- Skin design -AAPE

AAPEとは?

メソセラピーによるお肌の若返り治療

AAPE人間の細胞は、周囲の細胞の増殖、分化、機能の発現や停止、細胞死等を厳密に制御し、正常な働きがなされるよう維持されています。こうした細胞同士のコミュニケーションは、サイトカイン(細胞間情報伝達分子)を介して行われています。AAPEは培養脂肪幹細胞由来のサイトカインを多く含む製剤で、これを皮膚に注射することでお肌の若返りを図るものです。2006年頃からアメリカ・ヨーロッパ・アジア各国で治療が開始され10年以上の歴史があります。

痛みのほとんどないメソインジェクターU225と高相性

メソインジェクターU225 薬液の注入を均一な深さと量にコントロールできる高性能のメソガン「メソインジェクターU225」を使うことでダウンタイムのほとんどない治療が可能です。U225を使用してAAPEを注入する施術はフレンチショットスキンリニューという名称でお肌の美白、毛穴の開きの改善、タイトニングと肌の潤いを回復する施術として人気が高まっています。

適応

以下のような方にAAPEはおすすめです。

施術の流れ

カウンセリング
カウンセリング
カウンセリングではお悩みの点を詳しく医師にお話しください。その上で経験豊富な医師が患者様にあった治療をご提案させていただきます。AAPEはお肌の衰えを感じる方や美白を求めている方、毛穴を引き締めたい方に幅広く適応のある施術です。
洗顔
洗顔
施術前にメイクや汚れををしっかり落とします。
麻酔
麻酔は不要
ヴィタールインジェクターを使用する場合は麻酔クリームによる表面麻酔を行います。メソインジェクターU225を使用する場合はメソ治療の中でも痛みは最小限のため麻酔は不要です。
注入
フレンチショットスキンリニュー施術風景
専用の器械「メソインジェクターU225」または「ヴィタールインジェクター」を使ってお肌を回復したい部分に薬剤を注入していきます。
アフターケア
アフターケア
出血はあってもごくわずかです。翌日には治療痕も目立たないでしょう。
稀にわずかな内出血が生じることがございますが、その場合は1~2週間程度で徐々に軽快します。

副作用

皮下出血
皮膚の浅い層に注入するため施術中の出血はごく微量ですが、皮下出血をすることがあります。この場合約1~2週間で自然に引いていきます。
アレルギー
稀に使用薬剤に対するアレルギー反応(腫れやかゆみなど)が出ることがあります。
感染
稀に皮膚の発赤や痛みが出ることがあります。
赤あざの治療では紫斑は必ず出ますが、赤ら顔の治療では紫斑が出ない程度の出力で行います。
色素沈着
稀に皮膚の色調が濃くなる可能性がありますが、数か月の経過で引いていきます。

施術を受けられない方

  • 妊娠している方、妊娠の可能性のある方
  • 治療部位に感染性の皮膚疾患のある方
  • 抗凝固剤を服用されている方
  • 日焼け直後の方、近々日焼けの予定のある方

よくあるご質問

ダウンタイムはありますか?

フレンチショットスキンリニューはほぼダウンタイムのない治療です。注射による赤みや軽度の腫れは数時間でおさまる程度です。稀に軽度の内出血が生じることがありますが、程度としては軽いためお化粧でカバーできます。
痛みはありますか?

フレンチショットスキンリニューや水光注射ではごく細い針(31G)を使用するとはいえ、注射ですので完全に無痛とはいえないかもしれませんが、施術に伴う痛みはごく軽度ですので心配はいりません。
効果の持続は?

使用する薬剤によっても異なりますが、1ヶ月おきに3回治療を行っていただきますと、効果の持続は約半年くらいと考えられます。その後は何か月かに一度メンテナンスとして治療を受けていただくと効果をキープできます。当院では成長因子を添加した治療をおすすめしておりますが、そちらですと1回の施術で数か月の効果の持続が期待できます。

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約