- Doctor blog -肝斑の治療

※このページは2020年05月09日に更新されました。

最近は肝斑についての認知度も高くなってきていて、「肝斑を治療したい」というようにご自身である程度診断して治療にいらっしゃるケースもよくあります。(診断が正しいかどうかは置いておきますが)
エースクリニックでもシミ治療にお越しにいらっしゃる約半数の方に肝斑があり、今記事で肝斑についての理解を深めていただきたく思います。

肝斑とは?

肝斑のイメージ
肝斑は中年期以降の女性、特に30代~50代の女性に好発するシミで、頬骨や額に両側対称性にすりガラス状に広がるのが特徴です。
多くは頬骨の出っ張った部分を中心に出現しますが、眉毛の上あたりや鼻の付け根、鼻の下などにできているのも比較的良く見かけます。
肝斑の成因については諸説ありますが、皮膚の慢性炎症がベースにあり、それが原因で皮膚のメラニンが増加するといわれています。慢性炎症を引き起こす原因は女性ホルモン、紫外線、化粧による物理的刺激などと言われています。
特に化粧による摩擦刺激が原因であろうと推測される方は多く、本人も知らず知らずのうちに肌を痛めつけるような化粧方法をされている方は結構いらっしゃいます。


肝斑の治療方法

肝斑は他の種類のシミと違って、強い刺激が加わるとより濃くなる性質があります。そのため、レーザーに限らず強い刺激となり得る治療は厳禁です。低刺激の治療を粘り強く続けることが肝斑改善の大切なポイントです。一朝一夕には肝斑は改善しませんので、治療を開始するにあたり、その点をしっかりと認識することが重要です。
肝斑の治療にはいくつかの方法がありますが、その主体となるものは低刺激のレーザー療法あるいは内服・外用療法です。

状況 治療方法
ダウンタイムなく治療したい場合 ピコレーザートーニング
レーザートーニング
皮膚の落屑症状が受け入れられる場合 トレチノイン
(ゼオスキンヘルス)

ピコレーザートーニング

ピコレーザー

レーザートーニングとは、弱パワーでたくさんのレーザーを照射する施術(低出力高頻度照射)です。エースクリニックでは最新のレーザーであるピコウェイを使用してピコレーザートーニングを行っています。
レーザートーニングの登場以前の治療ではレーザーは強く照射するのが常識でしたが、肝斑を刺激しないよう弱パワーで照射する代わりに非常にたくさん当てます。エースクリニックの場合、約8分間の施術中に顔全体で約2,400ショットのレーザーを照射します。弱く当てているので痛みはわずかです。これを2~4週間に1回のペースで10回を目安に続けます。ダウンタイムもありません。エースクリニックはレーザートーニングの黎明期よりこの施術を行ってきました。現在でも名古屋で最も多くのレーザートーニングを行っている施設の一つですので、ピコレーザートーニングの高いノウハウを持っています。

ピコレーザートーニングについて 詳しくはこちら


トレチノイン外用

トレチノイン

トレチノインは、肌のターンオーバーを促進し、メラニン排泄を促進させる作用があり、肝斑にも有効です。肝斑以外にも老人性色素斑や炎症後色素沈着の治療にも使用できますので、肝斑以外のシミも目立つような肌コンディションの悪いケースなどでは活躍する治療法です。

トレチノインについて 詳しくはこちら


経皮導入(イオン導入・エレクトロポレーション)

メラニンの産生を抑える成分のトラネキサム酸やビタミンCなどの美白作用のある薬剤を微弱な電流で皮膚の内部に浸透させる方法です。単純に皮膚の表面から電気を流すイオン導入法や特殊な電気パルスを使用するエレクトロポレーション法があります。経皮導入単体で治療を行うこともありますが、レーザートーニング後などに肌の鎮静を兼ねて行うことが多い方法です。

イオン導入について 詳しくはこちら

エレクトロポレーションについて 詳しくはこちら


ハイドロキノン外用

ハイドロキノン

ハイドロキノンにはメラニンの合成を抑制する作用があります。これ単体で早期に肝斑を改善させるのは難しいので、レーザートーニングやトレチノインを組み合わせると良いでしょう。

ハイドロキノンについて 詳しくはこちら


 
 

トラネキサム酸内服

トラネキサム酸内服薬

メラニン産生を抑制する働きを持つトラネキサム酸を中心とした内服薬を服用することで肝斑を改善させることができます。当院ではトラネキサム酸に加えてビタミンC・Eを合わせて処方しています。内服薬自体にはメラニンを積極的に除去する作用はありません。あくまでメラニンの産生を抑制する作用のみです。そのため、内服薬のみで短期間のうちに肝斑を改善させることは難しいですが、メラニン除去作用のあるレーザートーニングや外用療法を組み合わせることで相乗効果が期待できます。

トラネキサム酸内服 詳しくはこちら
 
 

当院では、一般的に肝斑治療を希望される方のうち、肝斑の程度が軽度~中程度の方にはレーザートーニングを、ダウンタイムが許容できる方や重症の肝斑、肌のコンディションの悪い方にはトレチノイン・ハイドロキノン療法をおすすめしています。レーザートーニングを選択される場合はレーザー単体よりも経皮導入(イオン導入やエレクトロポレーション)を組み合わせた方がより早く改善できます。また、内服療法はレーザートーニング、トレチノイン・ハイドロキノン療法いずれにおいても組み合わせることで治療効果が高まります。

シミ内服薬について 詳しくはこちら


ドクターメッセージ

肝斑の治療をしていて思うのは、肝斑のある人の肌というのは、そもそもかなり状態が悪い方が多いということです。肝斑の治療にいらっしゃる方で肝斑のみが存在するという方はむしろ稀で、他のシミも混在しているケースが非常に多いです。肝斑が濃い人に至っては、まさにお顔がシミだらけで、シミのオンパレードになっている方が多いです。このような人はこれまで肌を無防備にしすぎたものと反省しましょう。
肝斑の治療に先立ち、紫外線、良くない化粧方法・洗顔方法、こういったものをまず改善させる必要があります。シミの治療というのはレーザーを照射するだけで簡単に終わるものもありますが、特に肝斑のようなシミを治療しようと思った場合、年単位の地道な努力が必要になります。その点は心得て欲しいと思います。

この記事の監修

エースクリニック 院長:
竹内孝基 医師

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約