レーザートーニングで肝斑治療なら名古屋【エースクリニック】【エースクリニック】

MENU

レーザートーニング 肝斑治療

肝斑レーザートーニングとは?

レーザートーニングとは、QスイッチYAGレーザーによる肝斑の最新治療法です。
これまで肝斑にレーザー治療は禁忌とされてきましたが、その肝斑への画期的な治療法としてこの治療が脚光を浴びています。 肝斑は強い刺激が加わると悪化しやすいため、低パワーで高頻度のレーザーを照射することで、安全に肝斑のメラニンを除去していきます。肝斑のほかにも、くすみやひらいた毛穴にも効果があり、治療後は肌のキメが細かくなりお化粧のりが良くなると多くの方が実感しています。

適応

レーザートーニングはこれまでレーザーによる治療が難しかった肝斑に対して効果的です。肝斑以外では肌全体のくすみや黒ずみ、毛穴の開きなどにも効果があります。

肝斑とは?

後天性に頬骨部・前額部・上口唇(鼻の下)に左右対称に出る褐色のシミです。これは、薄いものも含めた場合、特に30代~40代以降の女性の過半数の方に見られる非常にありふれたシミです。シミ治療を考える人の多くの方にこの肝斑があるといわれています。
肝斑は、経口避妊薬内服や妊娠を契機に出現したまま改善しないこともあることから、女性ホルモンが関与していると思われますが、はっきりとした原因が特定されていません。紫外線も強い悪化要因ですし、お化粧などによる擦過刺激(こすりすぎ)も原因の一つとして考えられています。 そのため肝斑を完治させることは難しいのですが、肌質を変化させて肝斑の色を薄くして、その状態を持続させることは可能です。
肝斑発生時は何となく頬がくすんだ感じがする程度ですが、放っておくとしだいに範囲が広がります。いずれ、頑固なシミとなりますので早めのケアが必要です。
当院では、レーザートーニングに経皮導入、内服薬、外用薬を組み合わせた総合肝斑治療をおすすめしています。

レーザートーニングの特徴

特徴1
痛みもダウンタイムもない治療です。
特徴2
今まで何をやってもまったく効果の出なかった難治性の肝斑にも有効です。
特徴3
内服薬、外用剤、経皮導入等と組み合わせることで治療効果を上げます。
特徴4
くすみや毛穴の開きにも効果大です。 肌のキメが整い回数を重ねるほどツルツルに。

レーザートーニングのしくみ

レーザートーニングではレーザーが照射される形が最も重要です。 少し以前のレーザーでは、レーザービームのエネルギーは中央部分と端ではムラがあり、中央が最も強くなり、端にいくほど弱くなります(ガウシアン型といいます)。そうなるとパワーが弱すぎる端の部分では効果がみられず、強すぎる中心部では炎症を起こして肝斑が悪化する可能性があるため、今までのレーザー機器では肝斑治療に適していませんでした。当院が導入しているレーザーは最新のもので、レーザーのエネルギーが中央部分と端で均一に照射されます(トップハット型)。このトップハット型の波形が出せる最新のレーザーでなければ肝斑治療は行えません。 肝斑治療では、炎症を起こさせないくらいの弱いパワーでレーザーを照射し、肌の中に滞留しているメラニンを少しずつ破壊していくことで、安全に確実に治療を行っていきます。
  従来のシミ除去レーザーガウシアン型 レーザートーニングトップハット型
ビーム
プロファイル

均一に照射されずパワーにムラがあるため、強く照射された部位の肝斑を悪化させてしまう。

均一なパワーで照射されるので、肝斑を悪化させることなく、効果的にメラニンを除去できる。

イメージ

施術の流れ

STEP1 洗顔
シミの状態をしっかりと診察できるよう、またレーザーが余分な顔料に反応しないようにお化粧をしっかり落としていただきます。
STEP2 カウンセリング
シミ・肝斑の状態を診察し、レーザートーニングが効果的か診断いたします。
STEP3 レーザートーニング
レーザーを照射します。皮膚の表面でパチパチする感覚がありますが痛みはほとんどありません。
STEP4 経皮導入
レーザー照射後は経皮導入治療として、トラネキサム酸イオン導入メソアクティスをされるとより治療効果が高まります。 レーザー照射後の皮膚を鎮静させる効果もありますし、リラクゼーション効果もあります。
STEP5 アフターケア
お化粧をしてお帰りいただけます。日常では日焼け止めをしっかりしてください。

施術のポイント

Point1 所要時間
10分程度です。
Point2 施術回数・間隔
1~2週間に1度の頻度で5~10回照射すると効果的です。
Point3 痛み
パチパチと皮膚の上で弾く感覚がある程度で痛みはありません。
Point4 ダウンタイム
若干の赤みが数時間出るだけで、ダウンタイムはありません。
Point5 アフターケア
治療直後よりお化粧が可能です。日焼け止めを使用してください。
Point6 注意事項
治療効果には個人差があります。

施術を受けられない方

  • 妊娠している方、妊娠の可能性のある方
  • 過度に日焼けをしている方
  • 過度の敏感肌の方
  • 光線過敏症の方
  • 肌荒れのひどい方
  • 感染性の皮膚疾患の方

症例紹介

  • 症例1

    治療前は濃い肝斑が両頬骨の突出部を中心にありました。また老人性色素斑も点在していました。 レーザートニングとレーザーフェイシャルの合計10回と内服薬で肝斑、色素斑ともに著明に改善しました。肌全体もくすんだ状態から透明感のある白い肌に生まれ変わりました。治療期間は約三ヶ月です。

その他の症例写真はこちら

シミのワンポイントアドバイス

5~6年前くらいから、肝斑へのレーザー治療として登場したレーザートーニング。それまでは肝斑にレーザーは禁忌とされていたのですが、そんな時代は今は昔という感があります。それだけ効果が世に広く認められたということでしょう。弊院ではレーザートーニングは肝斑治療のスタンダードとしています。 肝斑だけではなく、お肌のくすみ、黒ずみ(色素沈着)、シミなどにも効果がある他、毛穴に対しても良い効果を期待できるので、多くの方に幅広く受けていただける施術です。

料金表

※料金は全て税込表示です。

項目 料金
シンプルコース
レーザートーニング(顔全体)のみ
1回 16,200円
ベーシックコース
レーザートーニング(顔全体)
+トラネキサム酸・ビタミンCイオン導入
1回 21,600円
スペシャルコース
レーザートーニング(顔全体)
+メソアクティスホワイトニングトリートメント
1回 32,400円

その他の料金表はこちら

PAGETOP

診療内容

エースクリニックの専門サイト

エースクリニックの特集メニュー

当院へのご意見・ご感想はこちら
サービス品質向上の為、ご意見・ご感想をお送りください。