脂肪吸引で痩身なら名古屋【エースクリニック】

MENU

脂肪吸引

脂肪吸引とは?

脂肪吸引を行うこととダイエットして痩せることは根本的に異なります。
脂肪吸引が部分やせなのに対してダイエットは全体的なやせであることだけでなく、減る脂肪にも違いがあります。
ダイエットをされたことがある方ならわかると思いますが、ダイエットをすると比較的痩せやすい部分とほとんど痩せない部分があるはずです。そのような差はいったいどこにあるのでしょうか?

脂肪細胞はその位置(深さ)により2種類の脂肪にわかれます。 深い部分にある脂肪(LFD:local fat deposit)と浅い部分にある脂肪です。浅い部分にある脂肪には血管や神経が豊富にありますが、深い部分にある脂肪にはほとんどそれらがありません。運び出されるルート(血管)がないため、LFDは一度蓄積してしまうと除去されにくい脂肪なのです。ラクダのこぶは脂肪でできていてこれと同じLFDですが、このような脂肪は飢餓状態という危機的状況にならないと減りません。そのためLFDはダイエットをしても非常に減りにくいのです。
脂肪吸引では、特殊なカニューレを用いてこの減りにくいLFDを主に取り除くとともに、より効果を出すために浅い層の脂肪も同時にある程度取り除きます。また、脂肪は脂肪細胞ごと取り除いていますので、再度その場所につくことがない(=リバウンドしない)こともダイエットと異なる点です。

脂肪吸引と体重

脂肪吸引を希望される方からよく受ける質問でこのようなものがあります。

「手術後は体重がどのくらい減りますか?」

残念ながら、脂肪吸引では体重は減るには減りますが、大きくは減りません。筋肉などに比べ脂肪は大変軽いためです。大量の脂肪が取れたとしても体重の減少は1~2キロくらいでしょう。 ただし、体重はそれ程減らなくともボディラインはしっかり整えることができます。脂肪吸引はあくまで「部分やせ」=「ボディーラインを整える」手術であって、体重を減らす手術ではないという点を理解してください。 もし体重も落として気になる部分の脂肪も取りたいとお考えなら、食欲抑制剤を服用するメディカルダイエットと脂肪吸引のコンビネーション治療がおすすめです。

脂肪吸引の適応部位

頬・顎(あご)

二重あご(アゴ)、下ぶくれ顔が気になる方は頬・顎の脂肪吸引ですっきりとしたフェイスラインにすることができます。顔の場合、特に細いカニューレを用いて傷が目立たない耳の後ろから丁寧に吸引していきます。術後にはむくみ程度の腫れが生じますが1週間程度で落ち着いてきます。約2週間間、家にいる間はフェイスバンドという顔を圧迫できるバンドをしていただいています。

二の腕

二の腕は夏場にかけて露出することも多いパーツです。二の腕の太さは全体的な体型の印象を決めてしまうと言われ、二の腕が太いと、それ程太っていなくても太めに見えてしまいます。肘とワキの下の目立ちにくい場所から吸引します。術後約2週間サポーターをしていただいています。

上腹部

上腹部の脂肪は繊維質で硬いという特徴があります。LFD(深層脂肪)はほとんどないため浅層脂肪を丁寧に吸引していきます。おへその中やわき腹を小さく切開して吸引していきます。

下腹部

ぽこっと下腹が出ている方にオススメです。お腹が出ている人の中には、内臓脂肪が出ている人も多くいますが、吸引できるのは皮下脂肪のみです。指でつまんでみて、脂肪がたくさんつまめる方に効果があります。
また、おなかは皮膚のたるみやすい部位でもあります。そのためお腹の吸引では皮膚の状態のチェック、取る脂肪の量、脂肪のついている部位の診察が重要になってきます。陰毛の生え際、おへその中など目立ちにくい部位から吸引していきます。

側腹部(ウエスト)

上腹部同様、ほとんどが浅層脂肪なので細めの吸引管を使って丁寧に吸引します。

腹囲のサイズを決めるのは、お腹よりもむしろ腰が重要となってきます。男性の場合はラブハンドルといって、それほど太ってなくても腰まわりだけぼてっとしている方も多いです。脂肪吸引を行うことでくびれのあるすっきりした腰まわりにすることが可能です。LFD(深層脂肪)が多くしっかり脂肪の取れる部位です。

太もも

太ももは脂肪吸引の効果を最大限に引き出せるパーツです。ダイエットをしてもまず落ちにくいからです。内またのポコっとしたふくらみや外側の張り出しを気にされる方が多いので、部分的に吸引することも可能ですし、全周性に吸引してほっそり足にすることも可能です。

