- Doctor blog -白髪になるとレーザー脱毛できないって知っていますか?

※このページは2019年11月21日に更新されました。

医療脱毛といえば、昔は電気針脱毛が普通でした。痛みが強く時間もかかるものでしたが、レーザー脱毛機が登場し、医療脱毛は痛み、スケジュール、費用のすべての面で気軽に受けられるようになりました。

一方で脱毛したいと思いつつも、思いきれない間に何年も経っているという方も多いのではないでしょうか。ですが、そうやっていつまでも二の足を踏んでいるわけにはいきません。実は、医療レーザー脱毛を受けるにはタイムリミットがあるのです。

レーザー脱毛の仕組みを知っていますか?

皆さんは、レーザー脱毛の仕組みをご存じでしょうか?
メラニン色素に反応させて熱を発生させる仕組みです。レーザーを脱毛したい部位に照射し、毛を作る毛乳頭やバルジ領域の細胞を破壊していくことで生えてくる毛を減らしていきます。

脱毛レーザーは黒い毛を脱毛する

日本人の毛が黒いのは、メラニン色素が豊富に含まれているからです。特にメラニンが多い毛はより黒色が濃く、レーザーが強い熱エネルギーを発生させやすいので、成長期の毛や濃く太い毛はしっかりと脱毛できます。

しかし白髪は、レーザーが熱を発生させるために必要なメラニン色素をほとんど持たない毛です。つまり白髪にはレーザーは反応しません。産毛や金髪は脱毛しづらいとされるのも同じ理由です。

たとえ白髪染めで毛を黒くしても、毛染め剤は毛の表面を黒くしているにすぎません。肝心な毛の中心部と毛根部分にレーザーが反応しないので、残念ながら脱毛効果はないのです。


医療レーザー脱毛にはタイムリミットがある

脱毛しようと考えているなら、やはり医療レーザー脱毛がおすすめですが、ムダ毛が白髪になってしまってはレーザー脱毛できなくなってしまいます。


白髪になる時期は場所によって違う

一般的に白髪が生えてくるのは30代からですが、白髪になる時期は身体の部位によって異なります。鼻毛が一番早く、そのあと頭髪、髭、体毛、眉毛の順に白髪がでてくると言われています。

まだ先と思っていても、白髪は突然生えてくるものです。ムダ毛が気になると思っていたところが白髪になってしまう前に脱毛しましょう。


毛が黒いうちにできるだけ脱毛しておくと負担が少ない

白髪になった後でも永久脱毛ができないというわけではありません。電気針脱毛なら、白髪でも脱毛できます。しかし、レーザー脱毛と比較した場合には、電気針脱毛は痛みが強く、処置も時間がかかります。広い範囲を脱毛する場合は、かなり大変です。


老後を見据えての介護脱毛も増えてきています

脱毛はムダ毛処理という美容面だけの問題ではありません。将来的に介護の負担を減らすため、髭やVIOを処理する”介護脱毛”も人気が高まっています。早いうちから脱毛しておけば、日々の面倒なムダ毛処理からも解放されるメリットもあります。

白髪になる前に医療レーザー脱毛を受けておきましょう

気がついたらいつの間にか白髪が増えていた!ということにもなりかねません。悩んでいるうちにムダ毛が白髪になっていき、レーザー脱毛ができなくなってはもったいないです。鼻毛や頭髪に白髪が出てきたらタイムリミットと考え、できるだけ早くレーザー脱毛をはじめましょう。





この記事の監修

エースクリニック 医師:
浅井裕子 医師

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約