ボトックス注射によるワキ汗治療について

MENU

多汗症(ボツリヌストキシン注射)

多汗症・ボツリヌストキシン注射

注射のみの画期的な多汗症治療

多汗症ボツリヌストキシン注射

ボトックス(ボツリヌストキシン)は美容外科では非常に使用頻度の高い薬剤で、筋肉の力を弱める作用があります。主に表情筋に注射して、顔のシワの治療に用いられます。

ボトックスは、神経終末から神経伝達物質(アセチルコリン)が放出されるのをブロックします。 つまり、「筋肉を動かす」、あるいは「汗を出す」といった中枢からの指令がブロックされて末端に届かなくなります。 このメカニズムにより多汗症の治療が可能となります。

多汗症ボツリヌストキシン注射の効果は大きく、薬が効いている間はかなり発汗が抑えられるのが特徴です。

効果は永久的なものではありませんが、約5分間の注射のみの治療で約半年の間、汗の量を抑えることができますので、非常にメリットの大きな方法です。

施術の流れ

STEP1 診察・カウンセリング

医師による施術の説明を行います。不安な点や疑問点がありましたら遠慮なくご質問ください。また、多汗症ボツリヌストキシン注射は定期的にされる方が多い施術ですので、2回目以降の方でなるべく早く施術を済ませたい方は診察を省略させていただいております。

STEP2 麻酔

弊院では薬剤を注射する前に、極細のニードルで局所麻酔薬の注射を行います。これによりボツリヌストキシン注射時の痛みはほとんどありません。痛みに対して特に不安のある方は塗るタイプの麻酔薬を使用することもできます(別料金)。

STEP3 ボツリヌストキシン注射

脇の下の汗腺が集中している有毛部に希釈したボトックスをごく細い針で注射していきます。 麻酔が効いているので痛みはほぼありません。治療時間は約5分の簡単な治療です。 弊院では極力効きむらがでにくいように、細かくワキ全体に注射していく方法で注射しています。また、ボトックスの単位で両ワキ100単位を全例に注射しております。

STEP4 アフターケア

注射後はすぐにお帰りいただけます。特に日常生活において注意することもありません。その日から入浴も可能です。効果は注射してから2日後くらいから徐々に現れ、1~2週間で安定します。
ボツリヌストキシン注射の効果は約4~6ヶ月ですので、そのくらいの間隔で繰り返し治療を受けるとより効果的です。また、定期的に注射することでより汗の出にくい体質になっていくことが期待されます

※避妊について
妊娠する可能性のある女性の場合、ボツリヌストキシン注射後2回の月経を経るまでは必ず避妊をしてください。 (妊娠中の投与に関する安全性が確立していないため) また、男性の場合、注射後少なくとも3ヶ月は避妊をしてください。

副作用について

ボツリヌストキシンに対するアレルギーは極めて稀と考えられますが、完全に否定はできません。 また、繰り返し注射することでごく一部の方に耐性が生じると言われています。なるべくそのようなことを避けるため、次回の注射は3ヶ月程度あけてください。

施術を受けられない方

  • 重症筋無力症などの神経・筋疾患をお持ちの方
  • 筋弛緩作用のある薬を服用されている方
  • 過去にボツリヌストキシンの注射でアレルギーの出た方
  • 妊娠中の方、妊娠の可能性のある方、近々妊娠の予定のある方、授乳中の方

PAGETOP

料金表

※料金は全て税込表示です。

治療方法 通常料金

脇汗ボツリヌストキシン注射

リジェノックス100単位

49,800円

ボトックスビスタ100単位

86,400円

頭皮ボツリヌストキシン注射
(額・前頭部・頭頂部・側頭部・後頭部
より2部位)

リジェノックス200単位

99,600円

ボトックスビスタ200単位

172,800円

顔面ボツリヌストキシン注射

リジェノックス50~100単位

99,600円

ボトックスビスタ50~100単位

172,800円

手のひら・足の裏
ボツリヌストキシン注射

リジェノックス200単位

99,600円

ボトックスビスタ200単位

172,800円
無針浸透注入療法

上記料金に加えて

+86,400円

PAGETOP

診療内容

エースクリニックの専門サイト

エースクリニックの特集メニュー

当院へのご意見・ご感想はこちら
サービス品質向上の為、ご意見・ご感想をお送りください。