- Doctor blog -スッキリとした小顔女子におススメな アゴのボトックス注射について解説

※このページは2021年2月24日に更新されました。

女優さんやモデルさんのスッキリとした小顔にあこがれませんか?

小顔の人は、目元などの顔のパーツが大きく見えるだけでなく、スタイル自体もよくみられるので、小顔なだけで初印象がよくなるといわれています。

数多くの美顔器やむくみをとるためのエステ、表情筋のエクササイズなど、小顔になるためのグッズやサービスを体験した方も多いでしょう。

しかし、顔のむくみをとるだけで小顔になるのには限界があります。かといって、美容整形して骨を削ったり、糸を入れてリフトアップしたりするのも勇気がいりますよね。

そんな小顔にあこがれる女子に注目していただきたいパーツが、「アゴ」です。

小顔女子になるためにアゴが重要な理由

 

なぜ小顔になるために、数あるパーツの中でも「アゴ」が重要なのでしょうか。

「小顔」の印象を決める一番のパーツは顔の輪郭です。そして、顔の輪郭を決める最も大きいパーツは、髪ではなかなか隠すことのできない「アゴ」だからです。

特にアゴにできるシワは、横や縦にシワが一本入るだけでなく、複数のシワが集まってできます。よく梅干しのように見えることから「梅干しジワ」と呼ばれることもあります。

原因はアゴ先の表情筋であるオトガイ筋が余分に緊張してしまうため。
アゴを手で触ると、すぐ下に骨があるのがわかりますよね。
アゴの皮膚は薄いので、筋肉の動きが皮膚表面に伝わりやすく、シワが残りやすい部位の一つです。

そのため、歯のかみ合わせが悪い方・もともとアゴが小さい方が、食べる時に口を閉じることが難しく、下アゴをしっかり上に持ち上げるため、アゴの筋肉を余分に使います。それを繰り返した結果、筋肉が過度に緊張した状態が続いてしまい、シワとなって残ってしまうのです。

さらに年を重ねると肌の張りに元であるコラーゲンやエラスチンが減少していき、表情を変えた時のシワが戻りません。

こうしてアゴが固まった状態になってしまうと、アゴ周りのシワと張ったエラが顔全体の印象を決めてしまい、なかなか「小顔」には見えなくなってしまうのです。

では、アゴの過度な緊張をとるにはどうすればよいのでしょうか。 数ある医学的な方法の中で、最も効果的と言われるのが「ボトックス注射」になります。

「アゴのボトックス注射」とは

小顔を目指す女子なら一度は聞いたことがあるかもしれません。

ボトックスとはボツリヌス菌の作り出すA型ボツリヌス毒素(天然のタンパク質)のことです。ボトックスは、脳が筋肉を動かせと指令を出すと分泌される神経伝達物質、アセチルコリンの放出を食い止める作用があります。

アセチルコリンの放出された筋肉は、過度に動かすことができません。こうしてボトックス過度に緊張している筋肉に注入することで、筋肉をリラックスさせ、シワを取り除きます。

「毒素」と聞くと、なんとなく怖いイメージがありますよね。
しかしご安心ください。
毒素といっても、天然のタンパク質から菌体や有害な成分を取り除き、筋肉の緊張を取り除く成分だけを抽出・精製しています。筋肉の緊張をとる以外の培養液やボツリヌス菌は入っていません。

さらに過度に緊張している筋肉を緩めてあげることで、徐々に筋肉のボリュームを落としてくれます。そのため、効果は注入後2日から1週間ほどで表れ、4~6カ月ほど継続します。

【ボトックス注射によるアゴの症例1】


注射は細い針で表皮の上から行うため、メスを使わないのも特徴のひとつ。
切らずに済むだけでなく、刺し傷が残る心配もありません。
深さも5mmから6mmと深くありません。
細い針なので、痛みは強く出ない方がほとんどですが、痛みに弱い方は事前に麻酔クリームを塗ることでほとんど痛みなく施術を受けることもできます。

