脱脂CRF(大阪梅田院)

脱脂CRF

脱脂CRFとは

この方法では、まずくぼみに注入する脂肪を別の部位(お腹、腰、太ももなど)から採取します。次に採取した脂肪をマイクロ化加工してマイクロコンデンスリッチファット(マイクロCRF)を作成します。最後に下まぶたの裏側(結膜側)を切開し眼窩脂肪の切除を行い、作成したマイクロCRFをへこんでいる部分に注入します。

影クマの多くのケースでは眼窩脂肪の突出(目袋)とその下の部分のくぼみが見られます。このふくらみを改善する目的で眼窩脂肪を切除し、くぼみの部分に別部位から採取した脂肪をくぼんでいる部分に注入します。

この手術の良い点は、傷が表にできず、腫れも少ないことです。 本来は経結膜ハムラ法などの眼窩脂肪移動術が適している場合でも、仕事等の理由により時間をあまり取れない方は、この手術でダウンタイムの大幅な軽減を図ることができます。 脱脂注入法では切除できた眼窩脂肪の量しか脂肪を注入することができません。従ってくぼみが深いケースでは脂肪の量が足りないということになります。中年以降の方の多くの場合は、くぼみが深く広範囲にわたることが多いため、別部位から採取した脂肪を用意する必要があります。 別部位から採取した脂肪であれば十分な量を確保することができるため、立体的な下まぶた~中顔面を構築できます。

当院では目の下のくぼみ、クマ・たるみの治療法として、へこみが限局的な若い方、主に40代前半以下の方には「裏ハムラ法」、へこみが広範囲で強く出てくる、主に40代後半~50代の方には「脱脂CRF法」という風に表ハムラ法、裏ハムラ法、脱脂CRF法、下瞼脱脂法などの中から患者様の症状や年齢、性別などを考慮して最適な治療方法をご提案しております。

40代後半以上の年齢の方で眼窩周囲の脂肪の委縮が強い場合は、脂肪注入を行うことが多くあります。目の周りは皮膚が大変薄いので、通常の脂肪を注入した場合、脂肪の粒が大きいのでどれだけ注意深く注入したとしてもボコボコとしてしまう可能性があります。当院では、目の周りの注入後のボコボコが起こらないよう、脂肪を極限まで脂肪の粒子を小さくしたマイクロCRFで注入を行うことで自然な仕上がりになるよう治療を行っております。

症例紹介

  • BEFORE

    脱脂CRF法にて目の下のクマ治療。眼窩脂肪の突出によるふくらみを切除し、へこんでいる部分にしっかりめに脂肪を注入しました。

    AFTER

    担当医院

    大阪梅田院・谷聡柄院長

    【施術のリスク・副作用】
    皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

    施術の総額費用(税込)

    660,000円

  • BEFORE

    脱脂CRF法にて目の下のクマ治療。眼窩脂肪の突出によるふくらみを切除し、へこんでいる部分にしっかりめに脂肪を注入しました。

    AFTER

    担当医院

    大阪梅田院・谷聡柄院長

    【施術のリスク・副作用】
    皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

    施術の総額費用(税込)

    660,000円

  • BEFORE

    脱脂CRF法にて目の下のクマ治療。眼窩脂肪の突出によるふくらみを切除し、へこんでいる部分にしっかりめに脂肪を注入しました。

    AFTER

    担当医院

    大阪梅田院・谷聡柄院長

    【施術のリスク・副作用】
    皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

    施術の総額費用(税込)

    660,000円

  • BEFORE

    脱脂CRF法にて目の下のクマ治療。眼窩脂肪の突出によるふくらみを切除し、へこんでいる部分にしっかりめに脂肪を注入しました。

    AFTER

    担当医院

    大阪梅田院・谷聡柄院長

    【施術のリスク・副作用】
    皮下出血、感染、(使用する薬剤に対する)アレルギー、脂肪の定着が悪い、塞栓症、仕上がりの左右差、凹凸、肉芽腫形成等。

    施術の総額費用(税込)

    660,000円

料金表

※料金は税込表示です。

施術
脱脂CRF法
脱脂CRF・脂肪凍結保存料(保管期間6カ月)
脱脂CRF・エクスパレル麻酔(脂肪採取部分)10cc
脱脂CRF・再脂肪採取注入(1年以内)
1回料金
660,000円
132,000円
165,000円
330,000円

院長からのコメント

監修医師:大阪梅田院院長・谷聡柄医師

形成外科専門医
【所属学会】
日本形成外科学会/日本美容外科学会/日本創傷外科学会/日本乳房オンコプラスティック学会

ミラドライ認定医/ウルセラ認定医/サーマクール認定医