- Doctor blog -下まぶたたるみ取り(ハムラ法)のモニター症例

手術前 



術前



手術後 



 術後



当院では二重の手術の次に症例が多いのが下まぶたの手術です。
この症例では、眼の下が袋状に突出している状態、いわゆる目袋とかbaggy eyelidと呼ばれる状態を大変気にされておりました。確かに非常に目袋の突出は強いです。
目袋は程度の差はありますが、中年期以降ではほとんどの方に見られる下まぶたの加齢変化です。この目袋の正体は眼窩脂肪と呼ばれる脂肪です。そのため、このような症例に対して眼窩脂肪を切除するという考え方は非常に自然です。しかし、眼窩脂肪を単純に切除するという方法では見た目を改善することができません。なぜなら眼窩脂肪の下の部分がへこんでいるためです。このような場合、ハムラ法という眼窩脂肪を移動させる方法がベストです。
手術後は非常に見た目が改善します。横から見ても平らになったことがわかりますね。
目の近くの手術だから怖いと思う方も多いかもしれませんが、静脈麻酔をすればほとんど寝ている間に終わってしまいます。

この記事の監修

エースクリニック 院長:
竹内孝基 医師

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約