背中

ほとんどが浅層脂肪なので細めの吸引管を使って丁寧に吸引していきます。

お尻(おしり)

スタイル良く見せるにはきゅっと引き締まったお尻が不可欠です。日本人は比較的気にしない人が多いかもしれませんが、欧米では格好のいいヒップは美人の条件です。おしりは本来丸く張り出した部位なので脂肪を取りすぎれば扁平な老けたお尻になってしまいます。そのため、張り出しを適度に残しつつ、丁寧に吸引することが大切になってきます。

ふくらはぎ・足首

ふくらはぎが太いという場合、脂肪ではなく筋肉で太い場合が多いので必ずしも脂肪吸引がベストとは言えませんが、指でつまんだときに皮下脂肪に厚みがあるようなら効果が期待できます。アキレス腱がすっきり見えない方は足首の吸引ですっきりさせることができます。

脂肪吸引の麻酔

脂肪吸引の麻酔法は、tumescent麻酔と言われる特殊な局所麻酔とオプションの麻酔(静脈麻酔など)とにわかれます。

tumescent麻酔(チュメッセント麻酔)

局所麻酔をするときに使用する代表的な薬剤にキシロカイン(一般名リドカイン)がありますが、通常の使用濃度は1%とか0.5%です。脂肪吸引の場合、麻酔をする範囲が広いので、局所麻酔も大量にしなければなりませんが、1%や0.5%の高濃度のキシロカインでは使用量が多くなりすぎてキシロカイン中毒を引き起こす危険性があります。そのため脂肪吸引の際には0.05%程度のごく薄い麻酔を大量に注入します(tumescent麻酔)。これにより血中キシロカイン濃度の上昇を非常に低く抑えることができ、安全に手術を行うことができます。また、大量の麻酔液が脂肪を膨らませることで脂肪が柔らかくなり、吸引が容易になります。

オプション麻酔

上述のtumescent麻酔のみでも小範囲の脂肪吸引なら可能ですが、広範囲の手術となるとオプション麻酔を組み合わせた方が楽に手術を受けていただけます。オプションの麻酔としては、静脈麻酔、全身麻酔、硬膜外麻酔などがあります。
全身麻酔の場合は麻酔深度がかなり深く、呼吸をするための管を気管に挿入するために体には相当な負担がかかります。
硬膜外麻酔の場合も、背骨のところに針を刺すことに多くの人は慣れていませんし、血圧低下、硬膜外出血などの合併症もあります。
静脈麻酔の場合は、点滴の管から痛みをやわらげる薬や眠くなる薬を注入することで、眠った状態で痛みを感じることなく手術を行うことができます。点滴なら多くの方がしたことがありますし、麻酔深度もそれ程深くないため体への負担が軽い点が特徴です。
脂肪吸引手術を行う際のオプション麻酔としては静脈麻酔が最も適しています。静脈麻酔をすることで、術中にほぼ無痛の状態で楽に手術を受けていただくことができます。

オプション麻酔の比較

局所麻酔をするときに使用する代表的な薬剤にキシロカイン(一般名リドカイン)がありますが、通常の使用濃度は1%とか0.5%です。脂肪吸引の場合、麻酔をする範囲が広いので、局所麻酔も大量にしなければなりませんが、1%や0.5%の高濃度のキシロカインでは使用量が多くなりすぎてキシロカイン中毒を引き起こす危険性があります。そのため脂肪吸引の際には0.05%程度のごく薄い麻酔を大量に注入します(tumescent麻酔)。これにより血中キシロカイン濃度の上昇を非常に低く抑えることができ、安全に手術を行うことができます。また、大量の麻酔液が脂肪を膨らませることで脂肪が柔らかくなり、吸引が容易になります。

  静脈麻酔 全身麻酔 硬膜外麻酔
手軽さ 手軽 手軽ではない 手軽ではない
痛み ない ない ない
体への負担 軽い 大きい 軽い
リスク ほとんどない 気管の損傷など 血圧低下
硬膜外出血など

施術の流れサンプル

STEP1
脂肪を吸引する部位をマーキングします。脂肪は均一な厚みでついているわけではなく、多い部分、少ない部分があります。そういった脂肪の多寡がわかるようにマーキングしていきます。
STEP2

