- Doctor blog -セルリバイブジータ モニター症例

若いときはまぶたの腫れぼったさに悩んだ方も、年をとるにつれてまぶたのくぼみが気になりだします。くぼみが強いとまぶたを開けにくくなり、肩凝りや頭痛、眉間の深いしわの原因になったりもしますので深刻な悩みとなっている方も多くいらっしゃいます。上まぶたのくぼみの治療には(自分の)脂肪やヒアルロン酸、最近ではPRP(血小板)が使われますが、どの治療が一番良いかというと、圧倒的にPRPが良いです。まず、この部位への脂肪注入は当院ではまず行いません。脂肪は粒子が大きいので、慎重に慎重を重ねて注入しても、注入した脂肪がぽこっとして見えたりやや不自然になりがちです。また、脂肪を注入する際に使用する針は太いので皮下出血が出やすく長引きやすいです。ヒアルロン酸はというと、見た目やダウンタイムは脂肪に比べればかなり優れていますが、それでも少しぽこっと見えることはありますし、もちの面でやや短いといえます。PRPは見た目、ダウンタイム、もち、いずれも他の方法に比べて圧倒的に優れています。そのため当院では上まぶたのくぼみにはほぼ100%、PRPをおすすめしています。
今日もモニターの方の診察がありました。
                   施術前

両方のまぶたがくぼんでいます。特に左はかなり強くくぼんでいるため、二重がほぼ消えかかっています。
上まぶたがくぼんでいる方は通常、下まぶたや目尻もくぼんでいるので上まぶた~目尻、下まぶたへとぐるっと一周するような感じでPRPを注入することにしました。
           施術直後

上まぶた、目尻、下まぶたにかけてPRP3ccを注入しました。直後はこのように注入部位が若干赤くなります。施術前は左のくぼみが非常に強く二重も消えかかっていたため、二重が弱くなっていて、左の二重がやや浅い印象です。
           施術後1週間

左がまだ若干くぼんでいるようです。右はちょうど良いくらいにふくらみましたが、皮膚のたるみが生じています。くぼみが解消されると、それまでくぼみに取られていた皮膚がかぶさってくるため、たるんで見える場合もあります。
下まぶたもクマが消え、外側の部分もふっくらして非常に若返っています。
今後の方針としましては、左の二重が浅いため二重をしっかりさせて、右はもう少し時間がたてばもっとすっきりしてくるので、様子見としています。今後も順次写真をアップしていきます。

この記事の監修

エースクリニック 院長:
竹内孝基 医師

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約