- Doctor blog -セルリバイブジータ(下まぶたのクマ)のモニター症例

自分の血小板を用いた治療「セルリバイブジータ」は当院でも大変人気のある治療です。セルリバイブジータは大変応用範囲の広い治療ですが、その中でもクマに対しての治療が一番需要があります。比較的経度のくぼみによるクマはこの治療のみでかなり改善します。かなりクマがきつい方でも、この治療をすることで切らずにそれなりに改善が望めるため、切りたくない方にも大変お勧めできる治療です。
当院ではくぼみによるクマ治療をされる方の半数はこのセルリバイブジータで、半数は(切る)手術で治療を行っております。おそらくクマ治療においては愛知県下では当院が最も症例数が多いと思います。
この方の場合、クマの成因はくぼみの他に色素沈着(メラニン)もありますので、その治療も現在行っております。その治療が終わるとさらに良くなると思いますが、くぼみを治療するだけでもかなり改善しました。
エースクリニックのブログ
施術前
エースクリニックのブログ
施術後1ヶ月

この記事の監修

エースクリニック 院長:
竹内孝基 医師

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約