脂肪吸引ではTUMESCENT(チュメッセント)麻酔という特殊な局所麻酔を行います。 脂肪吸引では広範囲に麻酔をすることになりますので、安全性を高めるために通常使う局所麻酔に比べて薄い濃度で大量の麻酔液を注入します。大量の液体を注入することで、脂肪細胞と周辺組織が分離(hydrodisection:液体剥離)さ れ脂肪自体も柔らかくなり、脂肪が吸引され易い状態になります。また、静脈麻酔を併用することで、ほとんど痛みを感じることなく手術を受けていただくことができます。静脈麻酔とは点滴の管から、鎮痛剤と鎮静剤を投与することで寝ている状態にする麻酔法です。静脈麻酔は全身麻酔に比べ体への負担が少なく、脂肪吸引の麻酔として大変優れた方法です。

STEP3
皮膚の目立たない箇所に4~5mm程度の切開を加え、そこから脂肪を吸引するカニューレを挿入します。カニューレに陰圧をかけることで脂肪を吸引し ていきます。吸引された脂肪には血液などの混合物はほとんどなく、純粋な脂肪の色(黄味がかった色)をしています。ご希望の患者様にはどのくらいの量の脂肪が取 れたかを実際に見て確認していただくこともできます。
STEP4
皮膚の目立たない箇所に4~5mm程度の切開を加え、そこから脂肪を吸引するカニューレを挿入します。カニューレに陰圧をかけることで脂肪を吸引し ていきます。吸引された脂肪には血液などの混合物はほとんどなく、純粋な脂肪の色(黄味がかった色)をしています。ご希望の患者様にはどのくらいの量の脂肪が取 れたかを実際に見て確認していただくこともできます。
STEP5
脂肪を取り除いた部分は中身がすかすかの状態ですので、包帯で圧迫し吸引の効果が最大となるよう圧迫して周囲組織とくっつくようにします。

美しい仕上がりのために

当院では脂肪吸引術後の仕上がりをより良くするために、以下の処置を行っています。

スキンプロテクター

脂肪を吸引する際には、皮膚に4~5mm程度の穴 を開け、そこから吸引カニューレを通してカニューレを往復させま す。そのときに皮膚は摩擦により挫滅するため傷跡 がしばらくの間赤く残ることになります。スキンプロ テクターを使用することで、この赤みを最小限に抑 え術後の回復を速やかにします。 当院では試行錯誤により完成した院長設計のスキ ンプロテクターを使用しております。

極細カニューレ

脂肪吸引は別名「脂肪彫刻」とも呼ばれます。彫刻をするときの彫刻刀が、吸引をするとき のカニューレにあたります。より細いカニューレを使用することで、表面が滑らかできれいな 状態になります。ただし、細いカニューレを使用した場合はその分吸引できるスピードが遅く なるので手術時間が長くなります。
通常の吸引ですと、直径3~4ミリ程度のカニューレを使用して吸引していきますが、直径2 ~2.5ミリの極細カニューレを使用した場合はより表層に近い部分の脂肪も吸引できるため、 仕上がりが良くなります。

術後の経過

皮下出血
手術部位の皮膚が一時的に青~青紫色になる状態を皮下出血や内出血と言います。皮下出血の量は通常、除去する脂肪の量に比例します。脂肪を取る量が多ければある程度の皮下出血は避けられないものとお考えください。日がたつにつれて改善し、通常2週間程度で消失していきます。ベイザーリポによる脂肪吸引では皮下出血は最小限に抑えられます。
痛み
脂肪吸引の術後すぐは局所麻酔が効いていますので痛みはあまりありません。翌日は筋肉痛のような鈍い痛みがあります。痛みの程度もまた脂肪を除去した量に比例します。大量の脂肪を吸引した場合はやはりある程度の痛みはありますが、鎮痛剤を処方させていただきますので、ご心配される程ではございません。痛みは数日で改善し、術後1週間程で軽快します。
腫れ・むくみ
脂肪吸引の術後は大きく腫れることはまずありません。大量の脂肪を吸引した場合は術後すぐから細くなったのを実感できますが、腫れやむくみによりしばらくはサイズダウンが実感できないこともあります。腫れはおおむね1~2週間程度で引きますが、その後も若干のむくみがしばらくの期間続きます。術後に高周波温熱トリートメント行うと腫れやむくみからの回復が促進されます。
拘縮
脂肪吸引の手術では表から見える傷は極めて小さいのですが、皮下では瘢痕(傷)が形成されています。この瘢痕は術後1ヶ月で一旦硬くなる性質を持っています。そのため、その頃に皮膚を触ると硬く感じたり、凹凸感を感じたりすることがあります。これを瘢痕拘縮と言います。瘢痕は術後3ヶ月~6ヶ月で徐々に柔らかくなって触った感じも滑らかになってきます。こちらも術後に高周波温熱トリートメントを行うと回復が速やかになります。
知覚鈍麻
脂肪吸引手術では鈍的(鋭利なメスやハサミなどを使わない)に脂肪を吸引するので、神経を損傷しにくいですが、皮膚表面に行く末梢部分の神経は多少は損傷を受け、知覚が鈍くなることがあります。神経は末梢部分が損傷されても、そこから伸びてまた皮膚にくっつきますので数ヶ月の経過で知覚は元に戻ります。ベイザーリポではこのような症状も最小限に抑えられます。

