目元をふっくらさせる方法について

MENU

くぼみ目

くぼみ目を解消することで若々しい目もとに!!

年齢とともに目の周りの脂肪や筋肉の量が減り、また本来あるべきところの脂肪が下垂した結果できる「くぼみ目」。
くぼみが強いといつも疲れているように他人に映り、老け込んで見られがちです。
くぼみ目を解消することで、ハリが出て若々しい印象の目元をつくることができます。

上まぶたのくぼみ

上まぶたがくぼんでいると疲れて見えたり、老けて見られたりします。また、くぼみが強いと目を開けにくくなるので疲れやすくなって日常生活に支障を来たすこともあります。例えば、頭痛や肩凝りの原因になることがありますし、額や眉間の深いしわの原因になることもあります。

上まぶたのくぼみは、単に上まぶたの脂肪が減ってくぼんでいるだけの場合と、眼瞼下垂に伴ってくぼんでいる場合があります。
前者の場合は、ヒアルロン酸やPRPの注入で若々しい上まぶたを取り戻すことが可能です。どちらの方法も非常に細い針で注入していきますので通常痛みはわずかで腫れもほとんどありません。

一方、後者の眼瞼下垂の場合、まぶたの脂肪がまぶたの奥に引き込まれてしまうために、くぼみ目になります。さらに、額の筋肉を使ってまぶたを開けようとして眉毛を挙上するため、よりまぶたはくぼみ易くなってしまいます(一度鏡を見ながらご自身でやってみてください)。この場合は眼瞼下垂の治療を行わなければいけません。
この状態でヒアルロン酸やPRP注入でまぶたをふくらますとまぶたがより重くなり、さらに目を開けにくくなってしまうため要注意です。

上まぶたのくぼみ

下まぶたのくぼみ

下まぶたは加齢による影響が最も出やすいパーツです。

中でも、下まぶたがくぼんだ状態は一般に「クマ」と呼ばれます。目の下のクマは最も早く現れる加齢現象の一つで、20代後半くらいから多くの人に現れてきます。

この部位にヒアルロン酸やPRP(多血小板血漿)などを注入し、膨らませることでクマを目立たなくすることができます。

以前はよく行われていた脂肪注入という方法もありますが、脂肪は粒子が大きいため、皮膚の薄い目の周りの注入には最近はあまり使用しなくなってきています。粒子が細かく繊細に注入できるヒアルロン酸やPRPが目の周りの注入には適しています。効果はヒアルロン酸で半年~1年、PRPで約3年持続します。また、手術による半永久的な治療もあります。詳しくはこちらを参照してください。

下まぶたのくぼみ

症例紹介

  • くぼみ目の治療としてはヒアルロン酸注射などもよく行われますが、より効果が長持ちするということでPRP(血小板)を使用した治療もよく行います。自然にふくらみ、効果の持続も長いので満足度の高い治療です。

その他の症例写真はこちら

料金表

※料金は全て税込表示です。

切らない治療

プレミアムPRP療法

施術料金
セルリバイブジータ(1cc) 129,600円

ヒアルロン酸注射

施術料金
ヒアルロン酸注射(1本) 54,000円

※ヒアルロン酸1本の量は使用するヒアルロン酸により異なり、0.8ccもしくは1ccです。

マイクロCRF

施術料金
マイクロCRF 瞼頬溝(ゴルゴ線) 432,000円

手術による治療

施術 料金
眼瞼下垂手術(眼瞼挙筋前転術)
両方
約45,000円※
眼瞼下垂手術(眼瞼挙筋前転術)
片方

約28,000円※

※健康保険3割自己負担の場合
※眼瞼下垂の場合、初診料は842円(3割自己負担の場合)となります。

その他の料金表はこちら

PAGETOP

診療内容

エースクリニックの専門サイト

エースクリニックの特集メニュー

当院へのご意見・ご感想はこちら
サービス品質向上の為、ご意見・ご感想をお送りください。