- Doctor blog -脂肪注入に向いている人、向かない人とはどんな人?

※このページは2019年9月17日に更新されました。



脂肪注入ヒアルロン酸注入 など、聞いた事がある方も多いことでしょう。

いずれも、加齢やダイエットによって顔がこけてしまった、シワが目立つようになってしまった方に、注目されている治療法です。

ボリュームが失われてしまった額やコメカミ、頬の復元、ほうれい線やマリオネットラインなどのシワの改善、頬骨部、頬部のリフトアップ、唇のボリュームアップ、手の甲をふっくらとさせるなどが主な治療目的となっています。

一般的には簡便なヒアルロン酸注入を選択される方が多いのですが、定着すれば半永久的な効果を維持できる脂肪注入も根強い人気があります。

今回は脂肪注入の治療が向いている方、向いていない方にはどんな特徴があるのか、について詳しく解説していきます。

そもそも脂肪注入とヒアルロン酸注入の違いは?

photo

大きな違いは、ヒアルロン酸は繰り返し注入し続ける必要があるのに対して、脂肪は定着すると自身の体の一部となって長期にわたり効果を保つ点です。

つまり、脂肪注入の場合は、定着さえすれば長期間その状態を維持できる点がメリットです。

その他、ヒアルロン酸は注入する量によって施術料金が変わる点がデメリットですが、効果が気に入らなければ溶かすこともできるという点はメリットと言えます。

脂肪注入は生着すれば長期にわたり効果を維持できる点が特徴ですが、最終的にどのくらい生着するかが予測がしづらいというデメリットもあります。

顔の脂肪注入はどこに、どんな脂肪を注入するの?



まず、顔の脂肪は顔の筋膜より浅いところにある浅層脂肪と、深いところにある深層脂肪があります。浅層脂肪は表面にハリを与え、深層脂肪は老化に伴う中顔面のたるみを予防する役割があります。

どちらの層がどうなっているのか、個人差が大きいため、個人個人の状態を詳しく診断し、より豊かな表情になるように脂肪層に注入を行います。

当院にいらっしゃる患者様は、特に額、こめかみ、頬などのお顔のこけた部分のボリュームアップや目の下のクマの治療に脂肪注入は根強い需要があります。

当院では コンデンスリッチファット(CRF)※1 もしくはマイクロコンデンスリッチファット(マイクロCRF)※2 を行っています。

※1不純物はもちろん、老化した脂肪細胞をしっかり除去でき、定着に有利な細胞だけが濃縮されています。質の良い脂肪を分離し、他の不要な物質も除去できるため、定着量に優れていることが特徴です。
※2コンデンスリッチファットを、さらに専用装置にかけ、大きな脂肪塊を特殊なカッターでカットし、粒子の非常に細かな脂肪(マイクロファット)としたものです。

脂肪注入は、ヒアルロン酸などの人工フィラーと比べ、非常になじみが良く、一旦定着すれば長期間にわたって効果が維持できるという非常に優れた特徴をもっています。 また、脂肪が分泌する成分の作用により美肌効果も実感される方が多いです。

このようにメリットの多い脂肪注入ですが、誰もが向いているわけではなく、一部向いていない人もいるので注意が必要です。

脂肪注入が向いていない人とは?

①脂肪がついていない人

痩せていて、そもそも脂肪が十分量取れない人は、治療をする事が出来ません。


②男性の中肉中背以下の人

経験的に男性は脂肪の定着が女性より悪い傾向にあります。
脂肪が多少はあるが、たっぷりついているわけではないような中肉中背以下の男性は、脂肪の定着が悪いという結果になりやすく、エースクリニックではあまりおすすめしていません。


③体重の増減の激しい人

注入した脂肪はその部位に元々あった脂肪と同じ振る舞いをするわけではなく、採取してきた部位の性質をそのまま引き継ぎます。
脂肪は体のどこも同じではなく、つきやすい脂肪、つきにくい脂肪があります。通常は、そこまで大きな影響は無いのですが、注入脂肪は元々脂肪のつきやすい部位の脂肪であることが普通なので、太って脂肪が増えると、周囲のお顔の脂肪よりふくらみやすい性質があります。
そのため、体重増減の激しい人は体重変動に合わせてふくらんだりしぼんだりすることがあります。
ただし、これは絶対的なものではなく、そのような人は要注意という点を理解した上で治療を行うべきと、エースクリニックでは考えています

脂肪注入が向いている人とは?

脂肪注入に向いている人は、上記向いていない人とは逆になります。

①脂肪がしっかりとある人

脂肪がしっかりあれば脂肪を採取しやすいですね。

②中年期以降の女性

代謝の高い若年者より、中年期以降の方が脂肪の定着は良いと思います。

脂肪注入に向いている人のイメージとしては中肉中背以上の肉付き良い中年期以降の女性です。女性の場合は中肉中背くらいでも顔面の脂肪の萎縮が目立つ人は多いので、そのような人は脂肪注入の良い適応になります。
一方、男性は中肉中背の人でも、脂肪が採取しにくく、定着もあまり良くないことが多いので、あまり良い適応とは言えません。

まとめ

お顔のボリュームアップには、よく耳にするヒアルロン酸注入だけでなく、脂肪注入もあり、そのどちらにもメリット、デメリットがあります。
どちらが良いかは向き不向きがあるため、今回の記事を参考にご自身はどちらの方法がより合っているのかを判断し、治療方針を決めていく事がとても大切です。

この記事の監修

エースクリニック 院長:
竹内孝基 医師

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約