- Doctor blog -ボツリヌストキシン注射 (表情じわの治療)

ボツリヌストキシンは
ボツリヌス菌が産生する神経毒で
一時的な筋肉の麻痺を引き起こします。

毒というと怖い感じがしますが、
相当に薄めているので全身的な作用が起こることはありません。

これを例えば額に適量注射すると額の筋肉(前頭筋)が動きにくくなり、
その結果額にしわが寄りにくくなるわけです。

筋肉が動きにくくなるわけですから、
当然表情は治療前に比べれば乏しくなるといえばなります。

ただ全く表情が全くなくなってしまうわけではありませんので、
治療前に比べればやや乏しくなるという程度です。
また、一昔前のように強力に効かせるということもしませんので、
表情を和らげるといった表現の方が正しいと思います。

何といってもボツリヌストキシン注射の効果は絶大ですので、
この治療を受けた方の多くの方はこの治療の虜になるという、
中毒性の高い治療です。

ボツリヌストキシン注射の効果は
4~6か月程度なので、
だいたいの方は年に2~3回行っています。

他の美容治療は
そのときどきで違うものをされる方が多いですが、
ボツリヌストキシン注射は
浮気せずに定期的にされる方が多いです。

施術費用も手ごろなので、
まだ未体験の方で
表情じわの気になる方はぜひ考えてみてください。

表情じわの治療「ボツリヌストキシン注射」について

この記事の監修

エースクリニック 院長:
竹内孝基 医師

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約