反転剪除法(大阪梅田院)

反転剪除法

反転剪除法とは

「反転剪除法」は臭いの除去効果の高い方法です。

反転剪除法とは?患者様がわきがの治療を受ける上で最も気にされる点は「ニオイがどの程度なくなるのか」という点だと思います。反転剪除法は、アポクリン腺の除去を目視でチェックしやすいため、臭いの除去効果が高い術式となっています。また、重度の腋臭症の場合は健康保険の適用があるので治療費用を抑えたい方にメリットの大きな手術です。

エースクリニックはわきが治療を手術に多く手掛けています(保険・自費を含めて年間300例以上)。この手術に熟練した医師が確実な手術を行い、この手術の利点を最大限にするよう日々努めています。
※同じ術式の治療を自費で行っている施設も数多くありますが、保険で安価だからといって手術に手を抜くということは全くありません。また、特に希望もないのに自費の手術をおすすめすることもありませんが、重度の腋臭症であることが保険適用の条件となりますのでご注意ください。

反転剪除法の特長



特長1 肉眼でアポクリン腺の除去をチェック
アポクリン腺の除去を目で確認できるので、信頼性の高い手術です。
特長2 手術費用が抑えられる
健康保険の適応があるので、手術費用を安価に抑えることができます。


傷跡について


反転剪除法の最大の利点は、直接目で見てアポクリン腺を取り除ける点です。また、健康保険が適用されるため、手術費用を抑えることができます。そのため、多くの方がこの手術を受けられますが、皮膚を数センチにわたり切開しなければなりませんので、特に女性においては傷跡がどの程度になるかは悩むところかと思います。

反転剪除法の場合、皮膚を切開しさらに皮下を剥離しているので、術後は一過性に引きつれた感じ(瘢痕拘縮)や色素沈着を生じます。徐々に落ち着いてきますが、色素沈着が引くには2年くらいかかることが多く、1~数年かけて傷跡はあまり目立たなくなる方が多いです。ただし、傷跡には必ず個人差があり、人によっては目立つと感じることもあるでしょう。なるべく傷跡を残したくないという方は自費の治療にはなりますが、マイクロシェーバー法やミラドライなどをおすすめいたします。

また、毛根もアポクリン腺と一緒に取れてしまうため、この治療では必ず腋毛もまばらになってしまいます。男性にはこの点はデメリットですが、この術式上止むを得ないため、その点はご了承ください。


患者様に安心してご来院いただくために


当院はわきが手術の1つとして保険適用のある反転剪除法(皮弁法)を行っております。
この手術方法は、アポクリン腺の除去効果が高く、手術費用を抑えられるというメリットがあります。
当院では、保険でのわきが手術をご希望の方に自費での治療をおすすめすることは基本的にはありません。

但し、本手術を保険適用で行うためには、重度の腋臭症であることが条件となっています。そのため、重度の腋臭症と判断されなかった場合は、本手術をおすすめせず、他の施術をご案内することがあります。また、肥満の方など、この手術のリスクが大きいと判断される場合はその旨をご説明させていただきます。
※手術は月曜日のみとさせていただいております。何卒ご了承ください。

症例紹介

    料金表

    ※料金は税込表示です

    施術
    反転剪除法(片脇につき)

    1回料金
    約21,000円
    (健康保険3割自己負担の場合)

    ※診察時には必ず保険証をお持ちください。また、上記は手術時にかかる費用です。これ以外に初診料、再診料、血液検査料等がかかります。
    ※保険での手術をご希望の場合、原則片側ずつの手術となります。

    院長からのコメント

    監修医師:大阪梅田院院長・谷聡柄医師

    形成外科専門医
    【所属学会】
    日本形成外科学会/日本美容外科学会/日本創傷外科学会/日本乳房オンコプラスティック学会

    ミラドライ認定医/ウルセラ認定医/サーマクール認定医