- Skin design -サーマクールFLX

サーマクールFLX

サーマクールFLX

切らないたるみ治療器としてすでに高い人気を誇るサーマクール。これまでに全世界80か国以上で100万件以上の症例数を誇り、日本国内でも18万件以上もの症例数がある、たるみ治療の王道とも言えるマシンです。
エースクリニックでも多くの方にサーマクールの施術を受けていただいており、半年に一回、あるいは一年に一回というように定期的にリピートされる方も少なくない施術です。
第3世代機サーマクールCPTの発売が2009年。それから9年の時を経て、ついに待ちに待った第4世代機「サーマクールFLX」が登場しました。
従来機に比べ、より快適に施術が行え、より引き締め効果が高くなりました。多くのサーマクールファンの方々に朗報となる器械です。

サーマクールFLXの基礎知識

サーマクールとは?

サーマクールFLXアップサーマクールとは米国Thermage社の切らないたるみ治療器です。サーマクールは高周波(ラジオ波)を用いた装置で、レーザーなどの光線系エネルギーよりも深部に到達するため、たるみの原因である緩んだ皮膚真皮に働きかけて引き締めることができます。たるみ以外にも小じわや毛穴の開きの改善にも効果があります。
サーマクール登場以前にはフェイスリフト手術などの外科的治療以外にたるみを治療する方法はありませんでした。サーマクールが登場したことにより、手術まではしたくないという人にとってもリフトアップ治療が身近なものになりました。現在では切らないたるみ治療としては最も認知度が高く、リピーターも多い治療となっています。

サーマクールの種類

サーマクールは2002年に初代機「サーマクールTC3」がリリースされてから「サーマクールNXT」(2007年)、「サーマクールCPT」(2009年)、「サーマクールFLX」(2018年)とバージョンアップされてきました。現在の最新機であるサーマクールFLXは他機種と比べ、より施術時の痛みが減り、より熱の伝達効率がより優れています。つまり、より効果が高くなっているけれども痛みは少なく、快適に施術を行える機種になっています。エースクリニックでは最新機種のサーマクールFLX及びサーマクールCPTを導入しています。

サーマクールの仕組み

美容医療機器で使用されるエネルギーには光、レーザー、赤外線など様々なものがありますが、その中でもサーマクールは高周波(RFあるいはラジオ波とも言います)を用いています。高周波は電流の親戚のようなもので、電流と同様に高周波が通過した部分には熱が発生します。高周波照射中は皮膚表面は冷却されているため表皮は守られた状態で、皮膚表面から2.5mm~3mmの真皮層に熱が発生します。これにより大きく以下の2つの反応が起こります。

(1)施術後すぐに起こる反応~コラーゲン線維の収縮による即自的な引き締め効果~

発生した熱により、コラーゲン線維がタンパク変性し収縮することで即自的にキュッと引き締まった効果が得られます。肉を焼いたときに縮む反応と同じと考えていただければわかりやすいでしょう。治療後すぐに実感できる効果です。

(2)ゆっくり時間をかけて起こる反応~創傷治癒過程で起こる長期的なコラーゲンの生成~

一度熱による刺激を受けて変性したコラーゲンが、自然治癒能力により新たなコラーゲンにより置き換わっていく過程でより量を増やしていくことで引き出される作用です。より皮膚が引き締まっていきます。この反応は施術後約1~3ヶ月にわたり続くとされ、これが長期的効果となります。

サーマクールによる皮膚引き締めイメージ

サーマクールFLXの特長

サーマクール最新機種であるサーマクールFLXはそれ以前のものと比べて大きく3つの点で進化しています。

特長1 チップ面積が大きくなり施術時間が短縮

トータルチップ4.0平方cm新しく4.0平方センチのチップが登場し、一度に照射できる面積が増えたことで、治療時間が25%も短縮しました。

特長2 適正エネルギーを投与しながら痛みも緩和

サーマクールFLXの最適化された照射サーマクールFLXでは、毎照射ごとに組織のインピーダンス(抵抗値)を測定します。照射ごとにファインチューニングがされるため、適正なエネルギーが投与されます。また、照射前、照射中、照射後と断続的なクーリングを組み合わせることで痛みが緩和されます。

