- Face design -目元のアンチエイジング



─ まぶたのたるみ・目の下のクマ・目元のしわ・眼瞼下垂 ─目元からの若返り・アンチエイジング

- Doctor message -ドクターメッセージ

doctor

エースクリニックでは目元の若返り治療を数多く行っています。 目元はお顔の印象を最も左右する重要なパーツです。 目元次第で老けた印象にも若々しい印象になるわけです。
目元のエイジングでお悩みの方の多くが化粧品の類で何とかならないかとあれを試しこれを試しという日々を送っているのではないでしょうか。あるいはたるみやクマの原因が寝不足や疲れからきているものではないかと、間違った思い込みをされているかもしれません。
対処法が間違っていれば、高価な化粧品を何年使っても、睡眠時間をたっぷり取ったとしても、残念ながらあなたのお悩みの解決にはあまりつながらないでしょう。

目元のたるみ・クマ治療は経験豊富な医療機関にアドバイスを求めることが一番の近道であると、私は自信を持って言うことができます。

エースクリニックでは、目元のエイジングでお悩みの方の多くのニーズに対応できるよう、手術から非外科的治療まで様々な診療メニューを取り揃えております。 手術を行うと、当然ダウンタイムもありますが、劇的な変化が期待でき、治療の費用対効果が高いとも言えます。 大きな変化を望まない方や腫れない治療をご希望の方もいらっしゃると思いますが、そのような方のための切らない施術もご用意しております。
あなたのお悩みの解決の一助となるよう、日々研究、研鑽を重ねておりますので、目元のエイジングでお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

目の下のしわ、クマ、たるみを取って活き活きとした目元に。

目の下のしわ、クマ、たるみを取って活き活きとした目元に。

目元は年齢を感じやすく印象を大きく左右します。
皮膚が薄く加齢変化が最も早く表れやすい場所のため、 若いうちから目の下のクマが深くなってしまったり、 目元のしわやたるみでお悩みの方は老若男女を問わず大変多くいらっしゃいます。
目元に年齢が出やすいということは、目元が若返ると年齢も若返って見えやすいということでもあります。
幸いなことに目元のたるみ・しわ・目の下のクマは治療により大きく改善することが期待できます。
エースクリニックと一緒にあなたのお悩みの解決へ一歩を踏み出してみませんか?

目元のエイジングケア

目の下のクマ・たるみ

目の下のクマ・たるみ

クマを取って活き活きとした表情に

下まぶたのクマのお悩みは老若男女を問いません。クマがあるとそれだけで疲れてみえたり暗い印象を与えてしまったりします。特に凹凸からくる影クマはお化粧で隠すことはできません。適切な治療を行うことで、目の下のクマを改善することができます。

目の下のクマ・たるみ 詳細

上まぶたのたるみ

上まぶたのたるみ

若々しい目元を取り戻してパッチリ目元へ

皮膚の余りが重力により目元に覆いかぶさってくることにより、年齢とともにパッチリさやすっきりした感じが失われていき、二重は狭まり三角目と呼ばれる状態になります。たるみが更にひどくなってくると、視界が狭まり危険を伴うことがあります。

上まぶたのたるみ 詳細

くぼみ目

くぼみ目

くぼんで老けて見える目元の解消

若いときにはパンパンしていたまぶたも年齢とともにくぼみがちに。上まぶたがくぼんでいると疲れて見えたり、老けて見られたりします。また、くぼみが強いと目を開けにくくなるので疲れやすくなって日常生活に支障を来たすこともあります。

くぼみ目 詳細

目元のしわ

目元のしわ

気になる目元のしわを切らずにケア

目元は皮膚が薄いため、しわが出来やすい部位です。目元にできるしわには、主に眼輪筋の収縮により生じる表情じわと皮膚の弾力性の低下により生じるちりめんじわ、皮膚のたるみが原因のたるみじわがあります。

目元のしわ 詳細

眼瞼下垂

眼瞼下垂

エースクリニックの眼瞼下垂治療は健康保険が使えます。

眼瞼下垂とは、目の開きが悪い状態をいいます。これは何らかの原因によりまぶたを開ける筋肉の力がうまく伝わっていないことにより生じます。 目の開きが悪いと眠たそうな目に見えたり、片側の場合は目の左右差となって現れますし、時にひどい肩こりや頭痛の原因にもなります。

眼瞼下垂 詳細

切らない治療から手術による治療まで

~エースクリニックで特に多い施術~

エースクリニックでは患者様の目元のしわ・クマ・たるみの状態に応じて最適な治療法をご提案するため、多くの施術メニューを展開しています。専門院のキメ細やかな施術を是非体験してください

経結膜ハムラ法

経結膜ハムラ法 -目の下のクマ-

長期間変わらない効果をお求めの方にオススメ

目の下にふくらみがあり、その下がくぼんでいる方におすすめの治療です。結膜を切開しますが、皮膚は全く切開しないため、傷ができません。また、脂肪を切除せずに移動させるため術後の脂肪の減りがなく、長期間安定した効果が得られます。主に40代より若年の方におすすめの治療法です。

