目の下のクマ、たるみなら名古屋【エースクリニック】

MENU

目の下のクマ、たるみ

目の下のクマ・たるみ

下まぶたのたるみ・クマ・眼袋をとることで驚くほど若返ることができます。

下まぶた・目の下は顔の中でも最も早く加齢による影響が出てくる部位です。そのためこの部位のたるみ・クマは多くの方にとって悩みの種となります。下まぶたにクマがあると、実年齢以上に老けて見られたり、いつも疲れているように見られたりします。

目の下のクマは早い方で10代から、多くは20代後半から出始めます。
下まぶたに生じてくる変化には次のようなものが挙げられます。

これらの症状は同時進行的に生じてくることが多いのですが、厳密に言えば直接的な原因は異なります。

老化による下まぶたの変化

老化により眼球を支えている靭帯・組織は緩みます。そのため眼球は下方に偏移します。眼球の下には眼窩脂肪と呼ばれる眼球を保護する脂肪がありますが、さらにその下は硬い骨があるため、眼球が重力によって下方に偏移すると眼窩脂肪は前方に押し出されます。若いときは皮膚や眼輪筋、眼窩隔膜といった組織に緊張があり、この眼窩脂肪が前方に張り出てこないように押さえこんでいるのですが、年齢とともにその力も弱まり前方に膨らんだ状態となります(いわゆる目袋)。

また、下まぶたの下方にある頬の部分の組織は加齢により下垂し、ちょうど目袋の下の部分がへこんだ状態となり、下まぶたのふくらみをより強調することになります(いわゆるクマ)。

そのほか、他の部位と同様に皮膚の弾力性が低下し、シワやたるみ(皮膚のあまり)が生じます。特に下まぶたの皮膚は薄いため、ちりめんじわと呼ばれる目の細かいしわができやすくなります。

目の下のクマ・下まぶたのたるみ治療のポイント

1. 眼窩脂肪の前方への突出(眼袋)
2. 眼袋の下部分のへこみ(クマ)
3. 余剰皮膚(たるみ)
4. シワ、ちりめんじわ

上記症状を改善することで若々しい目元を取り戻すことができます。
外科的手術による治療は劇的な効果をもたらしますが、最近では切らない治療メニューも充実してきています。当院では外科的手術も数多くの症例数を扱っておりますが、切らない治療も常に最先端のものを提供できるように努めています。

外科的手術には以下のような特徴があります。

劇的な若返り効果
下まぶたは比較的早期に老化による変化が現れる反面、外科的治療によりたるみやクマなどを改善することにより10歳以上の若返り効果が得られます。そのため治療による満足度は非常に高いです。
傷跡が目立たない
下まぶたの皮膚は切ったとしても非常にきれいに治るので、ほとんどわからない状態になります。また、下まぶたの裏側、結膜側よりアプローチすれば表には全く傷はできません。
半永久的な治療効果
脂肪を移動する、切除するといった手術は後戻りがないため、それによる効果はほぼ一生涯続きます。(皮膚のたるみ、しわなどはさらに年をとればまた出てきます。)

切らない治療には以下のような特徴があります。

短いダウンタイム
超音波や高周波、レーザーを使用した治療はダウンタイムが短く、ほとんどないものも多くあります。そのため忙しい方やダウンタイムを避けたい方にも非常に受けやすい治療です。
繰り返し行える
外科的手術は一生に一度かせいぜい二度くらいしか行うことはできませんが、機械を使った治療であれば一定の期間を置けば繰り返し何度でも行うことができます。繰り返し行うことにより効果を蓄積させることが可能です。
コンビネーション治療で効果を高める
治療効果は外科的手術には及ばないため、複数の治療を組み合わせることで治療効果をより高めることができます。これにより満足度も高めることができます。

目の下のクマ・たるみの治療方法

目の下のクマ、下まぶたのたるみ治療にはいくつかの治療があります。当院では切らない治療から手術まであらゆるニーズに応えられるよう様々な治療法を提供しております。 カウンセリングでは貴方にあった最適な方法をご提案させていただきます。

切らない治療

皮膚の引き締め・収縮

マドンナリフト

フラクショナル炭酸ガスレーザー「スマートサイドドット」を使用して、上まぶたの皮膚に微小な穴を無数に開けていきます。皮膚が治癒していく過程で、均一に皮膚が収縮することにより上まぶたのたるみや小じわを改善します。

»マドンナリフト 詳しくはこちら(当院専門サイト)

