- Doctor blog -上まぶたのたるみ取り!眉毛下切開法!実は男性にもおすすめの施術です

※このページは2021年7月22日に更新されました。

眉毛下切開法男性【エースクリニック】名古屋・大阪梅田

皆様こんにちは。
目元の老化現象にお悩みの方はとても多いですよね。
今回は上まぶたのたるみ治療の手術である”眉毛下切開法”について、傷跡にクローズアップしてご紹介させていただきます。

この手術の適応の患者様は、上まぶたの余分な皮膚が睫毛の生え際に乗っかってしまってまぶたが重たくなってしまっている方です。45歳以上の方は適応になることが多いです。

眉毛下切開法とは?

眉毛下切開とは 【エースクリニック】名古屋・大阪梅田
眉毛下切開法はその名の通り、眉毛の下で余分な皮膚を切除してしまう手術です。
これを聞くと、「眉毛の下!?そんなところの皮膚を切ったり縫ったりして傷は目立たないの!?」と思われるのではないでしょうか。
そう思われるのは当然だと思います、僕も初めてこの手術方法を聞いたときはそう思いました。
しかし実際はどうかというと、眉毛の下縁に傷がくるようにデザインして手術を行うので、時間がたてば傷は眉毛になじんであまり目立たない方が多いです。
特に、眉毛の量が多い方は、術後早期から傷がほとんどわからない状態になることが多いです。男性は眉毛がフサフサしている方、ゲジゲジ眉の方も多いので、このような方はそれほど傷のことは気にしなくても良いでしょう。

では実際にモニター様の写真 とともにご説明します。

施術前

眉毛下切開_傷跡【エースクリニック】名古屋・大阪梅田

施術前

この方は上まぶたの皮膚のたるみが強く、たるみを引き伸ばすために一生懸命眉毛を上にあげて目を開けている状態です。上まぶたの皮膚のたるみのせいで目を開けるのが大変になっています。

施術後(直後・1週間後)

眉毛下切開_傷跡【エースクリニック】名古屋・大阪梅田

施術直後

眉毛下切開_傷跡【エースクリニック】名古屋・大阪梅田

1週間後(抜糸前)

次に術直後と術後1週間(抜糸前)の様子です。術後から目の開きが良くなったことが分かります。
また、眉毛を一生懸命あげなくてよくなったおかげで、眉毛が下がり、目と眉毛が近づいて若々しい印象になっていますね。
まだ抜糸する前なので切って縫ったところははっきりと分かります。 さて、抜糸後はどうなるのでしょうか。

抜糸後

眉毛下切開_傷跡【エースクリニック】名古屋・大阪梅田

1か月後

これが抜糸後の術後1か月の様子です。
いかがでしょうか?眉毛に隠れて傷が全然わかりませんよね。このように眉毛が濃い方は傷跡がほとんどわからなくなることが多いです。
ただ、眉毛が薄い女性でもお化粧で眉毛をかけば隠せるので、術後の傷は気にならないとおっしゃる方が多いです。

以上、眉毛下切開法のご紹介でした。
男性女性問わず、上まぶたの皮膚のたるみで目が重く感じる方は是非ご相談くださいませ。

この記事の監修

エースクリニック 医師:
芹澤快 医師

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約