- Doctor blog -蒙古襞(もうこひだ)の方にオススメな目頭切開術

※このページは2021年3月26日に更新されました。 810×350_目頭切開
みなさん、突然ですが「蒙古襞(もうこひだ)」について、ご存知でしょうか。
なかなか聞きなれない単語ですよね。
実は、美容界では有名な、目元の印象を決めるキーワードの1つです。

蒙古襞とは、白目の内側の端にある、「しわ」のような部分です。
正式名称は「内眼角贅皮」といいます。
東洋人に特徴的な目頭の形で、日本人の70%にあるといわれています。

実は、この蒙古襞。何が問題かというと、蒙古襞が目頭にあるとないとでは目元の印象がまったく違うのです。

白目の内側や涙丘(目頭のピンク色の部分)を露出していると、目元がはっきりしパッチリ大きい瞳に見られやすいのですが、蒙古襞があると、この重要な部分がすべて覆いかぶさってしまいます。そのため、内側の白目がほとんど見えなくなり、目自体が小さく見えるだけでなく、黒目の位置とのバランスも悪くなります。

他にも、蒙古襞があると、
  • ・ややつり目がちとなる
  • ・冷たい印象に見えやすくなる
  • ・冷たい印象に見えやすくなる
  • ・目と目が離れて見える
など、目元の印象に悪影響を与えるといわれています。

蒙古襞 例えば目元が印象的な女優さんやモデルさんを試しに見てください。
ほとんどの方に蒙古襞がないことに気づくでしょう。
日本人の70%もあるのに、ほとんどの方に蒙古襞がないということは、蒙古襞の有無で選別されているとも言えます。

それくらい蒙古襞は目元の印象を決めるのに重要なパーツ」なのです。

こういった蒙古襞のために起こる目元の悪い印象を劇的に変え、目の横幅を拡大する手術が「目頭切開」になります。

この記事では、

・目頭切開が特にどんな方にオススメか
・目頭切開の具体的な方法は何か

を中心にお話していきます。

目頭切開が特にオススメな方

500×300_目頭

次のような方は「目頭切開」が特に効果的で、より大きくはっきりした目元が期待できるでしょう。

①目が離れている方

一般的に日本人の場合、理想的な目と目の距離は33~34mmです。
逆に、目と目の距離が30mm以下になると「寄り目」、35mm以上だと「離れ目」の印象を受けるといわれています。
ですので、目頭切開は目元が35mm以上の方に特に効果的です。

また、美しいと言われている目の比率は「目の横幅:目と目の間=1:1」ともいわれています。そのため、実際にはこういった数値はあくまで目安として、お顔のトータルバランスを考えながら理想的な目元を作っていきます。

②内側の白目の露出が外側より小さい方

蒙古襞の張り出しが強い方は、蒙古襞で内側の白目が被さるため、つり目がちに見えやすくなります。
目頭切開では蒙古襞による白目を覆う部分がなくなるので、その分白目が内側に広くなります。

もともと外側よりも内側の方が白目が少ない場合、黒目がちょうど真ん中のよいバランスになるため、見た目の印象も整った、より美しい印象を与えるでしょう。

③目頭の下方向への切れ込みが強い方

蒙古襞は、張りだしが強いほど内側に縦のラインが強く入るようになります。
すると縦のラインが強調され、つり目が強くなり、冷たい印象を与えることになるのです。

目頭切開では、内側の縦のラインが自然な形でなくなるので、内側の切れ込みが強い方ほど効果的といえます。

③平行型の二重(ふたえ)を希望されている方

蒙古襞での縦のラインがあると、どうしても二重も平行型になりにくくなります。
目頭切開では、こうした縦のラインを横のラインに変えて、平行型の二重に施術していきます。ただし、二重幅の狭い方は平行型にならない場合もありますので、どんな二重を希望されるかを前もって担当スタッフにお伝えするとよいでしょう。

一言で「目頭切開」といっても、目元の印象を変えるために様々な術式が考案されてきました。当クリニックでは、その中でも目頭切開で傷跡も少なく目元の印象を変える「Z形成術」もしくは「リドレープ法」を行っております。

次にそれぞれの施術方法や施術に適した方について解説します。

「目頭切開」に特に効果的な「Z形成術」と「リドレープ法」

①Z形成術

目頭の蒙古襞を、文字通りZ型に切開する手法です。

あえて縦方向にZ字(実際には「N」のような形)に切って、切開した部分の皮膚を入れ替えることで、蒙古襞が持ち上がり、目頭が露出されるようになります。

シンプルな切開デザインな分、腫れが引くまでの期間(ダウンタイム)も短いというメリットもあります。

キズ跡は正面から見える位置にできますが、最終的には目立ちにくくなります。

②リドレープ法

蒙古襞の周りの余分な皮膚を目の下のラインに沿って切開し、止血して縫合する方法です。美容に力を入れている韓国で主流な方法のため、「韓国流目頭切開」といわれることもあります。

内側の目元のラインに沿って切開するので、Z法に比べてキズ跡が目立たないのが特徴です。

内側の繊細な部分で切開するため、キズ跡は赤く腫れている期間(ダウンタイム)は1か月程度になることもありますが、最終的なキズ跡はほとんどわからなくなります。

実際には、他にも二重まぶたの形成術を組み合わせて、理想的な目元の仕上がりを追求していきます。

リドレープ法
目頭切開:220,000円(税込) リスク・副作用:皮下出血、感染、しこり形成等

まとめ

今回、蒙古襞の方に特にオススメな「目頭切開」についてご紹介していきました。実際には、患者さんのお顔のトータルバランスと目元の印象を事前にシミュレーションし、理想的な目元ラインを一緒に追求していきます。

  • ✓自分の目元が離れていて気になる方
  • ✓普段から冷たい印象を見られやすい方
  • ✓目が小さくて悩んでいる方

は、鏡で一度蒙古襞があるか確認してみて、「目頭切開」について相談するとよいでしょう。

この記事の監修

エースクリニック 医師:
谷聡柄 医師

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約