- Skin design -ハイドロキノン

ハイドロキノンとは?

ハイドロキノン分子式

ハイドロキノンは一般的にはヒドロキノンとも呼ばれる化学構造的に還元力の強い物質で、写真の還元剤として用いられていました。メラニン色素の漂白作用があることがわかり、現在では化粧品の成分として使用されたり医師の処方する美白剤として使用されています。

当院で使用しているハイドロキノン製剤

マリアンナメッドHQエッセンスC

ハイドロキノンは元来皮膚に浸透しにくい性質を持っています。ハイドロキノンの持つ薬理効果を最大限に発揮するために皮膚内に効率良く浸透させる経皮吸収促進剤「ナノキューブ」技術を用いて製造されている「マリアンナメッドHQエッセンスC」を処方しています。

ハイドロキノンの働き

ハイドロキノンは、非常に強い美白作用がある成分で、シミの原因であるメラニン色素を合成するチロシナーゼの働きを阻害する作用と、メラニン色素そのものを淡色化する還元作用を有する。即効性が高く、メラノサイトの働きを阻止して美白に導くことから「肌の漂白剤」とも呼ばれている。ただし、ハイドロキノンは不安定で酸化されやすい性質であるため、変色した製剤を使用すると、かぶれ、アレルギーによる接触性皮樋炎を起こす危険性がある。以前はハイドロキノンを使用する場合、医師の処方箋が必要だったが、薬事法の改正により2002年から市販化粧品への配合が認可され、現在では店頭や通信販売などで購入できるようになっている。
医薬品として販売しているハイドロキノン配合外用剤は、配合量4%以上の製品が多く、白斑など肌トラブルの原因になる場合も少なくない。また、抗生剤やトレチノイン、ビタミンC等、混合して製剤化している場合が散見されるが、ハイドロキノンは還元効果の高い薬剤であるため、配合されている他の薬剤を還元し、自らは酸化して変色するため、配合及び使用に関して注意が必要である。

治療の対象

ハイドロキノンはお肌のメラニンの増加した状態に幅広く適応があります。ハイドロキノン単体で治療を行うことも有効ですが、各種レーザー治療やトレチノイン療法と組み合わせると症状の改善効果が高いです。

副作用

ハイドロキノンは歴史も古く長く使用されている薬ですが、稀に以下のような副作用が生じることがあります。

接触皮膚炎
いわゆるかぶれです。3~4%程度の人に生じると言われています。かゆみを伴う発赤、腫脹が出現します。顔にハイドロキノンを使用する前には必ずパッチテストを行います。
白斑
周囲の皮膚よりもメラニンが抜けすぎてしまい部分的に白く見える状態です。5%以上の高濃度のものを長期間使用すると生じることがあるとされています。当院で使用しているハイドロキノンは高浸透型のため低濃度で安全性は高いです。

ハイドロキノンを使用できない方

  • 妊娠している方、妊娠の可能性のある方
  • 過去にハイドロキノンを使用して皮膚炎症状が出た方
  • 白斑のある方
  • 過度の敏感肌の方
  • 肌荒れのひどい方
  • 感染性の皮膚疾患の方
  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約