- Doctor blog -知っておくと安心!医療レーザー脱毛の火傷のリスクとは?

※このページは2016年9月12日に更新されました。

医療レーザー脱毛は高出力の脱毛用レーザーを使用して医療機関で行う方法です。主にエステサロンで行うことができるフラッシュ脱毛(光脱毛)という方法もありますが、医療レーザー脱毛ではフラッシュ脱毛で行うよりもはるかに強力なレーザー出力を使用していきます。

レーザー脱毛のリスクを理解することが大事

エステで行うフラッシュ脱毛よりも高い効果を得ることができるレーザー脱毛ですが、レーザー脱毛には少ないながらもハイパワーがゆえのリスクがあり、専門の知識や技術を持った有資格者が行わなければなりません。
レーザー脱毛では、一度の照射で広範囲の施術が可能ですし、剛毛であっても高い効果を得ることができます。そのため、本格的に脱毛を行いたい人にはおすすめの脱毛方法でしょう。

正しく皮膚の状態、毛質を見極める

医療用脱毛レーザーは、レーザー光を照射することによって毛包を破壊することができます。さらに詳しくいいますと、毛包に含まれるメラニンに反応して熱が発生し、その熱で毛根を破壊をすることができるわけです。高い効果を得ることができる反面、事前に皮膚の状態をきちんと見極め、レーザーの種類や出力を正しく判断する必要があります。
仮に、肌や毛質に適していない出力調整や照射時間で施術を行ってしまうなど一歩判断を間違えると火傷(やけど)を負ってしまう危険があります。

リスクを避けるためにクリニック選びが重要

脱毛用レーザーは、茶褐色の色素であるメラニンに反応するようになっているため、一般的に日焼けをしている人や地黒の人が施術を受けると火傷になりやすいと言えます。また、ホクロやシミ、アザなどにも脱毛用レーザーは反応します。その他にも、肌が弱い人はその分、刺激を受けやすいということもあるでしょう。
レーザー脱毛を行う際には、このようなリスクをできるだけ避けるためにも、施術を受けるクリニック選びが重要になります。医療脱毛に関しての知識や技術が高いことはもちろんのこと、多くの施術実績があることも大事な判断要素です。クリニックによって費用やサービス面が異なるのと同じように、脱毛のクオリティーもマチマチです。
知識や技術が乏しいクリニックで施術を受けると、不必要にリスクを高めてしまいます。

まとめ

実際にはどれだけ知識や技術の高い医療機関で施術を行ったとしても完全にはやけどのリスクをなくすことはできません。
もし絶対にやけどを発生させないようにするには、レーザーの出力を弱めればいいだけのことですが、これではリスクもゼロに近い代わりに効果が著しく落ちてしまいます。実際問題上は万が一やけどが発生したとしても軽度のものであって決して重症にはならないと考えられますが、やけどが生じたときには迅速に対応でき、薬も処方してもらえる医療機関での脱毛がおすすめです。

この記事の監修

エースクリニック 医師:
浅井裕子 医師

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約