注入にかかる時間は5分程度なので、とても気軽に受けられます。

マッサージを違って、筋肉の緊張を和らげる成分を直接注入するわけですから、アゴ周りをすっきりさせ、小顔に見せるために、もっとも確実な方法といえるでしょう。

【ボトックス注射によるアゴの症例2】

ヒアルロン酸との併用でさらに相乗効果も期待

さらに、アゴ周りの輪郭やシワを整えたい方におススメなのが、ヒアルロン酸と併用することです。
ヒアルロン酸は肌の弾力を作る天然の成分です。ゆっくり吸収され、自分の組織に置き換わる効果があります。

ボトックス注射をした後に、ヒアルロン酸を注入してあげると、アゴの筋肉が過度に緊張していない分、ヒアルロン酸が安定して自分の組織になじんでくれます。

さらに、ヒアルロン酸は下から皮膚を持ち上げてアゴに張りを出すので、シャープな印象のアゴになります。

【ボトックス注射・ヒアルロン酸注入によるアゴの症例】

ボトックスの副作用と注意点

ボトックス注射は、アゴ周りから小顔の印象を決めるのに、手軽なのに効果が高い画期的な治療方法です。しかし、施術にあたっていくつか注意点があります。

① 注射をする時に痛みがある

細い注射針とはいえ針を使うため、ボトックスを入れる時に痛みを多少感じます。痛みに非常に弱い方は事前に麻酔クリームを使うことで、ほとんど痛みを感じにくくすることができます。
ご希望の方は、担当医師やスタッフに相談するとよいでしょう。

③ まれに一時的に表情がこわばることがある

ボトックスは、過度な筋肉の緊張を和らげますが、注射によりどれくらい筋肉の緊張を和らげるかは、個人差がでてきます。
人によっては筋肉が緩みすぎてしまい、表情筋がうまく動かせなくなる場合があります。一時的な症状であり、1週間から1か月にかけて徐々に緩和されていきますので、ご安心ください。

④ 頭痛が起きることがある

表情筋の緊張をとるボトックス注射により、「小顔」になるため、それまでと顔のバランスが変わります。
すると、バランスを整えるために、表情筋の他の筋肉が疲労して頭痛につながることがあります。普段頭痛がない人に現れやすいといわれています。
表情筋が新しい顔の形に慣れてきたら、徐々に自然におさまっていきます。

⑤ ボトックス注射を受けられない方がいる

妊娠中や授乳中の方は施術を受けることができません。
また注射に対してアレルギー反応が強く出る場合も受けることができません。
ボトックス注射を受けられる前にカウンセリングいたしますので、担当医師・スタッフに一度ご相談ください。

まとめ


顔の印象を決めるのに重要なパーツであるアゴ。
特に、アゴ周りを整えてあげることで、小顔になりやすく、顔の輪郭をスッキリとした印象に見せることができます。

アゴ周りの美容医療としておすすめなのが、過度な筋肉の緊張を取り除くことのできるボトックス注射です。

施術時間も5分と短く、効果も6か月ほど続きます。さらにヒアルロン酸と組み合わせると、肌に張りもでて、相乗効果が期待できます。

「小顔女子にあこがれるけど、何からしたらいいかわからない」
「今まで色々試したけど、理想の顔の輪郭になれない」
「なるべく手軽に小顔になりたい」

このような方は一度、ボトックス注射についてクリニックに相談してみるとよいでしょう。
施術
ヒアルロン酸・ボトックス注入
治療のリスク・副作用
皮下出血、感染、アレルギー、塞栓症、仕上がりの左右差等。
施術費用
88,000円/ヒアルロン酸1本(税込)
27,500円/ボトックスリフト顔全体(税込)

この記事の監修

エースクリニック 医師:
谷聡柄 医師

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約