- Doctor blog -お肌に余分な角質がたまる原因は?
気になる毛穴のつまりについても解説します

今回は、お肌について少し詳しく勉強してみましょう。
肌(皮膚)は、私たちの体の外側を覆っている組織で、「最も大きな体の組織」ともいわれています。皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3つの層からできていて、たくさんの細胞でできています。そのうち表皮は最も外側にある層で、厚さは平均0.2mm程度しかありません。その表皮のなかでも一番外側で外界に直接さらされているのが「角質」層です。
角層は、角質細胞という核のない細胞が層状に重なってできています。角質層の役割はとても重要で、水分を保持し、紫外線や外界の異物(汚染物質や微生物など)が体内に入らないように保護しています。お風呂に入っても水が体に入ってこないのは、この働きがあるからです。これを、「バリア機能」といいます。私たちが使うスキンケア化粧品が浸透するのは、この角質層です。

絶えず生まれ変わる表皮

イメージ

表皮は、絶えず生まれ変わっています。表皮の最も下の部分にある「基底細胞」は細胞分裂を繰り返し、次第に上昇して約2週間で角質層となり、さらに2週間角質層にとどまって肌を保護します。その後、垢やフケとなって自然にはがれていきます。このサイクルを「ターンオーバー」といいます。

ターンオーバーは約4週間の周期で起こりますが、このリズムが皮膚にとってはとても大切です。リズムが乱れると、角質が剥がれ落ちずに必要以上に肌の表面に蓄積してしまうことになります。余分な角質はくすみやざらつきの原因となり、毛穴では皮脂と混ざり合って頑固な角栓(かくせん)となってしまいます。
この角栓というのが、やっかいです。そのままほっておくと、皮脂の酸化によって変色して黒ずみ、毛穴が広がる原因ともなります。

「ターンオーバー」の乱れを引き起こす要因とは

では、どんな原因によって、ターンオーバーの乱れが引き起こされるのでしょうか。

① 紫外線
紫外線を浴びると、肌の内部をそのダメージから守るため角質層が厚くなります。紫外線に当たると活性酸素が生じるために皮膚細胞が傷つけられ、肌の弾力やうるおいが失われ、ひいては老化現象を引き起こすことにもなります。

② 乾燥
空気が乾燥すると角質の水分量が少なくなり、肌内部に十分な水分を保つことができなくなり、バリア機能も損なわれてしまいます。そうなるとバリアを増強させようとして皮膚が働き、角質の肥厚につながります。

③ 摩擦による刺激
過度な洗顔やマッサージなどで肌をこすると、汚れとともに必要な角質もはぎとってしまいます。そうすると、皮膚のバリアが破壊され炎症が起こるため余計に角質を厚くしようと表皮が働きます。だから、汚れや角栓を取り除こうとすると、かえって逆効果になることも多いのです。ことに毛穴の周囲はダメージを受けやすく、繰り返し刺激を受けることで毛穴の周囲が角化し、毛穴が目立つようになってしまいます。

④ 内面的な要因
睡眠不足やストレス、ホルモンバランスなどの内面的な要因によっても、ターンオーバーの周期が乱れます。

ピーリング作用で効果的に古い角質を取り除く「ハイドラフェイシャル」

イメージ

ひとたび蓄積してしまった角質は、皮膚に刺激を与えないように取り除くことが大切です。エースクリニックの「ハイドラフェイシャル」は保湿しながら角質を削り取ることのできる機器で、ほかに類を見ないものです。レーザーや光治療機器ではできない、お肌表面の汚れや毛穴につまっている古い角質をしっかりと落とす”ディープクレンジング”機能を併せ持っています。
特に、トリートメントの全工程をお肌に潤いを保ちながら行うことができるのが大きな特長で、有効成分を多く含んだ溶剤を皮膚に補給しながら、スパイラル構造の水流が皮脂やお肌の汚れを浮かして毛穴の奥までしっかり洗浄します。お肌に優しく、ダウンタイムの少ない施術のため、術後すぐに肌のしっとり感、つるつる感、毛穴の引き締まり感を実感することができるのも人気の理由です。
表皮細胞の新陳代謝を促すピーリング作用により、お肌にストレスをかけずに輝きのある肌へと導きます。術後に赤くなったり腫れたりすることがないため、予定の合間などに施術をお受け頂くお客様も多くいらっしゃいます。定期的に受けやすいので、お肌のメンテナンスにおすすめの治療です。

ハイドラフェイシャルは、こんな症状に効果的です。

① 毛穴の開き・黒ずみ・皮脂詰まりの改善
ハイドラフェイシャルは毛穴の問題解決に大変効果的です。施術1回目から改善を実感頂けます。

② くすみ除去
肌表面に付着している汚れを洗浄・除去します。また、ピーリング効果により古い角質が剥がれ、透明感を取り戻すことができます。
※肝斑がある方への施術は行っておりません。

③ キメの乱れを整える
新陳代謝を促すピーリング作用があるため、定期的に施術を受けることでお肌のキメが整います。

④ ニキビの改善
ニキビの原因である毛穴のつまりを解消し、ニキビを改善します。
施術の所要時間は1回約30分とお手軽です。2週間〜1カ月に1回の間隔で続けていくと、お肌を良い状態に保つことが出来るのでおすすめです。

ドラッグストアには「角質ケア」用の化粧品が並んでいますし、ネットでは高額な化粧品も販売されています。でも、「どれがどの程度の効果があるのか」は、使ってみなければわかりませんし、個人によってはアレルギー反応を引き起こしてしまうこともあります。不安感をなくすためにも、専門医としっかり話し合い、施術してもらうことをお勧めします。

この記事の監修

エースクリニック 医師:
浅井裕子 医師

ドクターブログトップへ

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約