- Skin design -トレチノイン

トレチノインとは?

トレチノインとは、ビタミンA誘導体の一種で、レチノイン酸(retinoic acid)のうち二重結合がすべてトランス型をとった、オールトランスレチノイン酸(all-trans retinoic acid)のことを指し、ビタミンA(all-trans retinoid)の生体内での活性本体です。

トレチノインの作用

トレチノインは非常に多様な薬理作用があります。

  • 角質をはがして薄くする(ピーリング効果)。
  • 表皮の細胞の分裂・増殖(ターンオーバー)を促進し、皮膚の再生を促す。(約2週間で表皮が入れ替わる。)
  • 皮脂腺の活動を抑え、皮脂の分泌を抑える。
  • 真皮でのコラーゲン産生を促進し、皮膚のハリ、小ジワ、たるみを改善。
  • 表皮内でのヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を高め、皮膚をみずみずしくする。

使用方法

(1)基礎化粧品などで保湿を行った後、気になる部位にご使用下さい。1日1回入浴後の使用から開始し、必要に応じて1日2回など使用回数を調整します。
(2)卜レチノインとハイドロキノンを併用する場合、ハイドロキノン塗布後乾いた後にトレチノインを塗布します。
(3)目の下、目尻にご使用の際は、目に入らないように十分に気を付けて下さい。万が一、目に入ってしまった場合は、流水で十分に洗い流して下さい。
(4)炎症(発赤)やかゆみが生じます。使用後2~7日前後で出現し1ヶ月くらいで引いていくことが多いです。赤みやヒリヒリ感が強い場合は、2~3日に1回の使用に変更し様子を見てください。目の周囲に使用する場合は、2~3日に1回の使用から開始し、様子を見ながら使用頻度を変更することをおすすめします。
(5)長期に使用すると、徐々に耐性がつき効果が薄れてくる場合があります。その場合は一旦休薬するとまた効果が回復します。
(6)トレチノインは化学的に不安定なため、通常は冷蔵保存します。(当院のトレチノインは常温で保存できますが、直射日光の当たらない環境で保存をお願いします。)

使用時の注意事項

トレチノインは効果の高い外用薬ですが、様々な薬理作用を有するため、以下の点に注意して使用してください。

紅斑などの皮膚刺激感や落屑(らくせつ)

卜レチノイン外用の際、多くの人に生じる症状として、皮剥け(落屑)、紅斑やヒリヒリ感を伴う皮膚刺激があります。これらは通常、使用開始後2~3日で生じます。

保湿ケア

トレチノイン治療中は、皮膚の角質層がはがれますので、皮膚のバリア機能や水分保持機能が弱くなっています。治療部位では水分が蒸発しやすくなり、皮膚が乾いて突っ張ったりします。そのため保湿力の高い化粧水などを使用してください。

紫外線ケア

トレチノイン使用中は、角質層が薄くなっているため、紫外線の影響を非常に受けやすい状態になっています。従って、紫外線のケアが悪いと皮膚にダメージを与え、かえってシミを作ってしまう可能性もありますす。外出時には必ずUVケア(刺激の少ない日焼け止めクリームの使用や帽子、サングラスの着用)をして下さい。特に汗をかく季節には紫外線ケアがおろそかになりますので、日中は頻繁に気を配るようにしてください。最近では内服するタイプの日焼け止めもありますので、塗るタイプと併用するとよりしっかりと紫外線対策ができます。

お化粧

卜レチノインの作用により表皮細胞の分裂と分化が促進されてターンオーバー(代謝)が早くなります。そのため、今まで堆積していた角層の角質細胞が、新しい細胞に急激に押し上げられるため、落屑(らくせつ:皮剥け・力サカサ感)が起こります。落屑が生じているときはリキッドタイプのファンデーションだと皮膚の表面を擦るように塗りつけるため、より落屑がひどくなりがちです。このような場合は、ごく薄くワセリンを塗布した後、皮膚刺激の少ないパウダータイプのファンデーションを使用すると落屑が目立ちにくくなります。落屑は使用後1ヶ月くらいでおさまっていくことが多いです。

使用できない方

  • 妊娠中あるいは妊娠予定のある方とそのパートナーの方
  • 過度の敏感肌の方
  • 肌荒れのひどい方
  • 感染性の皮膚疾患の方

組み合わせると効果的な施術

トレチノインについてのよくある質問

治療期間はどれくらいですか?

1クール3~4ヶ月です。症状が改善した場合、そのまま使い続けるのか、治療を休止するのかは医師にご相談ください。
  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約