アフターケア

高周波による温熱トリートメント

高周波温熱治療器ペレヴェを照射することで、血液とリンパの流れがスムーズになり、腫れ・むくみや皮下出血からの回復を促進します。施術中は心地よい温かさを感じ、痛み等はありません。

専用サポーター・補正下着による圧迫

脂肪吸引の手術後の状態は、脂肪が蜂の巣状にスカスカになり皮下組織は隙間だらけの状態になります。また、術後しばらくは腫れやむくみはどうしてもつきものです。 そのため、これらの症状を改善し、脂肪吸引の効果を最大限引き出すためには、術後の圧迫が重要になってきます。手術当日は包帯等により圧迫し、翌日より専用の医療用サポーターを着用していただきます。

脂肪吸引のクリニック選び

脂肪吸引は別名「脂肪彫刻」とも言われるように、術者のテクニックによる差が出やすい手術です。また、脂肪はあるだけ根こそぎ取るのが必ずしも良いわけではなく、自然なボディラインをデザインしていく必要があります。
当院の脂肪吸引は自然なボディーラインを目指しつつ、なるべく多くの脂肪を除去することを目指しています。
脂肪吸引の手術は本来、手間・労力・技術・センスの必要な施術です。単純な施術料金などで決めずに医師の実績や技術本位でクリニックを選択しましょう。

PAGETOP

症例紹介

  • 全体的にとてもほっそりしました。 内ももに隙間ができ、太ももの外側のでっぱりが取れました。
    ジーンズもワンサイズ以上細いものがはけそうですね。
    かなりしっかりした太ももだったのですが、本当にすっきりしました。

その他の症例写真はこちら

料金表

※料金は全て税込表示です。

脂肪吸引

部位 スタンダード脂肪吸引 ベイザー脂肪吸引
172,800円 216,000円
顎下 172,800円 216,000円
頬+顎下 259,200円 324,000円
二の腕 216,000円 270,000円
二の腕付け根(肩甲骨の部分) 172,800円 216,000円
二の腕+二の腕付け根 302,400円 378,000円
胸(女性化乳房など) 345,600円 432,000円
背中(上半分) 259,200円 324,000円
背中(下半分) 259,200円 324,000円
上腹部 216,000円 270,000円
下腹部 216,000円 270,000円
側腹部 216,000円 270,000円
腰部 259,200円 324,000円
お尻 216,000円 270,000円
太もも内側 216,000円 270,000円
太もも外側 216,000円 270,000円
太もも前面 216,000円 270,000円
太もも後面 216,000円 270,000円
膝内 172,800円 216,000円
ふくらはぎ 259,200円 324,000円
足首 172,800円 216,000円
ふくらはぎ+足首 345,600円 432,000円

※肥満の強い方の料金は上記と異なることがございます。

ベイザー4D

対象 内容 料金
女性 お腹周り~ウエスト~腰にかけて脂肪を除去し、
女性らしい美しいくびれをつくり、腹筋の陰影(2パック)をつくる。
1,188,000円
男性 お腹周り~ウエスト~腰にかけて脂肪を除去し、腹筋の陰影(6パック)をつくる。 1,188,000円
男性 胸まわりの余分な脂肪を除去し、大胸筋の陰影をつくる。 540,000円
男性 肩~上腕の筋肉の陰影をつくる。 540,000円

※肥満の強い方の料金は上記と異なることがございます。

診察・検査・諸費用

項目 料金
初診料 3,240円
術前血液検査料 10,800円
諸費用(麻酔、お薬、吸引部圧迫下着、その他消耗品) 108,000円

※当日もしくは後日に施術をお受けになられる場合は、施術料から初診料分を控除いたします。
※麻酔は静脈麻酔(点滴で眠る麻酔)+局所麻酔(チュメッセント麻酔)を行います。

その他の料金表はこちら

PAGETOP

診療内容

エースクリニックの専門サイト

エースクリニックの特集メニュー

当院へのご意見・ご感想はこちら
サービス品質向上の為、ご意見・ご感想をお送りください。