- Doctor blog -ヒアルロン酸注入のメリット・デメリット

くぼんでいる部分やこけて見える部分を改善する治療として、

充填剤(フィラー)を注入する方法が広く一般的に行われています。

このフィラーとして、

一番多く使われているものにヒアルロン酸があります。

※ヒアルロン酸注入について詳しくはこちらをご覧ください。

ボリューマ

ヒアルロン酸は完成した製剤として用意されているので、

施術の際には細い針やカニューレを使用して注入していくだけです。

簡便であり、施術料金もリーズナブルであるため、

くぼみやこけ、しわの治療として、需要の一番多い施術となっています。

簡便といっても、施注者による仕上がりの差はありますので、

簡単というわけではありません。


ヒアルロン酸注入のメリットには


  1. (1)完成された製剤を注入するだけなので、施術手技として一番簡便。

  2. (2)同様の目的で行われる治療の中では施術費用が比較的安価。

  3. (3)ダウンタイムが通常ほぼない。

  4. (4)アレルギーが起こる可能性が極めて低い。

  5. (5)万が一、ふくらみ過ぎた場合にはヒアルロン酸を溶かす注射がある。


といった点があります。

この中で(5)は他のフィラーにない性質なので重要です。

目の周りなどのように皮膚の薄い部位は、

たとえ熟練した施術者が行ったとしても、コントロールするのが難しいものです。

そのようなときに、注入したものを溶かして

なかったことにするものがあるのは非常に心強い味方になります。


一方、ヒアルロン酸注入のデメリットには


  1. (1)徐々に分解吸収されて減っていくため、都度追加注入が必要となる。

  2. (2)脂肪と全く同じ性質を持っているわけではないので、ときに不自然な盛り上がり方をすることがある。

  3. (3)極めて稀ではあるが重篤な副作用として動脈塞栓症がある。


などが挙げられます。

これらのデメリットはヒアルロン酸のみにあるものではなく、多くのフィラーが持っているデメリットと言えます。

この世に完璧なフィラーはないので、これらメリット・デメリットを理解したうえで治療を選択することが大切です。

この記事の監修

エースクリニック 院長:
竹内孝基 医師

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約