全切開法なら名古屋【エースクリニック】

MENU

全切開法

二重まぶた全切開法とは?

切開法は、二重のラインにしたい場所を切開し二重の邪魔をする組織(主に脂肪や眼輪筋という筋肉)を切除してそこでしっかりと癒着をつくって二重にする方法です。
(これに対して埋没法はまぶたの中に埋め込まれた糸が二重をつくる方法です。)
そのため二重にする力は非常に強く、しっかりとした二重ができます。まぶたが厚く腫れぼったい方や埋没法ではどうしてもとれてしまうような方は選択肢の一つにされると良いでしょう。
埋没法同様、切開法についても当院では極力腫れをおさえるための様々な工夫をしております。通常の二重幅であれば、1週間~10日程度でお化粧をしていただけば人前に出られるようになるでしょう。傷跡も最終的に非常にきれいになります。
またこの手術はまぶたの皮膚を切開するため、まぶたの脂肪を切除したり目の開きの悪い方は目の開きを改善したりすることも併せて可能ですので、そのような希望がある方はご相談ください。

全切開

手術の特徴

特徴1 手術時間
約40分~1時間程度。
特徴2 麻酔方法
点眼麻酔、局所麻酔。希望により静脈麻酔を併用。
特徴3 ダウンタイム
通常の二重幅の場合1週間~10日程度の腫れ。
特徴4 手術後の診察
抜糸に5日後に来ていただきます。
メリット
  • 二重がとれることはまずない。
  • 埋没法に比べしっかりした二重。
メリット
  • 手術後二重の幅を変えるのは通常困難。

症例紹介

  • 幅の広いパッチリとした二重を希望されました。外人のようなとても目力のある目元になりました。
  • 幅の広い二重を希望されました。眠そうな目でしたので、そのまま幅広の二重にするととても眠たい目になってしまいますので、目の開きを良くする手術も併せて行っています。ぱっちりとしたデカ目になりました。

その他の症例写真はこちら

料金表

※料金は全て税込表示です。

施術1回料金
全切開法259,200円

その他の料金表はこちら

PAGETOP

診療内容

エースクリニックの専門サイト

エースクリニックの特集メニュー

当院へのご意見・ご感想はこちら
サービス品質向上の為、ご意見・ご感想をお送りください。