ウルセラ

焦点式超音波を額に照射し、皮膚表面から一定の深度に熱を加えることで、皮膚から筋層までを収縮させます。上まぶた自体には照射できませんが、額に照射することで眉毛をリフトアップして上まぶたのたるみを改善します。

»ウルセラ 詳しくはこちら(当院専門サイト)

サーマクールアイ

RF(高周波)による熱を肌の深いところまで安全にしっかり与えることで、真皮のコラーゲンを収縮させ、さらに新たなコラーゲン産生を促します。それにより引き締め効果が得られ、脂肪を減らす効果もあるため眼袋の出っ張りも改善します。

»サーマクールアイ 詳しくはこちら(当院専門サイト)

クマ(へこみ)の改善

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸は皮膚の重要な構成成分の一つです。クマ(へこみ)の部分に注入し、皮膚を下から持ち上げることでクマを改善します。注射したヒアルロン酸は徐々に分解吸収されるため、定期的な注射が必要です。

»ヒアルロン酸注射 詳しくはこちら(当院専門サイト)

マイクロCRF

採取した脂肪を特殊なフィルターを使用して徹底的に不純物を除去したものがCRF(コンデンスリッチファット)と呼ばれるものです。このCRFを専用機械を用いて細かく砕き極細の針で注入できるようにしたものがマイクロCRFです。クマの部分に繊細に注入でき、高い定着率が特徴です。

»マイクロCRF 詳しくはこちら(当院専門サイト)

手術による治療

ハムラ法

主に50代以降の余剰皮膚の目立つ方に適応のある手術です。下まぶたのまつ毛のすぐ下の部分で余っている皮膚を切除し、脂肪の膨らみをクマのくぼんでいる部分に移動させます。手術の開発者の名前からこの名が付いています。皮膚の傷は時間がたてばほとんどわからなくなります。

»ハムラ法 詳しくはこちら

経結膜ハムラ法

皮膚の余りの少ない40代より若い方や傷を作りたくない方に適応のある手術です。ハムラ法の変法で、皮膚は切開せずに、まぶたの裏側(結膜側)からアプローチします。脂肪の膨らみをクマのくぼんでいる部分に移動させる点は同じです。通称「裏ハムラ法」と呼ぶこともあります。

»経結膜ハムラ法 詳しくはこちら

下瞼脱脂

まぶたの裏側(結膜側)を少しだけ切開して脂肪を切除する方法です。純粋に下まぶたが膨らんでいるだけ(くぼみがない)という方に適応があるほか、この手術に脂肪注入などを組み合わせることでよりダウンタイムの短いクマ治療が可能です。

»下瞼脱脂 詳しくはこちら

症例紹介

  • ハムラ法とは眼窩脂肪と呼ばれる、膨らんでいる部分の脂肪をクマのへこみの部分に移動させる方法です。同時に余っている皮膚も切除します。50代以降の多くの方に適応のある手術です。
    通常は1~2ヶ月程度で傷はほとんど気にならなくなりますが、時間が経つにつれさらにきれいになります。ハムラ法は非常に満足度の高い手術ですので、下まぶたのたるみ・クマでお悩みの方はぜひご検討ください。

その他の症例写真はこちら

料金表

※料金は全て税込表示です。

切らない治療

マドンナリフト

施術料金
上まぶた(1回) 54,000円
上まぶた(3回) 129,600円
下まぶた(1回) 54,000円
下まぶた(3回) 129,600円
上まぶた+下まぶた(1回) 86,400円
上まぶた+下まぶた(3回) 198,000円

ウルセラ

施術料金
ウルセラ 額(ブロウリフト) 162,000円
ウルセラ 下まぶた 162,000円

サーマクールアイ

施術料金
下まぶた 162,000円

手術による治療

施術 料金
経結膜ハムラ法 486,000円
皮切経結膜ハムラ法 594,000円
マイクロCRF注入 540,000円
下瞼脱脂 270,000円
脱脂注入法 324,000円
脱脂CRF法 698,000円
下まぶたのたるみ取り(皮膚切除) 270,000円

※上記料金に加え、術前血液検査料10,800円、静脈麻酔料(希望の場合)54,000円が別途かかります。

その他の料金表はこちら

PAGETOP

診療内容

エースクリニックの専門サイト

エースクリニックの特集メニュー

当院へのご意見・ご感想はこちら
サービス品質向上の為、ご意見・ご感想をお送りください。