大きい男性など気にされている方は多くいらっしゃいます。乳首の形、乳頭を小さくしてコンプレックスを解消しましょう。

詳しくはこちら

乳輪縮小

乳輪縮小

先天的や授乳時に乳輪が大きくなってしまった方。バストの大きさと共に乳輪が大きく広がってしまった方など、大きい乳輪を乳首やバストにあわせてバランス良い大きさにしましょう。

詳しくはこちら

どの豊胸術を選んだらいいの?

どの豊胸術を選んだらいいの?

豊胸術は美容外科手術の中で最も需要が多いもののうちの一つですが、上記のように豊胸術の種類は色々あるため、どの方法がご自身にとって最善なのか迷ってしまう方も多いことと思います。 当たり前ではありますが、各方法にはメリット・デメリットがありますので、それらの点をよく理解して豊胸方法を選択していただきたいと思います。

施術方法 ヒアルロン酸注入 シリコンジェルバッグ挿入 従来の脂肪注入 脂肪幹細胞注入 コンデンスリッチ豊胸
施術内容 ヒアルロン酸をバストに注射していく。 ワキの下を切開し、バッグを挿入する。 吸引した脂肪をそのままバストに注入する。 吸引した脂肪から幹細胞を抽出し、注入用脂肪と混合しバストに注入する。 吸引した脂肪をコンデンス(濃縮)技術により濃縮脂肪細胞(CRF)としてバストに注入する。
適応 痩せ型から標準体型まで 痩せ型から肥満体型まで全て 標準体型から肥満体型まで 標準体型から肥満体型まで 痩せ型から肥満体型まで
不向きな人 元々バストが大きい人 特にはなし 取れる脂肪のない人 取れる脂肪のない人 取れる脂肪のない人
感触 脂肪より少し硬い 元々大きい胸の人以外は多少の違和感がある
(バッグが入っているのがわかる)
自然
(しこりを生じることあり)
自然 自然
サイズアップ 0.5~1カップ 2カップ以上も可能 0.5~1カップ 1~2カップ 1~2カップ
定着率 約30% 約80% 約80%
効果の持続 1~2年 半永久的
(破損した場合は取り出す必要あり)
短い 長い 長い
施術時間 30分 約1時間半 2~3時間 最低でも6時間 約2時間半
注入する脂肪の質 死活・老化脂肪を含むコンデンスされていない脂肪 死活・老化脂肪を含むコンデンスされていない脂肪 コンデンスされた健全な脂肪(CRF)のみ
FDA認可 なし バッグの種類によりあり なし なし あり
術後の痛み 軽度の筋肉痛 強い 軽度 軽度から中等度 軽度
合併症 しこり形成 カプセル拘縮 石灰化、脂肪壊死 少ない 少ない
メリット 注射だけなので簡便

短時間で終了。
半永久的な効果

体型を選ばない。
感触が自然。

脂肪吸引による痩身効果がある。
感触が自然。

脂肪吸引による痩身効果がある。
感触が自然。

脂肪吸引による痩身効果がある。
デメリット 持続期間が短い。

感触はやや硬い。
特に痩せ型の人など、バッグが入っていることがわかる人は結構多い。

カプセル拘縮を起こすと硬い不自然な胸になる。

年を取ったときに見た目上、自分の体とミスマッチを起こす可能性が高い。

バッグが破れる可能性がゼロではない。
痩せているとできない。

しこりを形成することがある。
極端に痩せているとできない。

しこりを形成することがある。
極端に痩せているとできない。

当院の豊胸術についての考え方

現在当院で行っている豊胸術には

  • コンデンスリッチ豊胸
  • バッグ豊胸
  • ヒアルロン酸豊胸

の3種類あり、それぞれにメリット・デメリットがあります。 また、PPP(Platelet Poor Plasma:貧血小板血漿)を使用した豊胸もありますが、効果の持続期間が極めて短いため、特殊な場合を除きお勧めしていません。

バッグ豊胸について

バッグ豊胸は上記の方法の中でも最も長い歴史と実績のある治療法ですが、どちらかというと元々胸の大きい人がさらに胸を大きくするという場合に向いている方法です。そのため、バッグ豊胸は欧米や南米では非常に多い手術となっています。元々胸が大きい人の場合は、自分の乳腺・脂肪組織が厚いため、その下のバッグが触れにくく、多くの場合バッグが入っていることがわかりにくいと言えます。しかし、日本人の場合は豊胸の需要の多くは、胸が全然ないかほとんどない、かなり小さいという人が人並みにしたい、少しでもいいから今より大きくしたいというものです。残念ながらどのように完璧にバッグ豊胸術を行っても、元々自分の組織が少ない胸にバッグを入れた場合、バッグが入っているという感触は程度の差はあれほとんどの場合あります。バッグが入っているのがほとんどわからないケースもありますが、それはただ単にラッキーだっただけです。また、バッグ豊胸では大きな異物を体内に入れるということに伴うリスクもあります。人工物であるバッグは昔よりかなり改良されて破れにくくなってはいるものの、破損のリスクはゼロではありません。また、バッグは年をとりませんが、ご自分の体は年をとることで変形していきます。何十年もたてば、ミスマッチを起こし、不自然な胸になる可能性もあります。

ヒアルロン酸豊胸について

ヒアルロン酸注入による豊胸は、簡便であるので一定のニーズが常にある手術です。しかし、豊胸に使用するヒアルロン酸は粒子が大きいため、自分の脂肪組織と比べやや硬いという特徴があります。あまり入れすぎなければそれほど問題にはなりませんが、結果として片方30~60cc程度注射することになり、少し大きくなるくらいの効果しか望めません。

コンデンスリッチ豊胸について

コンデンスリッチ豊胸はこれまでの脂肪注入のデメリットを克服した方法で、自分の脂肪でバストが大きくなるため感触・見た目ともに自然なバストアップが可能です。注入する脂肪が採取不可能でなければ、この方法が最も推奨される方法です。

当院の豊胸術に対するポリシー

以上のことから、当院の豊胸ポリシーとしましては以下の通りとなります。

  • 痩せすぎているなどの理由で脂肪が採れない場合を除き、最も推奨される方法はコンデンスリッチ豊胸です。
  • 元々大きい胸の人がより大きくしたい(巨乳にしたい)という場合にバッグ豊胸はお勧めです。ただしこの場合もコンデンスリッチ豊胸も推奨されます。
  • かなりバストが小さいといった場合、バッグ豊胸では、どのように完璧に手術を行っても触ってもバッグが入っていることが全くわからないケースは稀なため、既婚の女性で配偶者も理解してくれている場合を除き、バッグ豊胸はお勧めしません。
  • なるべく簡便な方法で済ませたい方でバストに少しハリが出たり、大きくなればそれで満足であるという方にはヒアルロン酸豊胸はお勧めです。
  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約