- Face design -眉毛下切開法

眉毛下切開法とは?

眉毛下切開法

皮膚の余りを眉毛の下のラインに沿って眉下で切除することで目元をすっきりとさせる方法です。
元々の自然な目の印象を保ちつつたるみを解消できるこの方法の利点が高く評価されるようになり、この方法は上まぶたのたるみを取る手術として近年多く行われるようになっています。
まぶたの厚みも軽減されますので、まぶたが厚ぼったい人には特におすすめの手術です。

この施術の適応となる方

この施術の適応となる方
  • 上まぶたの皮膚のたるみが気になる方
  • 上まぶたが目にかぶさって目が小さく見えてしまう方
  • 三角目の方
  • あまり目元の印象を変えたくないが、上まぶたのたるみを取りたい方
  • まぶたが厚ぼったい方でまぶたのたるみを改善したい方

眉毛下切開法の特長

特長1

自然なまぶたを演出
二重自体は触らないため、元々のご自身のまぶたの印象を損なうことなくたるみを改善します。

特長2

まぶたの厚みが減りスッキリした印象に
皮膚と同時に皮膚に裏打ちしている脂肪も一塊で切除するため、まぶたの厚ぼったさが減ります。

特長3

まぶたが開きやすくなる効果もアリ!
まぶたの皮膚が上に持ちあがることで重さが取れ、まぶたの開きも改善することが多いです。

特長4

ダウンタイムが短め
二重のラインを切開して行う術式に比べると腫れなどは早く引きます。

仕上がりにこだわるエースクリニックの技術

たるみ方の違いに応じたこだわりのデザイン

たるみ方の違いに応じたこだわりのデザイン

一口に上まぶたのたるみと言っても、たるみ方は人によりかなり違いが見られます。ある人は上まぶた全体でたるんでいたり、ある人はまぶたの外側だけがたるんでいたりします。当院では仕上がりの自然さにこだわるため、そのようなたるみ方の違いを考慮して切除デザインを決めています。

自然な眉毛の流れを残す切開

自然な眉毛の流れを残す切開

切開線は眉毛のすぐ下のところに置きます。眉毛は皮膚に対して垂直に生えているわけではないため、眉毛の毛根を切断しないようにメス刃をやや寝かせて斜めに切開します。
それによりその部位の眉毛の流れが保たれ自然な仕上がりとなります。

傷跡を極力目立たなくする細心の縫合

傷跡を極力目立たなくする細心の縫合

傷跡を極力目立たなくするための形成縫合を細心の注意で行います。そのため時間が経過したときの傷跡はあまり目立ちません。

施術方法

STEP1 デザイン

上まぶたがどのようにたるんでいるかを見極め、それに応じたオーダーメイドなデザインを行います。
目の外側が垂れて三角目のようになっている場合は、それに合わせた紡錘形のデザインを行います。
目の内側から外側まで全体的に下がっている場合はS字のデザインを行い、眉毛がハの字になりにくいデザインを施します。

眉下切開法のデザイン

STEP2 麻酔

皮膚切開部位に局所麻酔を行います。痛みに弱い方やなるべく無痛で行いたい方は、静脈麻酔(点滴の麻酔)を行うことで眠っている間に局所麻酔~手術まで全てを行うことができます(別途料金)。

STEP3 手術

デザインに従って皮膚の余りを切除していきます。皮膚に裏打ちしている脂肪も同時に切除します。
傷跡がなるべく目立たないように、真皮縫合(皮膚の中で縫う)を丁寧に行い、最後に皮膚縫合を行います。

眉下切開法手術の流れ1

眉下切開法手術の流れ2

施術のポイント

   
手術時間 約1時間。
麻酔方法 局所麻酔。希望により静脈麻酔を併用(別途料金)。
ダウンタイム 腫れは1~2週間程度です。
皮下出血がある場合は2~3週間程で引きます。
術後の診察 7日後に抜糸にお越しいただきます。
メリット 二重部分を触らないので元々の自然な目の印象が保てます。
デメリット 最終的には傷はあまり目立たなくなりますが、術後しばらくは傷の赤みをお化粧等でカバーする必要があります。
リスク・副作用 出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、仕上がりの左右差、傷が盛り上がる、へこみができるなど。

組み合わせると効果的な施術

埋没法

眉毛下切開で上まぶたのたるみを取り、二重幅も大きくすることで、よりパッチリした目元を作ることができます。

詳しくはこちら

眼瞼挙筋前転法

眼瞼下垂(まぶたの開きが悪い状態)がある場合はまぶたの開きを良くする手術と組み合わせるとより若返った印象が強くなります。

詳しくはこちら

施術を受けられない方

  • 妊娠している方、妊娠の可能性のある方、授乳中の方
  • 上まぶたに感染性の皮膚疾患のある方
  • 血液の凝固を阻害する薬を服用されている方
  • ドライアイのある方

よくある質問

施術後の腫れはどれくらい続きますか?
眉毛下切開法の場合、二重の部分を触らないため、腫れはそれ程長引かないことが多いです。1週間程度で大きな腫れは引いていると思いますが、2週間くらいみておくと安心かと思います。
お化粧はいつからできますか?
眉毛のところのお化粧は抜糸翌日から可能です。抜糸は通常7日後に行います。その他の部位は施術直後からお化粧していただけます。
傷跡は目立ちますか?
眉毛下切開法の場合、最終的な傷はほとんどわからない程度になることが多いです。ただし手術後間がないときは傷が赤いため、女性の場合はお化粧などでカバーされると良いでしょう。

症例紹介

眉毛下切開法

Before
After
施術の解説 眉下切開法にて治療。眉下の傷はお化粧をするとほとんどわからないことが多いです。
治療回数 1回
施術のリスク・副作用 出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、仕上がりの左右差、傷が盛り上がる、へこみができるなど。
施術の総額費用 300,000円

眉毛下切開法

Before
After
施術の解説 眉下切開法にて治療。眉下の傷はお化粧をするとほとんどわからないことが多いです。
治療回数 1回
施術のリスク・副作用 出血・血腫、感染・化膿、アレルギー・アナフィラキシー、しわが増えたと感じる、仕上がりの左右差、傷が盛り上がる、へこみができるなど。
施術の総額費用 300,000円

その他の症例写真はこちら

料金表

※料金は税抜き表示です。

施術 料金
上まぶたたるみ取り
(眉毛下切開法、重瞼ライン切開法、眉毛上切開法)
300,000円
スーパープレミアム埋没法(両目各3点) 140,000円
眉毛下切開法+スーパープレミアム埋没法(両目各3点) 398,000円

その他の料金表はこちら

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約