特長3 均一な加熱、高温が長く持続

サーマクールFLXと従来のサーマクールとの加熱の比較カプトンフレームを採用することで、加熱がより均一となりました。均一な加熱により、組織はむらなく高い温度に到達し、その高温が長く持続します。従来よりも加熱効率が高まったため、熱感はは少なくなりつつ治療効果が向上しました。

サーマクールの効果

しわたるみの効果

  • ほうれい線
  • マリオネットライン
  • 下がった口角
  • あご下のたるみ
  • 首のたるみ
  • 額のしわ
  • 目周囲のしわ
  • 眉毛の下垂

美肌効果

  • キメの荒れた肌
  • ハリを失った肌
  • 脂性肌
  • 毛穴の開き

引き締め・小顔効果

  • ゆるんだフェイスライン
  • たるみで大きくなってしまった顔

以下実際にサーマクールを受けた方の感想です。

効果の持続

サーマクールFLXサーマクールの効果は施術後すぐに現われる即時効果もありますが、真の効果は施術後1ヶ月以降徐々に現われる効果です。施術後1ヶ月~半年にわたって効果が増強し、その後半年~1年ほど持続します。
1回単独の治療でも効果を実感される方が多いですが、回数を重ねるほどに効果が増しますので、半年あるいは1年に1回というように定期的に施術を行うとより高い効果を得られます。

施術の流れ

カウンセリング
カウンセリング
カウンセリングでは患者様のお悩みを医師が丁寧にお伺いします。お悩みの部位や肌の状態をご相談ください。当院ではたるみ治療を多く扱っておりますので、ご希望に沿った範囲で最適と考えられる治療をご提案いたします。
洗顔
洗顔
サーマクールの高周波がしっかりと皮膚に伝わるように、お化粧や皮脂を十分に落とします。高周波が通過する恐れのある金属製のアクセサリー類(腕時計も)は事前に全て外していただきます。
RF照射
RF照射
皮膚に専用ジェルを塗り、その後サーマクールを照射していきます。
患者様の感じる熱感を目安に照射パワーを細かく変えながら照射していきます。照射パワーが高い方が効果も高まりやすいですが、我慢する必要はありませんので、遠慮なく施術感を施術者にお伝えください。施術時間はショット数にもよりますが300ショットで通常約20分です。
アフターケア
アフターケア
サーマクールはダウンタイムのない施術です。照射後は少々のお顔の赤みなどは出ますが、クーリングを施したのちにお化粧が可能です。
サーマクールの効果は一度の施術で1年程度維持されると考えられますが、可能であれば半年に一度、あるいは一年に一度といったように定期的にお受けいただくと効果も高まりますし、たるみの予防にもなります。

副作用

サーマクールは安全性の高い治療ですが、熱を皮膚に伝えるという施術の特性上、以下の副作用が起こり得ます。いずれも重篤なものではなく万が一生じたとしても一時的なものです。

皮膚の発赤
照射後は皮膚に赤みを帯びますが、通常数時間程度で引いていきます。目の周りは発赤が出やすい傾向にあります。
腫脹
サーマクール照射後はわずかにお顔がむくんで感じることがあります。また腫れて感じられる方が稀におられます。
熱傷
ごく軽度のやけどが極めて稀に発生することがあり得ますが大事に至ることはまずありません。

施術を受けられない方

  • 妊娠している方、妊娠の可能性のある方
  • ペースメーカーや埋め込み式除細動器を使用している方
  • 心臓疾患のある方
  • 治療部位に金属プレートを埋め込んでいる方
  • 治療部位に金の糸を入れている方
  • 皮膚に化膿性疾患のある方
  • 治療部位に感染性の皮膚疾患がある方
  • ケロイド体質の方

料金表

※料金は全て税抜き表示です。

項目 料金
サーマクールFLX300ショット 270,000円
サーマクールFLX600ショット 380,000円
サーマクールアイFLX225ショット
【上まぶた または 下まぶた】
180,000円
+ウルセラ40ライン 40,000円
+ウルセラ80ライン 60,000円

その他の料金表はこちら

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約