- Doctor blog -ボトックス注射の意外な効果

今回はボトックスの意外な効果の話をします。

ボトックスが感情に影響するというと、どう思われるでしょうか?

心理学の世界には
顔面フィードバック仮説」というのがあります。

これは、何らかの刺激により脳が「楽しい」と判断したら
顔の表情筋に笑顔を作るように指令が出されますが、
このときの表情筋の動きの情報が脳にフィードバックされることで
より「楽しい」という感情が起こるという仮説です。

つまり卵が先か、鶏が先かというようなもので、
感情が先か表情が先かという話ですね。

うれしいことや楽しいことがあると自然に笑顔になり、
腹が立つことがあれば怒った表情になりますね。

それとは逆に、笑顔を作るとうれしくなったり楽しくなったりし、
怒った表情を作ると腹が立つというように
表情が感情をコントロールするこも可能であるということです。

ということは、怒ったときなどにしかめっ面を作る皺眉筋(眉間の縦じわを作る筋肉)を
ボトックスにより麻痺させることで、
怒りの感情を遮断することができるのではないか?

この答えはイエスなのです。
詳細ははぶきますが、これは実験的にも確かめられています。

また、これと同じ理屈で
ボトックスがうつ病の症状を軽減する可能性も報告されています。

悲しい表情ができなくなるからですね。
いつも怒っている、いつも憂鬱そうにしている方は
眉間の縦じわにボトックスを注射するといいと思いますよ。
きっと気分が晴れやかになることでしょう。

この記事の監修

エースクリニック 院長:
竹内孝基 医師

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約