経結膜ハムラ法

脱脂CRF法

脱脂CRF法 -目の下のクマ-

脂肪の萎縮の強い方にオススメ

目の下のふくらみ(目袋)を切除し、その下のへこみに他部位から採取した脂肪を注入する手術方法です。深くへこんでいる場合や、へこんでいる範囲が広範囲の場合にこの治療の適応があります。

脱脂CRF法

ウルセラアイ+サーマクールアイ+ヒアルロン酸注入

ウルセラアイ+サーマクールアイ+ヒアルロン酸注入 -目の下のクマ-

切らない治療をご希望の方にオススメ

目元のしわ・クマやたるみを改善したいけれども、手術的な方法には抵抗のある方におすすめな治療法です。ウルセラ(超音波)とサーマクールアイ(高周波)で皮膚や筋肉を引き締めます。さらにヒアルロン酸を注入することでくぼみもしっかりとボリュームアップさせます。1年に一度といった具合に定期的にされると年を経るごとに若々しい目元になるでしょう。

眼瞼挙筋前転法 -眼瞼下垂-

まぶたが重く開きにくい方にオススメ

まぶたの開きを改善したい方におすすめの治療です。眼瞼挙筋の腱膜を前転し瞼板に固定することでまぶたの開きを良くし、ぱっちりとした目元になります。まぶたの開きが良くなることで肩こり、頭痛が解消する方が多くいらっしゃいます。

眼瞼挙筋前転法

眉毛下切開法 -上まぶたのたるみ-

目元をすっきりさせたい方にオススメ

皮膚の余りを眉毛の下のラインに沿って眉下で切除することで目元をすっきりとさせる治療です。元々の自然な目の印象を保ちつつたるみを解消し、切開線が眉毛のすぐ下のため、傷跡はほとんど目立たなくなります。

眉毛下切開法

施術メニュー

経結膜ハムラ法

通常のハムラ法同様に、膨らんでいる部分の脂肪をくぼんでいるクマの部分に移動させる手術です。

経結膜ハムラ法 詳細

脱脂CRF法

目の下のふくらみ(目袋)を除去し、その下のへこみに脂肪を注入する手術方法です。

脱脂CRF法 詳細

皮切経結膜ハムラ法

下まぶたのまつ毛のすぐ下の皮膚を切開し、膨らんでいる部分の脂肪をくぼんでいるクマの部分に移動させる手術です

皮切経結膜ハムラ法 詳細

下まぶたのたるみ取り(皮膚切除)

まつ毛のすぐ下の皮膚を切開し、皮膚の余りを切除し、皮膚のよれを改善する手術です。

下まぶたのたるみ取り(皮膚切除) 詳細

マイクロコンデンスリッチファット
(マイクロCRF)注入

マイクロコンデンスリッチファット(マイクロCRF)の注入による目の下のクマ、くぼみの治療方法です。

マイクロコンデンスリッチファット 詳細

下瞼脱脂

下まぶたの裏側(結膜側)を切開し、眼窩脂肪を切除する手術です。

下瞼脱脂 詳細

脱脂注入法

下まぶたの裏側を切開し眼窩脂肪の切除を行い、その切除した眼窩脂肪をへこんでいる部分に注入する方法です。

脱脂注入法 詳細

眉毛下切開法

余剰皮膚を眉毛の下のラインに沿って眉下で切除することで目元をすっきりとさせる方法です。

眉毛下切開法 詳細

重瞼ライン切開法

余剰皮膚を二重ラインに沿って二重より上の部分で取り除くことで目元をすっきりとさせる方法です。

重瞼ライン切開法 詳細

眉毛上切開法

余剰皮膚を眉毛の上のラインに沿って眉上で切除することで目元をすっきりとさせる方法です。

眉毛上切開法 詳細

眼瞼挙筋前転法

眼瞼挙筋の腱膜を前転し瞼板に固定することでまぶたの開きを良くする手術方法です。

眼瞼挙筋前転法 詳細

前頭筋吊り上げ術

大腿筋膜を使って瞼板と前頭筋を接続、額の筋肉(前頭筋)を使って開瞼させるようにする方法です。

前頭筋吊り上げ術 詳細

ウルセラアイ

熱凝固点が治癒していく過程で皮膚、筋肉が引き締まり、目の下のクマ・たるみを改善していきます。

ウルセラアイ 詳細

サーマクールアイ

目の周囲用に設計されたチップで、高周波のエネルギーを皮膚及び筋肉、脂肪へ安全に届けて改善します。

サーマクールアイ 詳細

マドンナリフト

Smartxide DOTを使用したまぶたや顔のリフトアップやスキンタイトニングを得る治療です

マドンナリフト 詳細

ボトックス注射

目尻のしわ、下まぶたの目頭付近に縦方向に入るしわに注射してしわを改善する治療です。

ボトックス注射 詳細

ヒアルロン酸注入

目の下のクマ、くぼみ目、目元のしわに注入してしわを改善する治療です。

ヒアルロン酸注入 詳細

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約