- Doctor blog -クールスカルプティングは本当に効くのか?

※このページは2019年9月5日に更新されました。



「楽に痩せたい!」
誰もが思うことですよね。

「楽に痩せる」と言えば、痩身系器械を使った施術が頭に思い浮かぶと思いますが、
「ぶっちゃけ本当に効果あるの?」
と思っている方も多いのではないでしょうか?

実際にこれまでに痩身系器械を使った施術を受けたことがあるけど、その施術は効果イマイチだったなと思っている方もいるでしょう。

器械系の部分痩せ治療 クールスカルプティング

器械系の部分やせ治療と言えば、何といってもクールスカルプティング、通称「クルスカ」です。

日本では唯一、厚生労働省による医療機器販売承認を取得している痩身器械になります。つまり、部分痩せ効果があるということが公的に認められているわけです。

そして、膨大な学術データがバックボーンとして存在しなければ公的な承認は得られませんので、医学的にもその効果は実証されているわけです。
と言っても、「実際に脂肪が減るの?」って疑いますよね?

私自身は、過去に何度かクールスカルプティングを受けているので、その効果について理解しておりますが、今回皆様の理解を深めてもらうため、私の体を使って実験を行いましたので、その結果を報告したいと思います。


クールスカルプティング効果検証

今回LifeViz(ライフビズ)という最先端画像解析装置を使って、脂肪の減少効果を測定してみました!

さっそくビフォーアフターを見てみましょう。
今回はクールスカルプティングの効果を検証するために、左の下腹部に1サイクルだけ行ってみました。

左が施術前、右が施術後2か月後です。
この間、体重変化はありませんでした。

クールスカルプティング 下腹部 1サイクル ビフォーアフター

どうでしょうか?
見た目だけだと、ビミョーな感じかもしれません。
今回はたった1サイクルのみ行ったわけなので、見た目上の変化が少ないのも仕方ありません。

では、腹囲を見てみましょう。

クールスカルプティング施術前後の腹囲

934mm→914mmへとマイナス19mmの変化がありました。でもまあ誤差の範囲と言えば範囲ですね。

ここからがLifeVizの本領発揮です。
この機械は脂肪がどのように減った、あるいは増えたかを可視化することができます。そしてその体積の増減を計量することもできます。

クールスカルプティング施術前後の脂肪量の変化

青線で囲った部分がクールスカルプティングアドバンテージを1サイクル行った部位です。

そしてその部分の脂肪量が74ml減ったことがわかります。今回右側には施術を行っていませんので、右側の変化はほとんどありません。

通常男性の場合、腹部の施術では、10サイクルほど行いますので、もちろん個人差はあるものの、400~600mlの脂肪減少効果が期待できると思います。

また、今回は純粋にクールスカルプティングの効果を見るために、ダイエットは一切行いませんでしたが、本来は併せてダイエットを行った方が良いです。体重を減らすことができれば、当然もっと脂肪は減ります。

クールスカルプティングの施術は、脂肪を冷やしているときはただじっとしているだけ。

脂肪冷却後のマッサージは痛いですが、1サイクルあたり約2分なので少しの時間我慢するだけ。

たったそれだけで、これくらい脂肪が減るのであれば、
なかなか優秀なマシンと言えるのではないでしょうか?

まさに「楽して痩せたい」のならばクールスカルプティングで決まりですね!

クールスカルプティング
Cool Advantage 1サイクル 65,000円(税別)
リスク・副作用
クールスカルプティング: 疼痛、皮下硬結、色素沈着、深部静脈血栓症、脂肪組織炎、凍傷、脂肪組織の肥大 等

この記事の監修

エースクリニック 院長:
竹内孝基 医師

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約