- Skin design -ベビーコラーゲン注射

ベビーコラーゲンとは?

赤ちゃん肌ベビーコラーゲンは、I型コラーゲンとⅢ型コラーゲンを50:50の比率で配合した世界初にして唯一のヒト胎盤由来コラーゲン注入剤です。これまでにもコラーゲン注入剤はありましたが、従来のものはⅠ型とⅢ型の比率が95:5とⅢ型の割合が少ないものでした。赤ちゃんのときには多く大人になると減ってしまうⅢ型コラーゲンの比率を高くすることで、失われたⅢ型コラーゲンを補充し、赤ちゃんのときの肌に近づけます。ベビーコラーゲンは肌のなじみに優れた注入剤で、ヒアルロン酸などでは治療の難しい目の周りの小じわやクマ、口周りのしわの治療に大変有効です。

コラーゲンとは?

コラーゲンのモデルコラーゲンは、身体を構成する最も重要なタンパク質の一つです。実に身体の全タンパク質の量の1/3を占めています。現在わかっているもので19種類の型が存在し、Ⅰ型、Ⅱ型、Ⅲ型というように分類されています。人間の身体の約20%はタンパク質からなり、その全タンパク質の約30%はコラーゲンです。つまり体の6%はコラーゲンということです。コラーゲンは主に皮膚や靭帯、腱、骨、軟骨などに存在しますが、体内のコラーゲンの40%は皮膚に存在します。また、真皮の70%はコラーゲンから成ります。その一方でヒアルロン酸は1%未満しか含有されていません。つまり、人間の皮膚のほとんどはコラーゲンでできているのです。その皮膚のコラーゲンは主にⅠ型とⅢ型のコラーゲンで構成されます。

Ⅲ型コラーゲンとは?

傷赤ちゃんの皮膚と大人の皮膚とではコラーゲンの組成が全く異なります。赤ちゃんの皮膚ではⅠ型とⅢ型の比率が50:50なのに対して、大人の皮膚では95:5です。大人になるにつれてⅢ型コラーゲンの比率がガクンと下がってしまうのです。そのためⅢ型コラーゲンの量を増やすことで赤ちゃん肌に近づくことができるわけです。また、近年、Ⅲ型コラーゲンが組織の再生に関わっていることが注目されています。創傷治癒の初期段階においてⅢ型コラーゲンが増殖し治癒の土台として働くことがわかってきました。大人になると子供の頃より傷の治りが遅いのはこのⅢ型コラーゲンが減っているからなのです。

ベビーコラーゲン注射の特長

特長1 肌へのなじみに優れる

ベビーコラーゲン注射ベビーコラーゲンは肌へのなじみが大変優れた注入剤です。そのためヒアルロン酸では治療の難しい皮膚の薄い部位(目の周りや額など)や細かいしわ、目の下のクマなどの治療に有用です。また、ヒアルロン酸などは皮膚の薄い部位に浅く入れると青く浮き出て見えてしまうことがありますが(チンダル現象)、ベビーコラーゲンではこのようなことはありません。

特長2 高い安全性

人由来のコラーゲンを原料とし、さらに抗原性を処理したコラーゲンのため、アレルギーを生じる可能性はほぼありません。

特長3 減少する成分をそのまま補う

大人になると失われるお肌の成分そのものを補う治療だから、最も理にかなった治療です。自然な若々しいお肌へと導きます。

適応

基本的に体表面の皮膚であればどこにでも注入することが可能です。主に顔や首のしわ、目の下のクマ、デコルテ、手の甲が治療対象となります。

施術の流れ

カウンセリング
施術の流れ
ベビーコラーゲン注射について、効果、安全性など詳しく説明させていただきます。
洗顔
施術の流れ
施術前にメイクや汚れををしっかり落とします。
表面麻酔
施術の流れ
針刺入時の痛みを軽減するために局所麻酔薬のクリームを30分程塗っていただきます。
ベビーコラーゲン注入
施術の流れ
麻酔クリームを拭き取った後に、しわやクマなどを改善したい部位に極細の針でベビーコラーゲンを注射していきます。表面麻酔を行っていますので痛みはほとんどありません。
アフターケア
施術の流れ
施術後は、施術部位のお肌が赤くなりますが、数時間で目立たなくなります。約6時間後より洗顔・お化粧が可能です。稀にわずかな内出血が生じることがございますが、その場合は1週間程度で徐々に軽快します。

施術を受けられない方

  • 妊娠している方、妊娠の可能性のある方
  • 施術希望部位に感染性の疾患がある方

料金表

※料金は全て税抜き表示です。

項目 料金
ベビーコラーゲン注射 1本 120,000円

その他の料金表はこちら

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約