エイジングケア世代の美容医療 ACE CLINIC

ドクターブログ

ジュビダームビスタ®ボルベラXC~唇のボリュームアップに最適!皮膚の薄い方のしわやマリオネットラインにも!

※このページは2018年12月5日に更新されました。

ヒアルロン酸製剤が日本で使用されるようになってかれこれ20年の月日が経ちます。

2014年にジュビダームビスタ®ウルトラ(以下ウルトラ)ジュビダームビスタ®ウルトラプラス(以下ウルトラプラス)が日本国内における承認薬として発売されてからは、日本のヒアルロン酸製剤の市場は、アラガン・ジャパン社の独断場となった感があります。

ジュビダームビスタウルトラ・ウルトラプラス

そうは言ってもウルトラやウルトラプラスは自体は実はそれほど良いヒアルロン酸でもなく、正直ボチボチと言ったところでしたが、今から思えば他に選択肢がないので仕方なく使っていたようなものでした。

ところが、2016年12月にジュビダームビスタ®ボリューマXC(以下ボリューマ)が承認薬として発売されてから急速に日本におけるヒアルロン酸市場は変化していきました。

ジュビダームビスタボリューマXC

一言で言うなら、リフト力がありながらも硬くなく滑らかなヒアルロン酸の登場で一世を風靡したのです。
それまでのヒアルロン酸は「リフト力が強い=硬い=ボコボコしやすい」というのが常識で、「リフト力が強いのに硬くなくボコボコしにくい」というのは常識外だったのです。

ただ、それでもボリューマだけでお顔のエイジングの様々なお悩みに対して治療できるわけではありません。私たち臨床の美容医療に携わる医師は、あまたあるヒアルロン酸製剤の中から「これは!」と思うものをピックアップし(主に海外から輸入)、ボリューマだけではカバーしきれない分野に使用していました。

そのような状況の中、2018年8月、ジュビダームビスタ®ボリフトXC(以下ボリフト)が登場し、ボリューマよりも柔らかくリフト力がそこそこあるヒアルロン酸を国内承認薬として使用できるようになりました。これらボリューマ、ボリフトの2種類が使えるようになり、かなりの部分のアンチエイジングのお悩みに対処できるようになりました。

ジュビダームビスタボリフトXC

しかし、それでもなお、ボリューマ、ボリフトだけではなかなか対応が難しい部位やケースもあり、さらに柔らかくリフト力がそこそこ保たれている製剤が出ないものかと思っておりましたが、ついにそのヒアルロン酸がやはりアラガン・ジャパンから発売される見通しのようです。

その名前は……ジュビダームビスタ®ボルベラXC(以下ボルベラ)

ジュビダームビスタ ボルベラXC

すでに2018年10月26日に厚生労働省により製造販売承認を取得しています。恐らく、これ個人的な予想ですが、2019年の3~6月あたりに発売となるでしょう。

ボルベラはボリフトよりさらに柔らかい製材で、使用目的は微細な顔面のしわやへこみ、口唇増大となるようです。

発売されてから使ってみないことにはわかりませんが、私個人的にこのヒアルロン酸にはかなり期待をしています。まだ、日本では発売されていませんが海外ではすでに発売されているヒアルロン酸ですので、個人的に取り寄せて、自分の顔に注射して色々と実験してみたいと思います。使用感などわかったらまた記事でお知らせしますね!

監修医師

竹内 孝基 院長

エースクリニック名古屋院

VIEW MORE

関連記事

アートメイクを入れるとMRIが受けられないってホント?【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院

アートメイクを入れるとMRIが受けられないってホント?

リップのアートメイクのメリット・デメリット|口唇ヘルペスとの関係性についても解説【エースクリニック】名古屋院・大阪梅田院

リップのアートメイクのメリット・デメリット|口唇ヘルペスとの...

810×350_涙袋

ミラドライの術後経過は?施術後の痛みや腫れについて解説

エースクリニック
名古屋院
アネックス院

エースクリニック名古屋院 / アネックス院

住所 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-10-25
名駅IMAIビル3F(名古屋院)・6F(アネックス院)
※初診カウンセリングご予約の方は3Fにお越しください。
診療科目 美容外科、形成外科、美容皮膚科
診療時間 10:00~19:00 完全予約制
休診日 日・祝

エースクリニック
大阪梅田院

エースクリニック大阪梅田院

住所 〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1-4-14
芝田町ビル6階
診療科目 美容外科、形成外科、美容皮膚科
診療時間 10:00~19:00 完全予約制
休診日 木・日・祝

オンラインストア

採用情報

エースクリニックYouTubeチャンネル

CONTACT