- Skin design -レーザートーニング

レーザートーニングとは?

セレックレーザートーニングはダウンタイムなく肝斑やお肌のくすみ、毛穴の開きなどを改善する施術です。
シミの治療にレーザーが使用されるようになってから20年の歴史がありますが、レーザートーニングが開発される以前は肝斑に対してレーザー治療を行うことができませんでした。肝斑はデリケートなシミで、肌への刺激が強いレーザー治療はかえって肝斑を悪化させてしまうからです。
レーザートーニングでは、Qスイッチヤグレーザーをごく弱いパワーに設定し、たくさんのショット数をお肌に照射します。これにより肝斑を刺激せずに少しずつ溜まったメラニンを除去していきます。
お顔の肝斑やシミくすみだけでなく、首やデコルテ、手背、ひじ、ひざ、お尻などの黒ずみなどに照射して症状を改善させることも可能です。
また、レーザートーニングを定期的に受けるとお肌のコラーゲンが増加し、小じわの改善にもつながります。

レーザートーニングの仕組み

トップハット型ビームプロファイルがポイント!

レーザートーニングはQスイッチヤグレーザーを弱くたくさん照射するという治療ですが、ここで重要になってくるのがビームプロファイルです。レーザーは通常円形に照射されますが、その円の中心と辺縁ではレーザー光の強度は異なります。中心から辺縁まで均一に照射されるものをトップハット型、中心から辺縁に行くに従って強度が減ってしまうものをガウシアン型ビームプロファイルと呼びます。
肝斑に対してレーザートーニングを行う場合、トップハット型ビームプロファイルであることが非常に重要です。ガウシアン型の場合均一な強度でのレーザー照射が困難なため、ある所は弱すぎ、ある所は強すぎ、という状態になってしまいますが、これではデリケートな肝斑に照射するレーザーとしては不適となります。トップハット型であれば、均一にレーザーが照射されるため、肝斑を刺激せずに安全に照射できるというわけです。
実際はトップハット型のレーザーというのは技術的に難しく、利用できるようになったのは比較的最近のことです。そのためレーザートーニングは最新の機種でなければ行うことができません。

従来のシミ除去レーザーガウシアン型 レーザートーニングトップハット型
ビーム
プロファイル

均一に照射されずパワーにムラがあるため、強く照射された部位の肝斑を悪化させてしまう。

均一なパワーで照射されるので、肝斑を悪化させることなく、効果的にメラニンを除去できる。

イメージ

レーザートーニングの特長

特長1 ダウンタイムのない治療

美肌作りのために定期的なレーザートーニングは大変有効です。ダウンタイムのない治療のため、お仕事をなさっている方にも継続しやすい治療です。また、痛みもほぼないためストレスがありません。

特長2 肝斑でお悩みの方におすすめ

薄い肝斑から難治性の濃い肝斑まで、肝斑でお悩みの方に幅広く適応があります。

特長3 各種治療が組み合わさると効果が大幅アップ

レーザートーニング単体でも効果がありますが、イオン導入やエレクトロポレーションなどの経皮導入や、内服薬、外用薬などと組み合わせると相乗効果が期待できます。

特長4 総合的に優れた美肌効果

肝斑だけではなく、お肌のシミくすみ、黒ずみ、毛穴の開き、肌のキメの乱れなどお肌のトラブルを改善します。総合的な美肌治療にお使いください。

治療の対象

レーザートーニングはお肌がくすんだ状態の改善に幅広く適応があります。
また、皮膚のコラーゲンを増加させる作用により、皮膚のキメを整えたり毛穴を目立たなくする作用も期待できます。

