- Doctor blog -くぼみ目の治療

※このページは2021年1月7日に更新されました。

810×350_くぼみ目FV

こんにちは、今日は年齢とともに目立ってくる上まぶたのくぼみの治療について解説をしていきたいと思います。

年齢とともに上まぶたの皮膚が眼窩の奥に引き込まれたようにくぼんでくる方は多くいらっしゃいます。
やはり疲れたように見られたり、年齢が上に見られたりするようになるので気になっていらっしゃる方は意外と多く、エースクリニックにご相談に来られる方も結構いらっしゃいます。
くぼみ目の治療もいくつかパターンがあります。
① 単純にくぼみだけある場合、くぼんでいるまぶたの奥にヒアルロン酸などを注入してくぼみを緩和します。
この場合、ヒアルロン酸を入れる層や入れ方によっては凸凹して見えてしまいます。まぶたの浅い層(ROOF等)に入ると多くの方が目を伏せた際などに凸凹して見えることが多いので、眼窩隔膜内の眼窩脂肪のあたりに入るように工夫をして注入をしています。
ヒアルロン酸の注入部位

ヒアルbefore
モニター様ヒアルロン酸注入前
ヒアルafter
モニター様ヒアルロン酸注入2週間後
② 眼瞼下垂に伴ってくぼみがひどくでているパターンもあります。
眼瞼下垂の方は腱膜が瞼板から外れて眼瞼挙筋ごと眼球の奥の方に移動して引っ込んでしまっています。この時、腱膜の前面には眼窩脂肪がくっついているので、この眼窩脂肪も一緒に奥の方に移動してしまって、まぶたがくぼんでくるという仕組みです。
眼瞼下垂を伴う
この場合、ヒアルロン酸などで改善させることもできるのですが、量によっては余計にまぶたが重たくなって感じてしまうので、たくさん入れてしっかり改善させることはなかなか難しいです。
ダウンタイムはありますが、眼瞼下垂の手術(眼瞼挙筋前転法)をしていただき、奥に引っ込んだ組織を前に戻してきてあげるのが一番の解決策かと思います。
眼瞼下垂before
モニター様眼瞼下垂手術(眼瞼挙筋前転法)術前
眼瞼下垂after
モニター様眼瞼下垂手術(眼瞼挙筋前転法)術後1ヶ月
③ まぶたの皮膚のたるみが多い場合は、眉下皮膚切開もしくは重瞼ライン皮膚切除も選択肢に入ってきます。余分な皮膚を除去することにより、まぶたの皮膚が張るのでくぼみがある程度良くなるのと、もちろんたるみが改善されるので、若返りの効果としては総合的に高いものになります。
皮膚切開before
モニター様眉下皮膚切開術前
皮膚切開after
モニター様眉下皮膚切開3ヶ月後

手術に伴うダウンタイムが取れるか取れないか、にもよって選択する方法は変わってきますがその方に一番適した方法をお顔を拝見させていただいて提案したいと思います。

この記事の監修

エースクリニック 医師:
浅井裕子 医師

ドクターブログ一覧

ドクターブログ一覧へ

  • ブランドストーリー
  • 美容外科として
  • カウンセリング予約