目頭切開(大阪梅田院)

目頭切開法

目頭切開法とは

多くの東洋人の目頭は蒙古襞(もうこひだ)というヒダ状の皮膚によって覆われています。
これがあることにより本来ある目の形のうちの目頭部分が隠されてしまうため、目が小さく見えたり突っ張ったきつい印象になってしまいます。
この蒙古襞を取り除くことで本来の目の大きさを取り戻し、大きくパッチリした印象の目元にすることができます。

蒙古ヒダがあるため、離れている目が、目頭切開で蒙古ヒダを取り除き、内側に大きくなることによって、目と目の間の比率が1:1:1となり、切れ長の大きな目になります。



また目頭側に目が大きくなると目と目の間が近づきます。そのため元々目と目の間の距離が広い方は、この手術により距離が狭まることでバランスの良い目元になります。一般的には(目の横幅)≦(目と目の間の距離)の場合に目が離れている印象に見えるようですので、もし当てはまるようならこの手術は良い適応となります。



蒙古襞は目頭の部分の皮膚を下方向に引っ張る力があるので、蒙古襞が強い方の二重はどうしても末広型になりやすいものです。蒙古襞を取り除くことで、平行型のパッチリした二重にすることも可能です。



当院では、この目頭切開の手術方法はZ形成法を採用しております。自然な感じに蒙古襞を取り除くことができ、傷跡が目立ちにくいのが特徴です。

症例紹介

  • BEFORE

    蒙古ひだがある方は、目頭切開がおすすめです。
    当院ではリドレープ法を用いて手術を行います。
    リドレープ法は内側の目元のラインに沿って切開するので、Z法に比べてキズ跡が目立たないのが特徴です。

    AFTER

    担当医院

    大阪梅田院院長・谷聡柄

    リスク・副作用:出血・皮下出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、低矯正・過矯正、左右差、皮膚壊死、肥厚性瘢痕、傷跡が目立つなど。

    施術の総額費用(税込)

    220,000円

  • BEFORE

    蒙古ひだがある方は、目頭切開がおすすめです。
    当院ではリドレープ法を用いて手術を行います。
    リドレープ法は内側の目元のラインに沿って切開するので、Z法に比べてキズ跡が目立たないのが特徴です。

    AFTER

    担当医院

    大阪梅田院院長・谷聡柄

    リスク・副作用:出血・皮下出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、低矯正・過矯正、左右差、皮膚壊死、肥厚性瘢痕、傷跡が目立つなど。

    施術の総額費用(税込)

    220,000円

  • BEFORE

    蒙古ひだがある方は、目頭切開がおすすめです。
    当院ではリドレープ法を用いて手術を行います。
    リドレープ法は内側の目元のラインに沿って切開するので、Z法に比べてキズ跡が目立たないのが特徴です。

    AFTER

    担当医院

    理事長・竹内孝基

    リスク・副作用:出血・皮下出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、低矯正・過矯正、左右差、皮膚壊死、肥厚性瘢痕、傷跡が目立つなど。

    施術の総額費用(税込)

    220,000円

  • BEFORE

    蒙古ひだがある方は、目頭切開がおすすめです。
    当院ではリドレープ法を用いて手術を行います。
    リドレープ法は内側の目元のラインに沿って切開するので、Z法に比べてキズ跡が目立たないのが特徴です。

    AFTER

    担当医院

    大阪梅田院院長・谷聡柄

    リスク・副作用:出血・皮下出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、低矯正・過矯正、左右差、皮膚壊死、肥厚性瘢痕、傷跡が目立つなど。

    施術の総額費用(税込)

    220,000円

料金表

※料金は税込表示です。

施術1回料金
目頭切開220,000円
埋没法(両目)とのセット(埋没法の料金)+198,000円

院長からのコメント

監修医師:大阪梅田院院長・谷聡柄医師

ここ最近、目頭切開の手術希望が特に増えている印象があります。
これは、理想的とされる目と目の間の距離が一昔前と比べて短くなってきていることと関係がありそうです。また、実際に目頭切開を行うと大人っぽく華やかな印象になりますので、そのような目元はいつの時代も多くの人にとって憧れですね。
手術方法もかつては内田法と呼ばれるW形成法が主流でしたが、より傷跡が目立ちにくく自然な手術方法に置き換わってきています。

当院では目頭切開を多く行っておりますので、目頭切開にご興味のある方はぜひエースクリニックにご相談ください。

形成外科専門医
【所属学会】
日本形成外科学会/日本美容外科学会/日本創傷外科学会/日本乳房オンコプラスティック学会

ミラドライ認定医/ウルセラ認定医/サーマクール認定医