多汗症・脇汗治療でお悩みなら名古屋【エースクリニック】

MENU

多汗症・脇汗治療

多汗症とは?

多汗症とは、身体機能の失調により脇の下や手掌(手のひら)、足の裏、頭、顔などに多量に汗をかく状態のことをいいます。 「手に汗を握る」と表現するように緊張したり興奮したりすると誰でもある程度は汗をかくものですが、発汗が異常に多いと日常生活に支障を来たしてしまいます。また多汗症の方の多くが対人関係の悩みを持っていると言われています。

多汗症は、全身疾患の一症状として起こる「全身型多汗症」と他に何ら症状の見られない局所症状のみの「局所型多汗症」に分かれます。 全身型多汗症の原因は甲状腺機能亢進症などの内分泌異常による疾患や代謝異常などの病気で、原疾患の治療が必要です。

局所型多汗症は、発汗に関与する自律神経が正常に働かないために起こり、ちょっとした緊張や興奮で異常に多量の発汗を手掌や脇に起こします。多汗症の有病率は脇や手掌で5~6%とされ、たいへん多くの方がこの症状で悩まれていますが、局所型多汗症はボツリヌストキシン(ボトックス)注射による治療が可能で、効果も大きいため近年注目されるようになってきています。

人気の施術ピックアップ!

多汗症ボトックス注射

ボトックス(ボツリヌストキシン)は美容外科では非常に使用頻度の高い薬剤で、筋肉の力を弱める作用があります。主に表情筋に注射して、顔のシワの治療に用いられます。

ボトックスは、神経終末から神経伝達物質(アセチルコリン)が放出されるのをブロックします。 つまり、「筋肉を動かす」、あるいは「汗を出す」といった中枢からの指令がブロックされて末端に届かなくなります。 このメカニズムにより多汗症の治療が可能となります。

多汗症ボトックス注射の効果は大きく、薬が効いている間はかなり発汗が抑えられるのが特徴です。

効果は永久的なものではありませんが、約5分間の注射のみの治療で約半年の間、汗の量を抑えることができますので、非常にメリットの大きな方法です。

副作用について

ボツリヌストキシンに対するアレルギーは極めて稀と考えられますが、完全に否定はできません。
また、繰り返し注射することでごく一部の方に耐性が生じると言われています。なるべくそのようなことを避けるため、次回の注射は3ヶ月程度あけてください。

施術を受けられない方

重症筋無力症などの神経・筋疾患をお持ちの方
筋弛緩作用のある薬を服用されている方
過去にボツリヌストキシンの注射でアレルギーの出た方
妊娠中の方、妊娠の可能性のある方、近々妊娠の予定のある方、授乳中の方

Q&A

脇汗がひどくて困っています。ボトックス注射でどれ位汗の量が減りますか?
A:個人差はありますが、元の汗の量を10とすれば、多くの場合1~2位に減ります。仮に効果が弱かったとしても3~4位には減ると思いますし、効果がないというのは今まで経験したことがありません。
1週間後にパーティーがあるのですが、それまでに脇汗止まりますか?
A:ボトックス注射後、早い人は注射したその日から汗が止まることもありますが、だいたい2日後くらいから効き始め、1週間くらいで安定的な効果が得られます。ですので、1週間後であれば充分間に合いますよ。
ミラドライは痛いですか?
A:ミラドライの施術そのものはほとんど痛くありませんが、局所麻酔の注射の際に若干の痛みがありますが、大きな痛みではありませんのでご安心ください。

Q&A もっとご覧になりたい方はこちら

PAGETOP

診療内容

エースクリニックの専門サイト

エースクリニックの特集メニュー

当院へのご意見・ご感想はこちら
サービス品質向上の為、ご意見・ご感想をお送りください。