ハムラ法(経結膜・皮切)(大阪梅田院)

ハムラ法(経結膜・皮切)

ハムラ法(経結膜・皮切)とは

ハムラ法は、ふくらんでいる目袋の脂肪を切除するのではなく、下方の溝になっている部分(瞼頬溝)に移動させることを特徴とする手術方法です。正しくこの術式を表現する場合は眼窩脂肪移動術と言います。(ハムラというのは開発した医師の名前Dr.Hamraから来ています。)
下まぶたは加齢とともにふくらみを生じ、俗に目袋と言われる状態になります。このふくらみの正体は眼窩脂肪という脂肪です。目袋よりも下の部分はくぼんで溝になっていることが多く、この凹凸により影ができてクマが生じます(影クマ)。この陰ができる部分を瞼頬溝(tear trough)と言います。ハムラ法は目の下のふくらみと溝を同時に解消することができます。

エースクリニックが行っているハムラ法には皮膚を一部切り取る皮切ハムラ法(表ハムラ法)と皮膚を切らない経結膜ハムラ法(裏ハムラ法)の2つがあり、皮膚の余りの程度によって両者を使い分けています。

この手術では具体的には以下の操作を行います。
(1)下まぶたの裏側(結膜側)もしくは表側(皮膚側)を切開し、
(2)眼輪筋下を剥離 (3)眼窩脂肪を眼窩下縁より7~8mm下の骨膜に縫合固定します。

脂肪を切除しないため、下まぶたが落ちくぼむこともなく、皮膚を切開しないため傷ができません。 この施術により、下まぶたの凹凸がなくなり、見た目を大きく改善させることができるでしょう。

脂肪を移動させる理由とは?



この手術のポイントは眼窩脂肪の移動にあります。

単にふくらんでいる原因である脂肪を切除してしまう治療では、確かにふくらみがなくなったとしても、新たに強いへこみが生じます。その結果、単純な脂肪切除では広範囲に目の下全体が落ちくぼむ結果となってしまうため、そのクマは改善しないばかりか通常悪化します。 単純な切除ではなく、脂肪をふくらんでいる部分からへこんでいる部分へ移動させることでクマの部分が平らになり、明るく若々しい目元を作り出すことができます。

経結膜ハムラ法と皮切ハムラ法の違いは?


アプローチ方法に違いがあります。皮切ハムラ法(表ハムラ法)では皮膚を切開してアプローチするのに対して、経結膜ハムラ法(裏ハムラ法)では結膜側からアプローチします。
結膜側から行った方が、皮膚に傷ができず、その分ダウンタイムも短くすみます。一方、皮膚側から行うと、余剰皮膚を同時に切除できるというメリットがあります。

一般的に、20代~40代前半くらいまでは皮膚の余りがほとんどないため、余剰皮膚を切除するメリットはなく、経結膜ハムラ法が適しています。一方、50代以上になってくると皮膚の余りも大きくなってくるため皮切ハムラ法を行うメリットが大きくなります。 また、経結膜ハムラ法では、手術中に術者が確保できる視野が非常に狭くなり、手術操作も行いにくくなります。当然この部位の解剖を熟知した医師が行わなければ良い結果が得られません。一方、皮切ハムラ法では、皮膚や眼輪筋を切開するため、術後の外反リスクがあります。そのため、症例を充分に吟味する必要があります。

症例紹介

  • BEFORE

    目元のクマを経結膜ハムラ法にて治療。目立っていた目の下のクマが改善されました。皮膚を切っていないので傷はありません。
    また、同時に二重埋没法も行っています。

    AFTER

    担当医院

    大阪梅田院院長・谷聡柄医師

    施術のリスク・副作用:皮下出血、感染、しこり形成、埋没縫合糸の露出、仕上がりの左右差、まぶたの違和感、眼球の異物感等。

    施術の総額費用(税込)

    経結膜ハムラ法 495,000円

  • BEFORE

    経結膜ハムラ法にて治療。腫れぼったい下まぶたがスッキリしました。皮膚を切っていないので傷はありません。

    AFTER

    担当医院

    理事長・竹内孝基医師

    施術のリスク・副作用:皮下出血、感染、しこり形成、埋没縫合糸の露出、仕上がりの左右差、まぶたの違和感、眼球の異物感等。

    施術の総額費用(税込)

    495,000円

  • BEFORE

    皮切ハムラ法にて治療。皮膚側からのアプローチで眼窩脂肪を移動させた後、余剰な皮膚を切除しました。

    AFTER

    担当医院

    大阪梅田院院長・谷聡柄医師

    施術のリスク・副作用:出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができる、外反、ドライアイなど。

    施術の総額費用(税込)

    605,000円

  • BEFORE

    目元のクマを経結膜ハムラ法にて治療。目立っていた目の下のクマが改善されました。皮膚を切っていないので傷はありません。

    AFTER

    担当医院

    理事長・竹内孝基医師

    施術のリスク・副作用:出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、仕上がりの左右差、膨らみが残る、へこみができる、外反、ドライアイなど。

    施術の総額費用(税込)

    495,000円

料金表

※料金は税込表示です。

施術
経結膜ハムラ法
皮切ハムラ法
1回料金
495,000円
605,000円

※静脈麻酔をご希望の場合は別途88,000円がかかります。

院長からのコメント

監修医師:大阪梅田院院長・谷聡柄医師

形成外科専門医
【所属学会】
日本形成外科学会/日本美容外科学会/日本創傷外科学会/日本乳房オンコプラスティック学会

ミラドライ認定医/ウルセラ認定医/サーマクール認定医