- Doctor blog -コンデンスリッチ豊胸(1)

豊胸術は大きく分類すると
(1)バッグインプラント)挿入
(2)脂肪注入
(3)ヒアルロン酸注入
があります。

どの方法も一長一短があると思います。
(1)インプラント挿入では、
非常に大きな異物を体内に入れることによるデメリットがあり、
仮にバッグが破損しなかったとしても、年を取って体が痩せ衰えたときは、
自己の周囲組織とのミスマッチを引き起こします。
簡単に言えば、自分は年を取るけれども、
人工物であるインプラントは年を取らないということです。
そのため、バッグインプラントを入れた場合、
一生メンテナンスのことを考えないといけないわけです。

(2)ヒアルロン酸注入では、
簡単にバストアップできるというメリットがありますが、
注入したヒアルロン酸は分解吸収されてしまうため、
持続性という点で難があります。

(2)脂肪注入では、
脂肪吸引を行って脂肪を採取する必要がありますが、
定着した脂肪は、半永久的にその部分に残るというメリットがあります。
脂肪なので、触った感じも非常にナチュラルで、
脂肪でバストアップができるのであれば、
この方法に勝るものはないと思います。

もちろん、
注入した脂肪のうちそれくらい定着するかが予測しにくい、
注入した脂肪が壊死した場合にしこりとなって触れることがある、
と言った問題点もあります。

この記事の監修

エースクリニック 院長:
竹内孝基 医師

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約