- Doctor blog -経結膜ハムラ法 (30代男性の症例)

年齢を問わず目の下のクマでお悩みの方は多いのですが、
目の下のお悩みは多くの場合、
適切な治療で改善します。

比較的若年で皮膚の余りがあまりないといった場合、
弊院では経結膜ハムラ法、
通称「裏ハムラ」という手術をよく行います。

弊院では非常にポピュラーな手術なのですが、
やや難易度が高い手術のためか
(慣れればそんなことはありません)、
行っている施設はあまり多くないようです。

この手術は40代までの
皮膚の余りが多くない方に
非常に良い適応がありますが、
裏側つまり皮膚を切らずに結膜側を切開するため
傷ができないという大きな利点があります。

このため、ダウンタイムが短くてすむため、
皮膚の余りが多い方(つまり50代以上の方)が行ったとしても
満足のいく結果が得られることが多いです。

経結膜ハムラ法の一番良い適応は
若年者でクマの部分のへこみが強い方です。

特に男性はお化粧をしないので、
表面に傷ができない手術の方が行いやすいと思います。

この手術の適応となる方はこんな方です。
(以下モニターの方の写真を掲載します。)

経結膜ハムラ法CASE2(術前)
術前

眼窩脂肪が膨らんでいて、
その下がくぼんでいるという
非常に典型的な症例です。
このような場合、眼窩脂肪の切除をすすめる施設が多いのですが、
その手術は行わない方が無難です。

脂肪を切除すればその部分はへこみますが、
このケースの場合はその下がくぼんでいるので、
脂肪の切除ではこの状態の改善には全くつながりません。

眼窩脂肪を移動することで
クマの状態が改善します。

経結膜ハムラ法CASE2(1週間後)
術後1週間
経結膜ハムラ法CASE2(2週間後)
術後2週間

このケースでわかるように
膨らんでいる部分はへこみ、
へこんでいる部分は膨らむという理想的な状態になります。

皮膚を切っていないので
腫れが引けば手術をしたことは
外見上わかりません。
また、脂肪は後戻りがないように
骨膜に縫いつけてあるので
効果は半永久的です。

この記事の監修

エースクリニック 院長:
竹内孝基 医師

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約