施術の流れ

洗顔
施術の流れ
お化粧をした状態ではシミ肝斑の様子が観察できないため、(お化粧をされている方は)診察前に必ず洗顔をしていただきます。また、施術に際してはほんのわずかな量の顔料であってもレーザー光に反応しますので、入念にお化粧を落としてください。
カウンセリング
施術の流れ
シミ・肝斑の状態を医師がチェックします。肝斑や肌のくすみなどがあるとレーザートーニングの適応となります。レーザートーニングについての詳しい説明をさせていただきます。疑問点や不安な点があれば遠慮なくご質問ください。
レーザートーニング照射
施術の流れ
カウンセリング後治療を希望された場合、当日の施術も可能です。レーザートーニングはダウンタイムのない治療ですので、当日施術を希望される方も多いです。
レーザートーニングの施術中は皮膚の表面が少し温かい感じや少々チクチクする感じがありますが痛みはほぼありません。レーザー照射時間は約10分です。
経皮導入
施術の流れ
レーザートーニング後は治療効果をより高めたい方は経皮導入治療を組み合わせると良いでしょう。経皮導入治療では美肌・美白効果のある薬剤をお肌に浸透させていきます。当院では経皮導入治療としてトラネキサム酸イオン導入メソアクティスの2つの施術を行っております。これらの施術はレーザートーニングで少し刺激されたお肌を沈静させる作用も併せ持ちますので大変おすすめです。
アフターケア
施術の流れ
施術後は若干の肌の赤みがありますがお化粧をしてお帰りいただけます。
紫外線対策は重要です。日常では日焼け止めを必ずしてください。
レーザートーニングはその性質上、1回の治療で効果を出すというものではありませんので、2週間に1回の頻度で5~10回の施術をおすすめ致します。

副作用

レーザートーニングは極めて安全性の高い施術です。当院においても副作用が出るケースはほぼゼロですが、以下の副作用が稀に起こり得るとされています。

色素沈着
レーザートーニングはレーザーを弱く照射していますが、それでもレーザーが肌に刺激となって色素沈着が起こり、メラニンが増えて肝斑が増悪したように見える状態です。このような場合は、皮膚への刺激を避けていれば徐々に引いていきます。
色素脱失
周囲の皮膚よりもメラニンが抜けすぎてしまい白く見える状態です。
肌あれ
稀にレーザートーニング照射後にニキビが悪化したり、肌荒れのような症状を一過性に来たすことがあります。内服薬や外用薬を使用することにより速やかに治癒していきます。

当院ではレーザートーニングの黎明期より多くの症例を経験していますが、今のところ色素沈着や色素脱失のような副作用の経験はありません。肌あれはこれまでに1人起こった方がいらっしゃいましたが、特に問題なく治癒しています。

施術を受けられない方

  • 妊娠している方、妊娠の可能性のある方
  • 過度に日焼けをしている方
  • 過度の敏感肌の方
  • 光線過敏症の方、光線過敏症を起こす薬を服用されている方
  • 肌荒れのひどい方
  • 感染性の皮膚疾患の方
  • 光線によりてんかん発作が誘発される方

レーザートーニングについてのよくある質問

レーザートーニングは痛いですか?

レーザートーニングは痛みを伴いません。施術中は皮膚の表面がパチパチする感じです。人によっては若干チクチクした感じがあるかもしれませんが、苦痛を伴うものではありません。ストレスのない治療ですのでご安心ください。
ダウンタイムはありますか?

レーザートーニングは全くダウンタイムのない治療です。施術後は皮膚にマイルドな赤みが出ますが、30分~数時間で消失します。施術後そのままお帰りいただいても、お化粧をしてお帰りいただいても構いません。
施術後に気をつけることはありますか?

他のレーザー治療同様に紫外線対策を万全に行ってください。日焼け止めを必ず行う必要があります。また保湿も十分に行うと良いでしょう。その他は特に必要な処置はありません。
何回くらいの治療が必要ですか?

レーザートーニングは肝斑や総合的な美肌作りには非常に有効性の高い治療ですが、マイルドな治療であるため、十分な効果を実感できる回数には個人差があります。一般的には2週間おきに5~10回程度の治療回数を想定されると良いでしょう。非常に濃い肝斑の場合や高い美白レベルを目指して治療される場合などはこれ以上の回数を要することもあります。
リスクはありますか?

レーザートーニングは数あるレーザー系治療の中でも安全性が最も高い施術の1つです。当院において、レーザートーニングで重大な副作用が起こったことは皆無ですし、ちょっとした副作用というのもここ数年間起こっていません。可能性ということでいえば、稀に一時的な肌荒れが生じることがあります。また、色素脱失や色素沈着も起こり得るとされていますが、当院の施術プロトコールでは発生したことがありません。

症例紹介

シミ レーザートーニング

施術前
施術後
施術の解説 ,治療前は濃い肝斑が両頬骨の突出部を中心にありました。また老人性色素斑も点在していました。
レーザートニングとレーザーフェイシャルの合計10回と内服薬で肝斑、色素斑ともに著明に改善しました。肌全体もくすんだ状態から透明感のある白い肌に生まれ変わりました。治療期間は約三ヶ月です。

その他の症例写真はこちら

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約