眼瞼下垂(がんけんかすい)(大阪梅田院)

眼瞼下垂治療

眼瞼下垂症とは

眼瞼下垂とは目の開きが悪くなった状態のことをいいます。
目の開きが悪いと、眠そうに見えたり疲れて見えたりしますし、片側のみの眼瞼下垂の場合は目の左右差となって現れます。まぶたが開きにくい状態が続くと、まぶたの開きを調節する神経に過剰な緊張を強いるため、肩こり、頭痛、易疲労感、全身倦怠感などの症状がもたらされることがあります。そうなると、眼瞼下垂はただ単にまぶただけの問題ではなくなり、日常生活に多大な支障を来たすようになります。

眼瞼下垂の方の分かりやすい特徴は、眉毛を上げないと瞼が開かない・額のシワが深い・あごを突き出している・眠そう/覇気のない顔に見られる、と言った見た目に表れます。
また上方や、酷いと側面が見辛くなったり、頭をぶつけやすい・物によくぶつかる、といった機能上の症状が挙げられます。さらに一見眼瞼下垂とは関係なさそうな、肩こりや頭痛などの症状が出ることもあります。

症例紹介

  • BEFORE

    皮膚を1cm強切開して眼瞼挙筋腱膜を前転しました。まぶたの開きが良くなることで、若く元気な印象の目元となりました。

    AFTER

    担当医院

    大阪梅田院院長・谷聡柄医師

    施術のリスク・副作⽤:出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差など。

    施術の総額費用(税込)

    約45,000円(健康保険3割負担の場合)

  • BEFORE

    皮膚を1cm強切開して眼瞼挙筋腱膜を前転しました。まぶたの開きが良くなることで、若く元気な印象の目元となりました。

    AFTER

    担当医院

    大阪梅田院院長・谷聡柄医師

    施術のリスク・副作⽤:出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差など。

    施術の総額費用(税込)

    約45,000円(健康保険3割負担の場合)

  • BEFORE

    皮膚を1cm強切開して眼瞼挙筋腱膜を前転しました。まぶたの開きが良くなることで、若く元気な印象の目元となりました。

    AFTER

    担当医院

    大阪梅田院院長・谷聡柄医師

    施術のリスク・副作⽤:出血・皮下出血・結膜出血、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、異物感、ドライアイ、しわが増えたと感じる、低矯正・過矯正、仕上がりの左右差など。

    施術の総額費用(税込)

    約45,000円(健康保険3割負担の場合)

料金表

※料金は税込表示です。

施術
眼瞼下垂保険(眼瞼挙筋前転法)
 
1回料金
約45,000円・両目
約23,000円・片目

※上記は健康保険3割自己負担の場合です。1割負担の場合は両方で約15,000円となります。
※眼瞼下垂の場合、初診料は約900円(3割自己負担の場合)となります。
※美容目的の場合は、自費診療となり、上記とは異なる料金体系となります。

院長からのコメント

監修医師:大阪梅田院院長・谷聡柄医師

実は眼瞼下垂は大変に多い病気で、視野が狭くなる、目が疲れやすいといった症状の他に慢性的な肩凝り・頭痛の原因になっている場合も多く見受けられます。もし眼瞼下垂症を患っているとしたら、これを治療することで日常生活の質(QOL:Quality Of Life)がグンと向上することでしょう。

形成外科専門医
【所属学会】
日本形成外科学会/日本美容外科学会/日本創傷外科学会/
日本乳房オンコプラスティック学会
ミラドライ認定医/ウルセラ認定医/サーマクール認定医