エイジングケア世代の美容医療 ACE CLINIC

ドクターブログ

切らずに目の下のクマ退治~ウルセラアイとヒアルロン酸注射のコンビネーション治療~44歳女性

目の下のクマ・たるみ治療は毎日5例くらい行っています。
それくらいお悩みの方が多いということです。
実のところ、クマの全くない人というのが稀なのであって、多かれ少なかれクマがある人が普通なわけです。
私見ですが、こんなにクマ治療をしていると世の中の目の下の美的レベルが上がり、
さらに目の下のクマ・たるみの治療を希望する人が増えるのではないかと思ったりもします。
美容医療の普及により、人の見た目年齢の平均値がどんどん若くなっていることを思えば、
結構正しい予測のような気がします。
ほんの10年前までは、今のような精度の高いクマ治療が行われていなかったのですから。

さて、モニター症例を見てみましょう。

切らない目の下のクマ・たるみモニター症例写真施術前
施術前

切らない目の下のクマ・たるみモニター症例写真施術後
施術後

今回のケースは眼窩脂肪が若干ふくらみ始め、その下部のへこみが見られるケースです。
このようなケースは経結膜ハムラ法(通称裏ハムラ法)の非常に良い適応ですが、
今症例では切らない治療を希望されましたので、
眼窩脂肪の膨らみに対してウルセラアイを、
その下部のへこみに対してヒアルロン酸注射を行いました。
ヒアルロン酸は種類の違うものを2種類使用しています。
経結膜ハムラ法(手術)に比べると改善度は下がりますが、
それでもなかなかの改善度です。
これがダウンタイムなくできるのだから、
治療を希望される方が多いわけです。

監修医師

竹内 孝基 院長

エースクリニック名古屋院

VIEW MORE

関連記事

アートメイクを入れるとMRIが受けられないってホント?【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院

アートメイクを入れるとMRIが受けられないってホント?

リップのアートメイクのメリット・デメリット|口唇ヘルペスとの関係性についても解説【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院

リップのアートメイクのメリット・デメリット|口唇ヘルペスとの...

810×350_涙袋

ミラドライの術後経過は?施術後の痛みや腫れについて解説

エースクリニック
名古屋院
アネックス院

エースクリニック名古屋院 / アネックス院

住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-10-25
名駅IMAIビル3F(名古屋院)・6F(アネックス院)
※初診カウンセリングご予約の方は3Fにお越しください。
診療科目 美容外科、形成外科、美容皮膚科
診療時間 10:00~19:00 完全予約制
休診日 日・祝

エースクリニック
大阪梅田院

エースクリニック大阪梅田院

住所 〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1-4-14
芝田町ビル6階
診療科目 美容外科、形成外科、美容皮膚科
診療時間 10:00~19:00 完全予約制
休診日 木・日・祝

オンラインストア

採用情報

エースクリニックYouTubeチャンネル

CONTACT